かすうどん かすまる@東心斎橋八幡筋

前回に引き続き,東心斎橋飲みの深夜の〆麺。酔ってくると血糖値が低くなるので炭水化物が食べたくなるとか昔聞きましたが,ついついの深夜の〆ラーメンはやはりカロリー摂り過ぎかと。旨いんですけどね,〆ラーメン。でもできれば蕎麦・うどんなどのあっさりしたものの方が酒で荒れた胃にも優しいかと。でも,普通の蕎麦屋・うどん屋は結構早い時間にしまっちゃうんですよね。でもそこはミナミの東心斎橋,ちゃんと深夜の需要に応えるお店もあります。
普段は広めの周防町筋を歩くんですが,たまたま歩いた八幡筋でやたら明るい看板が目立つ。「かすうどん」かぁ,と玉屋町で飲んだ後,戻ってきました。入店したときはノーゲスト。厨房と向き合う8人掛けのカウンターに座ります。奥に4人掛けテーブル席が2卓あるようです。空間はゆったり取ってあって,チェーン店らしく清潔感のあるスッキリした店内です。入店した時は厨房に若い女性スタッフ2人だけでしたが,後で若い男性スタッフ1人が加わりました。ネット情報によると「2018年7月2日オープン」だそうなので,まだ開店2ヵ月ちょっとですね。
※以下の画像は全てクリック(タップ)で別タブで拡大表示1280x960pxします。

肉かすうどん@かすまる

上の写真は「肉かすうどん」\830(以下税込)。「かす」っていうのは,大阪の隣国「河内(かわち)」の郷土料理でいわゆるホルモン(牛の大腸)を焦げる手前まで揚げたもののようです。油で揚げることによって脂が抜けてヘルシーで旨みの凝縮された「油かす」ができるとか。河内名物ですが最近は市内でも主に「うどん屋」「お好み焼き屋」でたまに見かけます。

麺リフティング@かすまる「

お約束の麺リフティング。以下,ハシゴ飲みの〆なので酔っぱらいのあやふやな記憶ですが,うどん麺は柔らか目の(私好みの)大阪うどんだったような。「かす」の物理的実体には気付きませんでしたが,「かす」の旨味の出たらしい出汁はイケました。牛肉もそつなく味の染みたお肉がそれなりに入っていたので,酔っ払い相手のお店にしては良心的な価格設定ですね(失礼しました。でも東心斎橋には「なにこれ」って価格設定のうどん屋さんもあるので)。これは東心斎橋飲みの〆麺として重宝しそうです。

カスター@かすまる

卓上のカスターです。左右が薬味かな。左は肉眼で見ると凶悪な朱色でした。もちろん投入しました。辛味がいい仕事します。右も入れましたが,酔っ払いには何を入れたのか分かりませんでした。(後日スタッフに確認したら,左の赤いのは一味,右は七味だそうだ。)

かすうどんメニュー@かすまる

ここ,おでんにはじまる居酒屋メニューが充実しています。上は数ページあるメニューのうち「かすうどん」の部分ですが,そもそも,うどん屋さんというより居酒屋じゃん,というメニュー構成です。アテの価格は安めの居酒屋レベルかな。生ビール中(スードラ)が500円です。

メニュー看板@かすまる

ってか,上の写真,入店前に表の行灯看板で税込価格はチェックできます。店内にも上記のようにちゃんとメニューはありますし,「居酒屋」なので灰皿も各席にちゃんと用意されています。
※ところで今ブログ記事書いてて気付いたんだけど,この行灯看板の「Fried Hormones Bits」? えぇと大阪人的には言いたいことは分かるんだけど,英語の「Hormone」に「牛の大腸」って意味はないと思うので,英語ネイティブさんが見たらギョッとするような?

店舗外観@かすまる

店舗外観。玉屋町で飲んだ帰りに寄ったので東から撮った写真です。心斎橋筋商店街のGUから来ると逆方向から見ることになります。
夜9時開店なので,1次会には無理ですが,職場の宴会の後,気の合う何人かで来て,飲み足りない人はアテを頼んで飲む,小腹の空いた人はかすうどんで〆るってお店かなぁ。全16席なので大人数では来れませんが。

屋台風かすうどん かすまる 東心斎橋店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線心斎橋駅4-B出入口,徒歩7分。大丸北館玄関より心斎橋筋商店街のアーケードを南(難波方向)へ。最初の信号(周防町筋)を渡って,次の十字路(角の左手前がユニクロの格安ブランド「GU」,向こうの角は不二家レストラン),東へ左折して八幡筋を1ブロック行った十字路を越えてちょっと先の右(南)側路面店。営業中は看板が明るく目立つ。
住所: 大阪市中央区東心斎橋2-7-27
電話: 06-6212-0033
営業時間: 21:00〜翌7:00(L.O.6:30)
定休日: なし
喫煙: 可
リンク: 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋]

餃子と唐揚げの酒場。しんちゃん@西心斎橋アメリカ村

一昨日火曜日深夜の飲み。東心斎橋で生3杯弱をいただいた後,珍しく足が西心斎橋に向いた。いわゆる「アメリカ村」の北の端辺り。以前前を通りがかって気になっていたお店へ初訪問。で,餃子と唐揚げの店なんだが,心斎橋駅から途中にあるマイ・ベスト・ギョーザ「珉珉(みんみん)」の前を素通り。モスバーガーにも惹かれたが閉店準備中。で,「大宝寺はり重」の左斜め前。お店の雰囲気的には資本系みたいですね。
(後でググったら,大阪・神奈川・東京で「鳥貴族」のフランチャイズ店をメインに手広くやってる多業態の飲食資本「トラオムTRAUM」という会社の新業態だった。「しんちゃん」はまだ難波とアメ村の2店舗だけらしい。)
※以下の画像は全てクリック(タップ)で別タブで拡大表示1280x960pxします。

プレモル生中@しんちゃんアメ村

で,カウンターは禁煙席しか空いてなかったので,入口近くの2人席に案内されて,とりあえず生。プレモルの生中\390(以下税別)。何やらジョッキにウンチクが書いてある。

つまみ餃子@しんちゃんアメ村

餃子と唐揚げの店を名乗っているので,とりあえずデフォらしき「焼つまみ餃子(7個)」\290。ビール+焼餃子は日本人が発明した黄金コンビだね。
上の写真,小振りの焼餃子。薄めの皮はパリッと焼けて,中の具はまったり。ただ,皮同士がくっついてしまっているので,そのまま箸で剥がそうとすると皮が破れてしまう。ひっくり返して1個ずつ剥がず。

カスター@しんちゃんアメ村

カスターには餃子用の調味料だけが用意されている。お店のオススメは,醤油2:酢1:ラー油1,らしい。珉珉(みんみん)は確か,酢7:醤油3,だったな。このお店では醤油多めがオススメらしい。

唐揚げ(胸肉)@しんちゃんアメ村

もちろん店名の唐揚げも。メニューには,モモ・ムネ・その他が並んでいるが,今回はムネを。「唐揚げ(ムネ)」\480。上の写真,ちょっと黒っぽくない? 肉眼で見るともっと黒く,揚げ過ぎじゃん,と一瞬思った。取り敢えずレモンを絞っていただく。衣はパリッと揚げられていて,食べてみると揚げ過ぎ感はない。固過ぎることもない薄めの衣。中の鶏肉(かしわ)はもちろん程良く熱が通っている。ただ,これ,下味つけてないのかな? そんなに質の悪い鶏肉じゃないんだけど,旨味に欠ける。マヨネーズが欲しくなるが,餃子用しか調味料がないので,仕方なく餃子のタレを付けていただいた。ま,けっして不味くはないんですが,味が薄いです。私は生粋の大阪人で上方の薄味好みなんだけど,それでも味が薄いと感じました。

厨房とカウンター@しんちゃんアメ村

閉店前だというのに結構お客さんが入っていたので,先客が帰った後のカウンター席の一部と厨房。入口入って左側です。右側壁際に2人席テーブルが3つ。ところで写真左に写っているこのL字カウンターの短辺4席と長辺の端2席だけが禁煙席なようだ。右側隣りの席には灰皿が置いてあった。
で,厨房出口にレジがあってその向こう,お店の奥は広いスペースにグループ客用のテーブル席が結構な数ある様子。見た限りではスタッフは厨房は男性,フロアは女性,いずれも若い方々だが,皆キビキビと動いて対応も丁寧。店長なのか本社なのかがキチンとしてはるのだろう。席に座ったまま「勘定」と告げる先客がいたが,お勘定は客がレジまで行くシステムみたいです。

店舗外観@しんちゃんアメ村

店舗外観。夜の街では目立つし,すっきりとしている。よく見ると店名の「酒場」の後ろに「。」が付いてる。「モー娘。」式が正式店名らしい。

※メニュー画像(2枚)その他(2枚)と【追記】が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

餃子と唐揚げの酒場。しんちゃん アメ村店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線心斎橋駅8号出入口(ホテル日航)または7号出入口(心斎橋オーパ)より,ホテル日航と心斎橋OPAの間の道を西へ2・3分。道の右(北)側ビル1階の電光看板の目立つ路面店。四ツ橋駅からも同じぐらい。
住所: 大阪市中央区西心斎橋1-10-17 ポポロビル1F
電話: 06-6251-7570
営業時間: 17:00~翌02:00(土曜日は12:00~/日曜日は~24:00)
定休日: 無
喫煙: 可(しきりのない禁煙席あり)
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋] [四ツ橋]

朝鮮料理 ソナム@東心斎橋

書き忘れていた記事です。去年の暮れの訪問。

階段下地上入口@ソナム

いつものように夕暮れ時,さて今日はどこで飲むかと,東心斎橋の街をぶらついていると,柱に「サービスセット」の文字が。清水町筋(東西)と笠屋町筋=三休橋筋(南北)の交わる十字路の南西角。ここ,向かいのビル2階のバー「バル・マスタード」の窓から,同じく2階の店舗が見えて,何年も前から気になっていた朝鮮料理屋です。で,サービスセットの「アワビ」の文字に惹かれて,上の画像左に見える階段を登ります。しかし一番上の「チーズタッカルビ」,流行りなのか普通のファミレスの前にも幟が立ってますね。チーズじゃない「タッカルビ」なら随分前に食べて事あるのですが。(※画像は全てクリックすると別タブで拡大1280x960表示します。)

2階外通路@ソナム

2階外通路のお店の窓に「混雑時は2時間」との表示。いや,ツレがいても1軒のお店でそんなに粘るような飲み方しないから。今日は1人,本格的に飲む前の「練習」だから。
ちな「練習」とは,うちらの業界だけで通じるジャーゴン。職場の宴会というと必ず何人か先にお店に来て「さぁ,練習しよか」と幹事もまだ来ていないのにビールを勝手にオーダーする。宴会開始時刻は決まっているのだが,30分前に行くのが勝因w ただ,毎回1時間ぐらい遅れてくる同僚も必ずいる(忙しいアピール?)。コース料理なら彼の分の料理も一緒に出されるので,来てすぐ駆け付け3杯で自席に並んだ料理がいただける。ま,冷めてるけど。一方,鍋の時も1人前分は取り置いておくので,具から旨味のよく出た出汁の鍋でいただける。

2階店舗入口@ソナム

で,2階外通路奥の店舗入口です。

店内テーブル@ソナム

入店すると,あまり一人飲み客は想定していない作り。テーブル席のみ。奥に個室っぽいスペースも。結構な入りで唯一空いていた4人席に案内されました。隣りの女性2人組は狭い2人席に座ってはりました。テーブルにハマっているコンロは鍋用かな? プデチゲ(部隊鍋)もあるみたいですね。

生ビール@ソナム

で,取り敢えず生ビール,サービスセット内。大衆居酒屋でよくある「ちょい呑みセット」ですね。

アワビバター焼@ソナム

で,同じく「サービスセット」\1,080内の「アワビバター焼」。アワビ一品は,刺身・バター焼・踊焼きから選びます。アワビの価格が分からないので,この「ちょい呑みセット」が安いのか高いのか不明。

マッコリ@ソナム

で,まだ飲み足りないので「生マッコリ」\500を追加.。メニューには6種のマッコリが並んでいたのですが,私が最初に選んだ「済州(チェジュ)マッコリ」だけ品切れでした。

※メニュー画像(8枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

韓国創作料理居酒屋 ソナム (SONAMU)
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅下車。心斎橋筋商店街のアーケードから,大丸本館(工事中)と南館の間の道(清水町筋)を東へ2ブロック行った先の十字路南西角のビル2階。ビルの外階段を登ります。徒歩3・4分。
住所: 大阪市中央区東心斎橋1-16-32 ビース50ビル2F
電話: 06-6244-7020
営業時間: 平日と日曜 11:00~15:00(L.O. 14:30)・17:00~00:00 (L.O. 23:30) / 金土祝 11:00~15:00 (L.O. 14:30)・17:00~01:00(L.O. 翌00:30)
定休日: 火曜日
喫煙: 可
リンク: 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋]

お好み焼 翁@東心斎橋

さて,前々回の記事にも書きましたが,新店開拓のネタは溜まっています。でもブログに書く時間がないんですよね。という言い訳は,今回の記事は4月の訪問だからです。
さて,定期的に,ってか一週間に1回は粉もんを食べないと禁断症状の出る大阪人。あれ,戦後の食糧難の時代に余ったメリケン粉(小麦粉)を多量に持ち込んだアメリカの農家を支持層とするアメリカの政治家の陰謀でしょうね。おかげで少なくとも大阪人は小麦粉中毒になりました。小麦粉+ソース,これが大阪人のソウルフードです。ところで,戦後のアメリカの食糧援助,実は後でちゃんと請求書が回って来て,日本政府はキチンと払っています。別にただで恵んで貰ったわけではないです。
さて,東心斎橋で以前から通り掛かるたびに気になっていたお好み屋さんに入りました。1人客なので,入ってすぐのカウンターの隅に座り,取り敢えず生ビール(スードラ)\540(以下税込)をお願いします。粉もんには生ビール一択の私です。(※以下の画像は全てクリックで別タブで拡大1280x960表示します。)

牡蠣バター焼@お好み焼 翁

で,今日は何をいただくかな?とメニューを拝見。ついでに壁の張り紙も拝見。壁に季節メニューらしく「牡蠣バター焼」\980とあったので「お,4月でもまだ牡蠣があるじゃん」とお願いしたのが,上の画像。牡蠣も好物,バターも好物ゆえ,ビールが進みます。味付けのレベルもなかなか旨し,です。

オムソバ@お好み焼 翁

で,メインキャストの粉もん,メニューの「オムソバ」\920が目に止まりました。そういえば,オムソバって子供の頃は大好物だったのに,大人になってからは,最後に食べたのは十年ぐらい前だなぁ,とお願いしました。目の前で焼かれて登場したのが上の画像。端正な佇まいです。

オムソバをカット@お好み焼 翁

流行りの「インスタ映え」ならぬ「ブログ受け」を狙ってwカットした画像も。久しぶりのオムソバも旨かったです。ソースが嫌味のない仕事をしていたかな?

店外A型看板のメニュー@お好み焼 翁

流石に初めて入った店で,鉄板を挟んでスタッフの目の前でメニューブックをパチパチ撮影する根性がなかったので,店外のA型看板のメニューのみです。他にもメニューや壁の張り紙にはいろいろ並んでいました。
店内は,スタッフと向き合う鉄板の前のカウンター席が6席,2人用テーブルが1卓。スタッフに伺ったところでは,階段を登った2階には18席あるようです。厨房は1階のみで,「ダムウェーター」という荷物専用超小型エレベータで2階に料理が運ばれるシステムのようです。逆に生ビールのサーバーは2階にしかないとか。

店舗外観@お好み焼 翁

店舗外観。老舗らしき雰囲気のあるお店です。側壁の「いちご大福」が目立ちます。

ショウウィンドウ@お好み焼 翁

何故か店外のショーケースに和菓子が並んでいます。実は私は知らなかったのですが,後で東心斎橋の行き付けの居酒屋の若い女性スタッフにうかがったところでは,お好み焼きよりも和菓子で有名なお店とか。特に「いちご大福」がオススメとか。残念,私は辛党でした。いや,牡蠣バター焼とオムソバしかいただいてませんが,そちらもなかなかにレベル高かったですよ。

お好み焼 翁 (おきな)
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅下車。心斎橋筋商店街のアーケードより,大丸本館(工事中)と南館の間の道(清水町筋)を東へ2ブロック行った十字路。右(南)へ曲がって半ブロック行った辺りの道(笠屋町=三休橋筋)の左(東)側の路面店。徒歩4分ぐらい。
住所: 大阪市中央区東心斎橋1-15-20
電話: 06-6271-0267
営業時間: 17:30~23:00
定休日: 日曜祝日
喫煙: 可
リンク: 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋]

地魚と天ぷら うろこ屋@東心斎橋三津寺筋

4月中旬(2018年4月18日)に開店した山本大将の新しいお店(居酒屋)。出遅れましたが,火曜日に初訪問。今回は名前も「㐂鱗(きりん)」から「うろこ屋」に戻して「地魚と天ぷら」との惹句が付きました。
お店は玉屋町㐂鱗より広くなって,厨房に向き合うカウンター8席と壁側に詰めれば6人座れる4人席テーブルが2卓。カウンターはもう1脚ぐらい入る余裕を持った並びなので,貸切なら18~21名でしょうか(貸切営業をやられているかどうかは確認していませんが)。造作したばかりの新店らしく明るく清潔な内装で,居心地のいい空間です。厨房手前に山本大将,一番奥の天ぷら鍋のそばに手伝いの板さんの2人営業でした。
※以下の画像は全てクリックすると別タブで拡大表示(1280x960)します。

生ビール(キリン一番搾り)@うろこ屋

生ビールは「ハートランド(キリンの麦芽100%)」から「キリン一番搾り」に変わってました。中ジョッキ\550(以下税別)。

新政 S-Type@うろこ屋

もちろん日本酒地酒も揃っています。秋田の銘酒「新政(あらまさ)」があるというので,流行りのアラサー女子ならぬ「アラマサー女子」ではありませんが「アラマサーおっさん」としては見逃せません。「X-typeかS-typeあります?」と伺うと「S-type」を出していただけました。すっと入っていく雑味の一切ない逸品です。

三連星(限定番外編Ⅲ@うろこ屋

続けて水口町(みなくちちょう,現・滋賀県甲賀市水口)の酒「三連星 限定番外編Ⅲ」を。こちらは旨味が強いですね。

三連星(裏ラベル)@うろこ屋

「三連星 限定番外編Ⅲ」の裏ラベルです。

お手元@うろこ屋

お手元には「造りと天ぷら うろこ屋」とあります。

造り5種盛@うろこ屋

山本大将のお店の常として,突出し制ではないので,取り敢えず「造り五種盛」\700。一切れずつその日の魚の名称を説明していただけます。よそではあまり見かけない珍しい魚が出てくるのが最大の特徴。もちろん仕入れの目利きは絶品です。なお手前は,醤油・岩塩・煎り酒です。

4種のチーズのポテサラ@うろこ屋

ついついメインの地魚以外に目移りして「4種のチーズポテサラ」\350。

カウンター椅子@うろこ屋

カウンターの椅子の下にはそれぞれ大きな籠がぶら下がっていますので,荷物の多い時も邪魔になりません。

過去の山本店主のお店の記事:
    2016/04/10 : 漁師直送居酒屋 うろこ屋@東心斎橋 
    2017/04/02 : 居酒屋 㐂鱗(きりん)@東心斎橋千年町 
    2018/03/07 : 地酒と魚 㐂鱗(きりん)@東心斎橋玉屋町 


※店舗データ下の「続きを読む」で,メニュー画像4枚と店舗外観3枚が表示されます。

地魚と天ぷら うろこ屋 (じざかなとてんぷら うろこや)
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅・なんば駅・日本橋駅・長堀橋駅のほぼ中間になります。心斎橋・難波の駅から8・9分ぐらい。日本橋・長堀橋の駅の方が少しだけ近いです。御堂筋三津寺町の交差点北東角の名前の由来の三津寺から東へ。心斎橋筋商店街のアーケードを横切り,次の十字路が畳屋筋,次が笠屋町筋で,その先を半ブロック行った辺りの道の左側(北側)酒屋が3軒並んでいるのが目印です。行き過ぎると次が玉屋町筋,千年町筋,そして堺筋です。
住所: 大阪市中央区東心斎橋2-6-13 日宝ナイトビル1F
電話: 06-4708-8258
営業時間: 17:30~26:30(L.O.26:00)
定休日: 日曜日
喫煙: 可
リンク: ブログ Twitter 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋] [難波] [日本橋] [長堀橋]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Instagram @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[心斎橋] [難波] [地下鉄我孫子] [長堀橋] [梅田] [日本橋] [四ツ橋] [南船場] [堺市] [天王寺・アベノ] [堀江] [南森町] [天満橋] [鶴橋] [西天満] [淀屋橋] [十三] [阪和線] [天六] [北新地] [ドーム前] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR