和旬 撫子@東心斎橋

東心斎橋にある和風創作料理のお店。というより毎日放送の情報番組「ちちんぷいぷい」のお料理コーナー「キッチンぷいぷい」に定期的に女将の卜部吉恵さんが出ておられるので有名なお店。エレベータを2階へ上がるともう店の玄関で,靴を脱いで上がる。それほど広くはないが明るい内装で清潔そうな店内。カウンターもテーブル席も「堀り」で足を寛げる。女将とお手伝いの女性ばかり3人のスタッフ。
メニューを拝見すると,一品料理はなくコースとドリンクのみ。

 撫子おすすめ懐石
   花   3,800円
   月   5,800円
   雪   7,800円
   撫子 10,500円

とシンプルだ。値段の違いは品数の多寡だそうで,小食の2人なので,「花 3,800円」を2人前いただくことに。私は生ビール(スーパードライ),ツレは果実酒をストレートでチェイサーを付けて。お酒は各種揃えておられる様で,黒板メニューの地酒も種類が多い。私は後で司牡丹の「船中八策」をいただいた。

前菜4品@撫子

で,まずは前菜4品から。料理が供される毎にスタッフが解説して下さる。上の写真は,マカロニと枝豆は覚えているが後2品はなんだったか。

牛蒡の冷製スープ@撫子

次に「牛蒡の冷製スープ」。牛蒡の風味が深い。からりと揚げられた牛蒡のスティックがなかなかにいい食感。

山芋とトウモロコシの真薯@撫子

上の写真は「山芋とトウモロコシの真薯(しんじょ)」。熱々をいただく。トウモロコシの食感が面白い。

お造り各種@撫子

お造り各種。鱧(はも),鰹(かつお),イカなどなど。醤油とポン酢でいただく。

穴子と鶏の春巻@撫子

「穴子と鶏の春巻」。これも面白い趣向。総じて手馴れた味付けだなぁ。

夏野菜のカレー@撫子

〆のご飯物は「夏野菜のカレー」。さすがは「和風創作料理」。出汁の効いたカレーがこの料理の組み立てによく合っている。

デザート@撫子

デザートは,かぼちゃアイス,胡麻団子など。たっぷりと甘い。女性向けだなぁ。
と,品数の一番少ないコースをいただいたはずだが,十二分に満腹して,勘定は2人で10,700円。

和風創作料理 和旬 撫子(わしゅん なでしこ)
アクセス: 心斎橋筋商店街より周防町通を東へ3ブロック。近鉄タクシーのある角を北(左)へ玉屋町筋に入ってすぐ道の東側の雑居ビルの2階。堺筋からだと西に2筋目。
住所: 大阪市中央区東心斎橋1-6-19 YAMATOビル2F
電話: 06-6281-8411
営業時間: 昼 11:30~14:00(予約のみ)/夜 17:00~22:00(L.O. 21:00)
定休日: 日曜・祝祭日
喫煙: 可(だが,あまりスパスパ吸う雰囲気のお店ではない)
リンク: ホームページ 地図 
関連記事

 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋] [長堀橋]

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。
日々の食べ歩きは Instagram https://www.instagram.com/jackkageyama/ でほぼ毎日呟いています。9割以上の画像が料理・お酒など飲食関係ですので覗いてみてください。
Twitter https://twitter.com/JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[心斎橋] [難波] [地下鉄我孫子] [長堀橋] [梅田] [日本橋] [四ツ橋] [南船場] [堺市] [天王寺・アベノ] [堀江] [南森町] [天満橋] [鶴橋] [西天満] [淀屋橋] [十三] [阪和線] [天六] [北新地] [ドーム前] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR