朝鮮料理 チヂミ@地下鉄我孫子

地下鉄我孫子(あびこ)の駅近に去年出来たお店。よく通る道なのでずっと気になっていたが,店名が「チヂミ」なので「チヂミ(朝鮮お好み焼き)」専門店かと思っていたら,居酒屋らしかった。で,例によってたまたま通りかかると店員さんが表にいた。「ここ何ですか?」と聞くと「韓国居酒屋です。よかったらどうぞ」ということで入店。
そんなに広くはない店舗。1階はカウンター4席+予備?が3席,5人掛けテーブル1卓。厨房裏の階段を上がって2階にもテーブル3卓があるそうだ。

生マッコリ@チヂミ

取り敢えず,カウンターの隅に座って「マッコリ」。「生マッコリ」\420(以下税別),「おこげマッコリ」\420,「ソウルマッコリ」\420。他にも韓国焼酎から日本酒・焼酎・ワインまで,種類は多くないが一通りは揃っている。
で,今回は「マッコリ」を攻める。最初に飲んだ「生マッコリ」が旨味もあって一番口に合った。「おこげマッコリ」は名前の通り,米を焦がして作ったという風味。初めての味だな。飲みにくくはない。どこにでもある「ソウルマッコリ」は辛口過ぎて口に合わなかった。

突き出し@チヂミ

突き出しは,固めに焼かれた厚焼き玉子と白菜キムチ。キムチはそんなに辛くない。後味に少し辛味を感じる程度。お箸は朝鮮風に金属製。スッカラ(匙)の用意もある。

チャプチェ@チヂミ

で,前菜代わりに,朝鮮料理を食べる時はいつも頼む「チャプチェ」(春雨の炒めモノ)\480。最初に「うちのは甘いです」との注意があるが,取り敢えず試してみる。その場で調理した熱々。確かに甘かった。朝鮮料理はあまり食べないが,それでも初めての甘さ。でも完食。

海鮮チヂミ@チヂミ

店名が「チヂミ」だし,入店直後に「チヂミ」を勧められたので「海鮮チヂミ」\700をいただく。が,甘く考えていた。普通チヂミって薄~いパリパリのやつじゃない? ここのは1.5cmの厚みはあった。途中で酔っ払って来たので食べきれない。持って帰るかと聞いてくれたが,帰ってからも食べる自信はないということで,申し訳ないが少し残してしまった。

店内@チヂミ

スタッフは店長らしき女性とバイトらしき女の子。店長は日本語が少し違うので聞いてみるとニューカマーだという。逆にバイトの女の子は朝鮮語がまったくダメなようだ。2人が背中に「南森町店」と書いた揃いの黒のスタッフTシャツを来ていたので聞いてみると,「南森町店」が1号店で,我孫子は2号店だという。
チャプチェとチヂミを食べたが,今までの朝鮮料理店で出会った料理とはだいぶ違う。たぶん店長のお家の家庭料理を出しているようなお店だ。

韓国風居酒屋 チヂミ あびこ店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅1号出入口より商店街を東へすぐの十字路を北へ左折。道の右(東)側,1ブロック行く手前の路面店。徒歩1・2分。
住所: 大阪市住吉区苅田5-14-18
電話: 06-7182-5915
営業時間: ランチ 11:30~14:00 / ディナー 17:00~24:00(夜は5時頃~11時以降お客さん次第で翌1時ぐらいまで)
定休日: 木曜日+不定休
喫煙: 可
リンク: Facebook 地図 

    ------------------------

韓国風居酒屋 チヂミ あびこ店韓国料理 / あびこ駅我孫子町駅

夜総合点-


関連記事

 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Instagram @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[心斎橋] [難波] [地下鉄我孫子] [長堀橋] [梅田] [四ツ橋] [日本橋] [南船場] [堺市] [南森町] [天王寺・アベノ] [堀江] [天満橋] [鶴橋] [西天満] [淀屋橋] [十三] [阪和線] [天六] [北新地] [ドーム前] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR