ビフカツ はり重グリル@道頓堀

大正8年創業の牛肉専門店。道頓堀本店には,精肉店・日本料理店・はり重グリル・カレーショップとあり,TPOと懐具合に合わせて選べる。大阪で「すき焼き」と言えば,ここ「はり重」か,東心斎橋清水町の「北むら」ではないだろうか?(私の行動範囲限定かも知れないが。)
で,今回は「はり重グリル」。以前一度,毎日放送の「ちちんぷいぷい」で,はり重グリルの「ハイシライス」(ハヤシライス)が詳しく紹介されたので食べに来たことがある。ステーキなど特選牛の切れ端を使うので,リーズナブルで旨い。
で,入店し喫煙席をお願いする。ちょっと古びた加減の落ち着いた洋食店だが,空間は贅沢に取ってある。取り敢えず,生ビール中ジョッキ\530(以下税抜)をオーダーし,メニューをじっくり眺める。壁に大書された「ステーキコース\8,000」というのも魅力的だが,今日は食べるものは決めてある。先日,名古屋味噌カツの「矢場とん」で食べたビフカツが美味しかったので食べ比べに来た。

なんちゃってビフカツ定食@はり重グリル

「洋食」というのは「米のご飯に合うように工夫された西洋料理」だという。では,ビフカツにはやはりご飯と味噌汁がふさわしい。で,「ビーフカツレツ(フィレ)」単品\2,200に「ライス」\200を付ける。メニューには,ポタージュとコンソメスープしかなかったが,聞けば「赤出汁」\200なら用意できるというので,合わせて上の写真が「なんちゃってビフカツ定食」。

ビーフカツレツ(フィレ)@はり重グリル

ビーフカツレツ(フィレ)を拡大。何故かハート型だな。もちろん味噌ダレではなく,デミグラスソースがかかっている。

ビフカツをカット@はり重グリル

カトラリーは,ナイフとフォークと割り箸。で,ビフカツにナイフを入れると,これが何の抵抗もなくすっと入る。食べてみてビックリ。口の中でお肉がとろける。歯がなくても食べれる柔らかさ。そこに肉の旨味が追い打ちを掛ける。いやこれは白ご飯が進む味だ。さすが。途中で福神漬をはさみながらどんどんといただく。旨い。
赤出汁の具は,麸となめこ。ライスも焼き野菜も手を抜いていない。
と,満足して,勘定は生ビール1杯飲んで消費税8%が付いて3,380円。

店舗正面@はり重グリル

御堂筋東側歩道を難波から歩いて来ると,はり重ビル。最初がカレーショップの入口で,プリンのテイクアウトを挟んで精肉店入口。角を曲がって,日本料理の入口と最後にこの「はり重グリル」の入口。

はり重 道頓堀本店 はり重グリル
アクセス: 各線難波(なんば)駅下車。大阪市営地下鉄御堂筋線の地下コンコース北端の14号出入口より徒歩1分強。御堂筋を北(車の流れと逆)へ,2つ目の角。グリル店の入口は建物の北側,道頓堀商店街沿い。
住所: 大阪市中央区道頓堀1-9-17
電話: 06-6211-5357
営業時間: 11:30~22:30(L.O.21:15)
定休日: 火曜日(祝日,祝前日,12月は開店)
喫煙: 分煙(ランチ禁煙~15:00)
リンク: ホームページ 地図 
関連記事

 ← ランキングに参加しています。

TAG : [難波]

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Instagram @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[心斎橋] [難波] [地下鉄我孫子] [長堀橋] [梅田] [四ツ橋] [日本橋] [南船場] [堺市] [南森町] [天王寺・アベノ] [堀江] [天満橋] [鶴橋] [西天満] [淀屋橋] [十三] [阪和線] [天六] [北新地] [ドーム前] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR