味噌カツ 矢場とん@道頓堀

名古屋名物の味噌カツ「矢場とん」が大阪初進出だという。先月(2016年6月6日)開店だという。早速,未体験の「味噌カツ」なるものをいただきに道頓堀へ。歌舞伎の松竹座の地下の食堂街にある。
入ってみると,流石に観劇客目当てか,高級そうな造り。名古屋の本店より空間をゆったりとってあるというが,これなら歌舞伎のお客さんも納得だろう。

カウンター@矢場とん

取り敢えず生ビール\600(税込\648)。お値段も高級だが,豚そぼろの佃煮が付く。

豚牛食べ比べ定食@矢場とん

豚カツはロースもヒレもサイズも揃っているが,事前情報によると牛肉文化圏の大阪人に敬意を表して,大阪店限定の豚ヒレカツと牛ヒレカツの相盛りがあるそうだ。30年ぶりの復活だそうだ。グランドメニューとは別のシートを見ると「豚牛食べ比べ」単品\1,000(\1,080)・定食\1,500(\1,620)とある。で,上の写真が「豚牛食べ比べ定食」。定食の内容は,味噌汁・ご飯・香の物・ポテトサラダ。ご飯の盛りは大・中・小を選べて,おかわり自由とのこと。タレは,味噌とソースの2種。

調味料類@矢場とん

タレ以外にテーブルの上に調味料類。最初はそのままいただいて,後はお好みでとのこと。

豚ヒレカツ+牛ヒレカツ@矢場とん

上の写真,左が豚ヒレカツ,右が牛ヒレカツ。最初からドバっと味噌だれがかかっているイメージを勝手に持っていたが,実際には極普通のトンカツ・ビフカツ。味噌ダレを使わずにソースで食べたら全然普通だな。
が,ここはもちろん味噌ダレをガッツリ付けていただく。豚から行くと,うんこれが味噌カツかぁというお味。ソースよりも味噌ダレの方が優しい印象。上質の豚肉とよく合っている。
続けて牛も味噌ダレで。これが旨い。同様にいいお肉を使えば,豚は牛には敵わないな。豚の後で食べると牛の旨さが更に引き立つ。大阪の洋食店でも,このレベルのビフカツはなかなかいただけない。
なお,特筆すべきは,島根県産の銘柄米だという白ご飯がまた旨い。炊き加減もちょうどいい。1杯目大盛りでいただいたが,おかわりしてしまった。味噌カツはご飯の進むメニューだ。

松竹座@道頓堀

松竹座正面。食堂街は右側の勝手口からエスカレータで地下に降りる。

矢場とん@松竹座

地下のお店。ワンランク上のお店が並んでいる。

名古屋名物みそかつ 矢場とん 大阪松竹座店
アクセス: 各線難波(なんば)駅下車。大阪市営地下鉄御堂筋線14号出入口より北(車の流れと逆方向)に2つ目の角を東へ右折。道(道頓堀商店街)の右側に松竹座が見える。松竹座右側の勝手口から地下へエスカレータを降りる。徒歩2分。
住所: 大阪市中央区道頓堀1-9-19 大阪松竹座ビル地下1階
電話: 06-6214-8830
営業時間: 午前11:00~午後11:00(L.O.10:30)
定休日: 無休
喫煙: 不可
リンク: ホームページ 地図 
関連記事

 ← ランキングに参加しています。

TAG : [難波]

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Instagram @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[心斎橋] [難波] [地下鉄我孫子] [長堀橋] [梅田] [日本橋] [四ツ橋] [南船場] [堺市] [天王寺・アベノ] [堀江] [南森町] [天満橋] [鶴橋] [西天満] [淀屋橋] [十三] [阪和線] [天六] [北新地] [ドーム前] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR