台湾まぜそば 麺屋つばき@東心斎橋周防町

台湾まぜそば@麺屋つばき

「台湾まぜそば」\850(税込)(写真はクリックで別タブで拡大します)。見掛けは標準的な「台湾まぜそば」。中央の卵黄と台湾ミンチの周りにネギ・ニラ・刻み海苔の具。
ここは名古屋ラーメン「台湾ラーメン」の変種「台湾まぜそば」を創作し流行らせた名古屋の「麺屋はなび」の「直系店」だそうだ(本家の「麺屋はなび」の公式ブログにも,この心斎橋店のオープンお知らせの記事が乗っている)。ま,一般論として広まった料理というのは,それぞれのお店が工夫するだろうから,「元祖」が一番美味しいとも限らないが,新メニューが客の評判を呼び,他店が真似をするというのはやはり凄いことだよな。
で,周防町のお店に入ってみる。間口は狭いが,奥にずっと深い。手前に背中合わせにカウンター席。左右に壁に向かって7席ずつ計14席。奥はトイレと厨房。2階に上る階段の灯りが消えていたのだが,テーブル席がある模様。

券売機@麺屋つばき

入口脇は,右が3席の中待ち席,左が券売機(上の写真もクリックで拡大)。定番の左上の一押しはもちろん「台湾まぜそば」だが,他にも結構メニューがある。アルコール類と水餃子などのアテになる一品も並んでいる。下の方にリーズナブルな「おつまみセット」も見える。
この日のスタッフは,奥の厨房に日本人らしき人影が2・3人。夜早く空いていたのでフロアは中国人らしきバイトくん1人。日本語は通じるんだが微妙な表現は難しいみたい。
ところで,1階のカウンター席は禁煙なのだが,中待ち席では頼めば灰皿を出してくれるとバイトくんの弁。でも仕切りも何もない店内なので、そこでの喫煙はさすがにアカンやろう。(なお2階席は確認しなかったので,喫煙・禁煙は不明。)

台湾まぜそばの食べ方@麺屋つばき

で,まぜそば・油そばの類いはたいてい太麺なので茹で上がりに時間がかかる。その間,しばし卓上の「台湾まぜそばの食べ方」を読んで,卓上の調味料類をチェック。しばらく待って記事冒頭の写真「台湾まぜそば」が着丼(←ここだけラーメンブログ風)。

台湾まぜそばを徹底的に混ぜる@麺屋つばき

まず,まぜそば・油そばの流儀に従って,箸とレンゲで徹底的に混ぜ,タレと具を麺に絡ませる。麺は軽くウェーブの掛かった極太ストレート。このタイプ,好物なんだよね。
で,まずはそのまま。最初は辛さを感じないが,二口三口で効いてくる。普通・中辛・辛口・激辛の個人的レベルメーターでは「辛口」辺りだな。辛いのは食べるのは大丈夫だが,汗が吹き出てくる体質なのだが,これはあまり汗をかかない種類の辛さ。どんどんいける。

卓上の調味料類@麺屋つばき

再びまぜそば・油そばの流儀として途中で酢を回し入れて味変,更に混ぜる。卓上には好みで辛さアップの調味料も揃っている。酢の中に昆布と唐辛子が漬け込んであるようで辛味がくっきりとする。

にんにく@麺屋つばき

更に荒いみじん切りのニンニクをツボから多い目に投入,またまた味変。これもいけるなぁ。

追い飯投入@麺屋つばき

具を半分ほど残して麺を食べ終え,残ったタレに「台湾まぜそば」定番の「追い飯」(〆ご飯)を投入。またまた混ぜて,タレと具を絡ませてレンゲでいただく。濃い味が絡んで旨し。この〆ご飯もまぜそば・油そばの楽しみの30%ぐらいを占めるな。
実はこの「追い飯」,麺を運んで来た時にバイトくんが「追い飯も今持ってきましょうか?」と聞いてくれたので,後でいいと頼んで置いたもの。麺を食べ終えて,たまたま真っ暗な2階から降りて来たバイトくんと目が合うと,すかさず「追い飯ですね」と厨房へ取りに行ってくれた。たぶんお店が混んでる時間帯は最初に全部一緒に出すんじゃないかな?

店舗外観@麺屋つばき

店舗外観。店の前の歩道に何本もの幟が立っているので分かるかと。
このお店,2度ほど移転していて,この周防町のお店は去年(2016年)3月かららしい。他に岸里にも支店があるとか。

麺屋つばき 心斎橋本店
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅5号出入口(6号は大丸本館建替工事により閉鎖中)より右,心斎橋筋商店街のアーケードを難波方面へ南進,2ブロック先の最初の信号を渡らずに東へ左折,周防町筋を堺筋方面へ信号1つ越えて,更にどんどん行った先,道の左側ビルの1階路面店,徒歩4分。長堀橋駅から5分,難波からも遠いが歩ける距離。
住所: 大阪市中央区東心斎橋1-16-11
電話: 06-6210-4452
営業時間: 昼 11:00~16:00 / 夜 18:00~翌7:00
定休日: 日曜日
喫煙: 分煙
リンク: Twitter 地図 

   ------------------------

麺屋 つばき台湾まぜそば / 日本橋駅心斎橋駅近鉄日本橋駅

夜総合点-


関連記事

 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋]

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Instagram @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[心斎橋] [難波] [地下鉄我孫子] [長堀橋] [梅田] [四ツ橋] [日本橋] [南船場] [堺市] [南森町] [天王寺・アベノ] [堀江] [天満橋] [鶴橋] [西天満] [淀屋橋] [十三] [阪和線] [天六] [北新地] [ドーム前] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR