薩摩料理 燈火@地下鉄我孫子

大阪市内 Deep South の場末も場末,地下鉄我孫子のオッチャンと若いお嬢さん方が愛してやまなかった,ランチから朝5時までパートのオバちゃんがラーメンと簡単な中華メニューを作ってくれて,キムチ食べ放題(ラーメンにキムチは合います)の大衆ラーメン「なにわラーメン」が閉店した後に昨年(2018年4月)開店した薩摩(鹿児島)料理がウリの大衆居酒屋。店内の雰囲気から(確認していないけど)たぶんチェーン店かと。
※以下の画像は全てクリック(タップ)で別タブで拡大表示1280x960pxします。

とりあえず生ビール@燈火

取り敢えずの生ビールと突き出しとカウンターの雰囲気。以下いつもの価格表示は省略しますが,店舗データ直後の「続きを読む」をクリックするとお店のメニュー画像が表示されますので,そちらでご確認ください。

きびなごの唐揚げ@燈火

で,鹿児島,薩摩の魚といえば「きびなご」。以前ミナミで刺身でいただいて,始めてだったので出て来た刺身醤油とワサビでいただいたのですが,食べられないことはないが,やたらとクセの強い魚でした。後でググると鹿児島では酢味噌でいただくと知って納得しました。で,お店のスタッフに伺ったのですが「きびなご刺身」はないと。で,メニューの「きびなご唐揚げ」をいただきました。チェーン店らしくあるものは全てメニューに書いてあるようです。で,これは唐揚げにすることによってクセが気にならなくなっていたので,きびなご初心者にオススメです。

カスター@燈火

カスターの調味料です。左端の「鹿児島の濃口醤油」が気になります。噂では九州の醤油は「甘い」とか。ところが「きびなご唐揚げ」にはマヨネーズが付いてきたので,なんちゃってマヨラーとしてはついうっかり鹿児島醤油を試すのを忘れてしまいました。

薩州正宗@燈火

生ビールの後は日本酒を。「薩州正宗」純米吟醸という初めて聞く名前ですが他に選択肢もないのでお願いしました。価格の安さが不安です。

なみなみと@燈火

なみなみとサービスされました。これでいろいろ言うのは心苦しいので後は小さな声ですが(昭和の二級酒の味です)むにゃむにゃ。

以下,連続写真4枚。この記事はこれがメインです。薩摩ではなく奄美名物の鶏飯,「とりめし」ではなく「けいはん」と読みます。

鶏飯1@燈火

上の写真がカウンターにサーブされた奄美鶏飯です。なかなかにインスタ映えwするメニューです。

鶏飯2@燈火

まず,自分でご飯の上に具を乗せていきます。上の写真は当日のインスタ投稿(こちら)にも載せた画像で,当然インスタ映えwを狙って具を並べています。

鶏飯3@燈火

で,熱々の出汁を注いで「だし湯漬け」にします。

鶏飯4@燈火

最後に海苔を乗っけて出来上がり。出来上がりもインスタ映えw。以上で想像が付くと思いますが,飲みの〆にピッタリのお酒で弱った胃に優しいメニューです。奄美人の知恵は凄いなぁ。オマケに「旨い!」。以前ミナミのお店で一度だけいただいたんですが,次に行ったらもうメニューから消えていました。久しぶりに再会出来た上にレギュラーメニューなのが嬉しいです。

で,ここから余分なウンチクを書くのが還暦過ぎのオッサンの悪いところですが,読み飛ばして次のパラグラフに行ってください。
奄美って元々は独立した地域だったんですよね。でも中世の早い時期に沖縄(琉球王朝)の侵略を受け併合されました。が,次に島津の沖縄侵攻で今度は島津に切り取られました。その結果,いまでも奄美地方は鹿児島県の領土です。NHKの大河ドラマでは,さも島津が沖縄から奪ったように描かれていましたが,奄美の人々にとっては沖縄も島津も侵略者です。
と私見ですが。

店舗の印象ですが,なにわラーメンの後を新たに造作し直した新規の明るく清潔な店内です。カウンターと小上がりの座敷席メインのようですが,奥にテーブル席もあるようです。それなりの広さですが大箱というほどでもない店内に若い男女スタッフが6・7人でしたでしょうか。充分にサービスが行き届いています。3・4人の方と言葉をかわしましたが,みなさん鹿児島県出身でした。店内,USENのWi-Fiがメアド登録かSNSアカウント登録でどなたでも利用可能です。SSIDにFreeの付く方です。もう一つのUSENはお店のオーダー入力端末(スマホ)専用です。実は開店前から「薩摩炉端」のお店のできるのは知っていたのですが,安く飲めるお店なのでいつも盛況でした。この日はたまたま通り掛かると空いていたので入店しました。一人飲みでもない限り予約された方がよいでしょう。なお「炉ばた」と名乗ってはりますが,「炉端」と聞いて思い浮かべる「炉の周りにネタが並びカウンターがその周りを囲む」ようなタイプのお店ではなく,普通のチェーンの居酒屋さんです。ま「炉端風料理を出す」という意味でしょう。

※店舗データ下の「続きを読む」でメニュー画像10枚が表示されます。

薩摩×炉ばた 燈火 (ともしび)
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅下車徒歩4分。1号出入口を上がってマクドの前から「あびんこ商店街」を東へ。2つ目の十字路を右(南)へ曲がると一つ目の十字路角が煮干しラーメンで有名な「中華そば 閃(せん)」,過ぎて次の十字路の角,目立つ路面店。
または3号出入口から東へ2つ目の信号(途中に阪和記念病院)セブン-イレブンの角を左(北)へ曲がって次の十字路。こちらの方がやや近い。
※「閃」の向かいにコインパーキングがあります。
住所: 大阪市住吉区苅田7-5-13
電話: 06-6654-9731
営業時間: 15:00~24:00(フードL.O. 23:00,ドリンクL.O. 23:30)
定休日: 火曜日
喫煙: 可
リンク: 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

焼鳥&純米酒 鳥こまち@地下鉄我孫子

久しぶりの焼鳥。地下鉄我孫子の複数の飲み屋で別々の常連の口から「こまち」の名前がよく出て来る。いわく「Aさん来ないけど『こまち』行ってるんとちゃう?」「Bさん『こまち』一杯やからコッチ来たやろ」と。駅南口にある焼鳥屋らしい。ググると「串焼き処 日比谷 鳥こまち」という名の関東を中心に全国で手広くやっているチェーン店のようだ。で,事前の印象は「チェーンの焼鳥屋かぁ」だったが覗いてみた。
(画像は追記のメニューも含め,すべてクリックで別タブで拡大します。)

店内カウンター@鳥こまち

店の前からドア越しに覗くとカウンターはノーゲスト。入店して,上の写真の大将に迎えられ,厨房と向かい合うカウンターの適当な席に座る。席間はゆったりと取ってあって好印象。ゆったりなお店にありがちな椅子2つセットのカップル仕様になっていなくて,一人飲み客も僻まなくて済むw
ノーゲストだと思っていたら2階から奥さんが降りてきた。階段の上では数組の宴会が進行中のようだ。大将にうかがうとフランチャイズなどのチェーン店ではなく,暖簾分けのような個人店だとのこと。確かに夫婦経営のしっぽり落ち着いた居酒屋の雰囲気。

突出し@鳥こまち

取り敢えず生ビール(ヱビス)をお願いして,上の写真は突出し。

奈良の純米酒「儀助」@鳥こまち

奈良の純米酒にこだわっておられるそうで,厨房の背中のメニューにいろいろ並んでいる。「本日のおすすめ」に書いていない酒もあるという。で,生ビールに続けて,奈良の酒「儀助」をいただく。
アテは一品もメニューに並んでいるが,焼鳥屋と聞いて鶏の口になっていたので,適当に好みを頼む。まずは「すなずり」は必須。これが美味しいと気分が良くなる。って,もちろん良くなりました。メニューを拝見すると「手ごね生つくね焼」とのページに12種ものつくねメニューが並んでいる。これはいただかないと。もちろんいただいた後は更に気分が良くなりました。
で,以下まとめての写真。寿司屋の握りもそうだが,焼鳥屋の記事も写真だらけになるなぁ。

焼鳥@鳥こまち
焼鳥@鳥こまち
焼鳥@鳥こまち
焼鳥@鳥こまち
焼鳥@鳥こまち
焼鳥@鳥こまち
焼鳥@鳥こまち
焼鳥@鳥こまち

※メニュー画像(8枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

串焼き処 日比谷 鳥こまち あびこ店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅から徒歩1分。3号出入口または4号出入口の階段を登ると地下鉄我孫子南口の交差点。いずれも信号を渡り交差点南東角の「業務スーパー」の入っているビル入口階段の左隣(東側),路面店。
住所: 大阪市住吉区苅田9-15-38
電話: 06-6609-2787
営業時間: 17:00~24:00
定休日: 火曜日
喫煙: 可
リンク: ホームページ 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

餃子居酒屋 なまらぴりか@十三

今回のテーマは「十三(じゅうそう)で餃子」。で,不定休や満席に備えて,候補を3店ほどリストアップして,おもむろに出掛ける。
小雨がぱらつく水曜8時過ぎに阪急十三駅に到着,東口改札を出る。西口は時々利用していたが,東口から降りるのは初めてかも知れない。東口駅前は,駅と平行にアーケード街がある。で,左(北)向きにアーケードを進んで右側一つ目の路地入り口に今回の第一候補「餃子居酒屋なまらぴりか」のA型看板を発見。東へ伸びる路地のちょっと先,左側に店舗を発見。覗いて見ると休みでも満席でもなかったので,あっさり入店。
店内は左側に厨房と向かい合うカウンター8席。右側に4人掛けテーブルが4卓。カウンターはゆったりとした席間隔。奥の壁のテレビで阪神vs讀賣戦のナイター中継。オシボリをいただいて,生ビールと餃子を注文。午後8時まではお得な「ほろ酔いセット」などもあるらしいが,残念もう過ぎている。
この日のスタッフは厨房内に店主らしき男性と奥様?らしき女性,フロアにはバイトさん(娘さん?)と3人営業。「なまらぴりか」の店名から明らかなように北海道関係のお店かと思っていたが,生ビールはサッポロではなくアサヒのスードラ。

生ビール+サービスの春雨サラダ@なまらぴりか

で,餃子にはもちろん生ビール\450(以下税別)。上の写真の小鉢は「サービスです」と出て来た春雨サラダ。

卓上のカスターと餃子メニュー@なまらぴりか

卓上のカスターとその横の餃子メニュー。ニンニク餃子は「週末限定」とあるが,聞くと水曜の今日もあるという。

ニンニク餃子@なまらぴりか

で,「ニンニク餃子」\400。ちょっと小振りが一人前6個。卓上のラー油と餃子のタレを小皿にまず用意したが,取り敢えず何も付けずにいただく。うん,具にしっかりと味が付いているので,このままでもいただける。皮は厚めで弾力があるが,具はふんわり。続けてタレを付けていただいたが,甘さがまず来る。が,それが旨みになっていて,このタレはユニークだな。ビールが進む。

なまら超辛口@なまらぴりか

ホワイトボードに北海道の銘酒がならんでいたので,その中から初見の札幌の地酒「千歳鶴 なまら超辛口(本醸造)」\650。ファーストインパクトではちょっと変わった風味を感じたが,2口3口と飲むとそのクセも気にならなくなる。あっさり辛口なので,餃子や脂っこい料理には合うかも。

生ラム・ジンギスカン@なまらぴりか

「生ラム・ジンギスカン」\980。北海道のお酒は結構そろっていたが,北海道っぽい料理は,このジンギスカンとザンギぐらいだったか。厨房の女性が結構時間を掛けて調理していた。肉厚で旨し。ラム(仔羊)なのでクセもほとんどなく羊肉初心者でもイケるかと。ただ,マトン(親羊)の臭みがクセになっている羊肉クラスタの私には申し訳ないがちょっとインパクト不足。タレは,北海道のどこの家庭にもあるという「ベル食品のジンギスカンのタレ」とはちょっと違うような,自家製かな? ま,最近北海道に行っていないので忘れかけている可能性も。
で,今回の発見。ジンギスカンのお供は「もやし」で決まりだと思っていたが,玉ねぎも結構合う。旨し。

店舗外観と店主@なまらぴりか

店舗外観。大将に外までお見送りいただき,衣服にファブリーズ?をシュッシュッのサービスまで。顔出しOKですかと伺うと快く撮影に応じていただいた。

※メニュー画像(2枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

餃子居酒屋 なまらぴりか
アクセス: 阪急十三(じゅうそう)駅東口下車。駅前のアーケードを左(北)へ進み,直ぐの路地を右へ入った先,路地の左側路面店。徒歩1分。
住所: 大阪市淀川区十三東2-11-3
電話: 06-6390-3005
営業時間: 月~金 17:00~24:00 / 土・日 14:00~24:00
定休日: 不定休
喫煙: 可
リンク: 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [十三]

居酒屋 海ごこち@地下鉄我孫子

去年(2016年)の11月20日開店という新しい居酒屋。Facebookによると堺店・深井店に続く3号店らしい。地下鉄我孫子って堺から進出してくる飲食店が多いな。大阪市内への橋頭堡として手頃なのか。
以前,喫茶店だった場所を新しく造作し直した店内は明るく清潔そう。入って右が厨房とカウンター席,カップルシートが3つ。左側はテーブル席で,奥はトイレと小上がりの座敷。居酒屋としてはそこそこの規模。お店は,スタッフ一同,チェーンの居酒屋にありがちな声出し元気系。1人しみじみ飲む店ではなく,仲間とわいわい飲む店だな。基本,厨房が男性スタッフ,フロアが女性スタッフのようだ。

生ビール+突き出し@海ごこち

取り敢えず,「生ビール(スードラ)」\390(以下税別)。サービスです,といって突き出しにワカメ炒めが出て来たが,後でレシートを見ると突き出し料金は付いていない,確かにサービスだ。
何もアテを注文していない段階で,さしみ醤油・天ぷら用の塩・大根おろしが次々と出て来る。上の写真のポットは天つゆ。お店のウリが天ぷらだとよく分かる。天ぷらは,品目の印刷された用紙に数量を書いてまとめて注文するスタイル。天ぷら以外は普通にオーダー。

蝦夷ばふんうに@海ごこち

天ぷら気分ではなかったので,コピー用紙の「本日のおすすめ」メニューから,上の写真「蝦夷ばふんうに」\890をオーダー。夏の北海道では散々喰ったがやはり旨い。

揚げ出し豆腐@海ごこち

続けて,定番メニューから「揚げ出し豆腐」\490。天ぷらと海鮮がウリのようだが,普通の居酒屋メニューの用意もある。

定番メニュー@海ごこち

上の写真は定番メニュー(クリックで拡大)。他に「本日のおすすめ」のコピー用紙に,刺身・一品が十数種ある。「あなご」一押しのようで,各種調理法で並んでいる。

ドリンク・メニュー@海ごこち

ドリンク・メニュー(クリックで拡大)。霧島酒造の「吉助 赤」\540があるのが珍しい。「赤霧島」は米麹だが,「吉助 赤」は麹も含めて全量「むらさきまさり」の芋焼酎。日本酒は菊正宗がメインだが,地酒の純米酒も何本か。

店舗外観@海ごこち

店舗外観。地元民のために付記しておくと,長年やっておられた喫茶「ペントハウス」の跡地です。

天ぷら 海鮮 海ごこち あびこ店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅1号出入口から,東へマクド入口の前を通ってその先の十字路を北へ左折。道の左側に並んでいる何軒かの酒場をやり過ごしてしばらく先。徒歩2分,下駄履きマンション1階の路面店。
住所: 大阪市住吉区苅田5-19-26
電話: 050-5320-1912
営業時間: 17:00~24:00(L.O.23:30) ※ランチ営業あり
定休日: 第1木曜日,大晦日・元日
喫煙: 可
リンク: Facebook ぐるなび 地図 

    ------------------------

天ぷら海ごこち あびこ店天ぷら / あびこ駅我孫子町駅

夜総合点-



 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

おでん 母や@美章園

そろそろ関東煮(かんとだき)の季節だなぁと,ネットで見かけた美章園のおでん屋に足を延ばす。学生時代は毎日乗っていた阪和線だが,美章園(びしょうえん)で降りるのは初めて,天王寺駅から阪和線で1駅。
で,駅から右(西)に3分ほど歩いて発見。外からも店内がよく見える。ここで満員なら帰るところだが,お客さんはカウンターに1組。入りやすそうな店構えなので入店。1人だと言うとカウンターにどうぞということでカウンターの端に陣取る。取り敢えず,生ビール中(スードラ)\380(以下税別)を頼んでじっくりとメニューを検討。丁度よいタイミングで女将さんから声がかかるのでおでんを3品ほど。

おでん(厚揚げ・玉子)@母や
おでん(ちくわ)@母や

で,厚揚げ・玉子・ちくわをお願いする。おでんは一品\150から。メニューの端に「コロ \700」と有ったのだが,残念マジックで消されている。

冷酒@母や

ビールが無くなったので,冷酒。菊正宗\650/300mlがあるのが嬉しい。飲んでるうちに地元らしきお客さんが次々と来て満員に。

クジラベーコン@母や

「おでん」と称しながら一品メニューも豊富。好物のクジラベーコン\750を追加した。クジラベーコンって店により当たり外れがあるのだが,ここのは大当たり。他の一品も期待できそう。

おでん 母や (おもや)
アクセス: JR阪和線美章園(びしょうえん)駅前の通りを右(西)へ阿倍野区役所方向に徒歩3・4分,道の左(南)側。
住所: 大阪市阿倍野区文の里1丁目4-6
電話: 06-6622-7876
営業時間: 月~土・祝 17:00~23:30 / 日 17:00~22:30
定休日: 水曜日・第4木曜日
喫煙: 可
リンク: 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [阪和線]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。
日々の食べ歩きは Instagram https://www.instagram.com/jackkageyama/ でほぼ毎日呟いています。9割以上の画像が料理・お酒など飲食関係ですので覗いてみてください。
Twitter https://twitter.com/JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[心斎橋] [難波] [地下鉄我孫子] [長堀橋] [梅田] [日本橋] [四ツ橋] [南船場] [堺市] [天王寺・アベノ] [堀江] [南森町] [天満橋] [鶴橋] [西天満] [淀屋橋] [十三] [阪和線] [天六] [北新地] [ドーム前] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR