赤ふくちぁんラーメン@地下鉄我孫子

あびんこ商店街入り口からすぐのマクドナルドの並びにあった神戸が本拠のラーメンチェーン「三豊麺」が1年足らずで閉めた後に入った新店(2018年10月25日開店)。三豊麺は都心でも手広くやっているのだが,資本系は見極めが速いね。三豊麺閉店後すぐに開店したので同じ資本の別ブランドかと思ったが違うみたい。「大阪ふくちぁん」という別のラーメンチェーンがあるのだが,ここは「赤ふくちぁん」,関係は不明。看板に「ASUTO JAPAN」とグループ名があるのでFC店にでもなるのかな? 直営系列店ではないらしいので「大阪ふくちぁん」でやっている食べ放題のキムチバーはない,残念。「大阪ふくちぁん」のポイントカードや割引券なども使えないと明記してある。
※以下の画像はクリック(タップ)で別タブで拡大表示1280x960pxします。

赤ふくちぁんラーメン@赤ふくちぁん

上の画像は,店舗入って左の券売機の左上の一押し定番のボタン「赤ふくちぁんラーメン」\800(以下税込)。味玉など一通りのトッピングの乗ったよくあるメニュー。

カウンター卓上@赤ふくちぁん

卓上のカスターにはラーメン・餃子・唐揚げのための調味料がならんでいる。

赤ふくちぁんラーメンその2@赤ふくちぁん

で,唐辛子・ニンニクとたっぷりの胡椒・胡麻を投入。スープは豚骨,具はチャーシュー・味玉・支那竹(メンマ)・海苔・きくらげ・もやし・ねぎとオールキャスト。いずれも資本系っぽい万人向けのそつのない仕上がり。豚骨にも特にクセがないので飽きが来ずにいただけるタイプの大衆ラーメン店の味ですな。

麺リフティング@赤ふくちぁん

お約束の麺リフティング。中細ストレートのオーソドックスな麺。

大阪中華そば@赤ふくちぁん

上の画像は,別の日にいただいた,一番リーズナブルな価格の「大阪中華そば」\580。あっさり塩スープの「支那そば」。飲みの〆に軽くラーメンをというときにはこちらですね。

店頭のメニュー@赤ふくちぁん

券売機が蛍光灯のチラツキで上手く写せなかったので,店頭のメニュー看板。ま,オーソドックスな大衆ラーメン店のメニューでランチにも,軽く飲むにも,〆にも使えるかと。

トッピングメニュー@赤ふくちぁん

卓上のトッピングメニュー。席に着いてから思い付いた時にはわざわざ券売機に戻らずとも現金での支払い可。

持ち帰りメニュー@赤ふくちぁん

「焼豚」と「冷凍生餃子」持ち帰りのメニュー。

店頭風景@赤ふくちぁん

大阪の場末(下町ともいう)には合っているごちゃごちゃとした店頭風景。
店内は奥に細長い変形コの字カウンター12席と店内奥に4人掛けテーブル席1卓があるよう。2回の入店とも同じスタッフさんお二人で,店長らしき男性と調理担当の女性。お二人とも華人系のようで言葉に訛りあり。特に厨房の女性はオーダー関連の日本語以外は難しいようだ。

赤ふくちぁんラーメン あびこ店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線1号出入口下車,東へ1分弱,あびんこ商店街マクドナルドのならび,路面店。
住所: 大阪市住吉区苅田5-19-11
電話: 06-7709-5488
営業時間: 11:00~翌04:00(L.O.03:45)
定休日: 無休
喫煙: 不可
リンク: 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

料理いろいろ カリから@地下鉄我孫子

9月に1周年で,その前後に色々「店舗データ」が変わってます。まず営業時間の変更,ランチを止め一時間夜遅くまで,また第3月曜も定休日に。当初は禁煙店でしたが「常連の要望」で喫煙可になったとか,ただし女将と娘さんは嫌煙家ですのでご注意を。また,メニューブックを造り直されました。
で,以下の前半はグランドメニューにない料理,いつも何かが黒板や白板(ホワイトボード)に書かれています。
※画像は全てクリック(タップ)で別タブで拡大表示1280x960pxします。

ジョン@カリから

上の画像は,中秋節(中秋の名月の日)に行ったら出て来た「ジョン」。朝鮮半島では「お盆」だそうで,先祖の墓参りに親戚が集まってこれを食するとか。

ジョン@カリから

卵液と小麦粉をまぶしてフライパンで多めの油で炒めた「ピカタ」に似た調理法ですね。本家の女衆は,集まってくる親戚の人々のために様々な具材を使って大量に作らねばならないとか。もてなしの料理とともに,帰る親戚にも土産として持たせなければならないらしいです。

白板メニュー(ジョン)@カリから

「ジョン」の白板メニュー。実際には何十種類の具材を使うそうです。

ユッケジャン@カリから

上の画像は別の日に今日の特別メニューに「ユッケジャン」を作ったから味見しろと出していただいたもの。酒飲むときはスープ類は頼まない人だから(自分)。

ゼユッポグン@カリから

こちらは「ゼユッポグン」。豚肉と野菜類の炒めものですね。

ゼユッポグン@カリから

接写しました。なおネット上では片仮名転写の際に「ゼユッボクム」「ゼユッポクム」「ゼユックポックム」などの表記の揺れがあります。

ゼユッポグン@カリから

こういう風に,「サンチュ」(和名ちしゃ,英名レタス)で包んでいただきます。

厨房の壁の黒板メニュー@カリから

カウンターに向かい合う厨房のこの日の黒板メニューです。

チョンガキムチ+コドゥルペギ@カリから

これもお試し,左は「チョンガキムチ」,右は「コドゥルペギ」。コドゥルペギはチョー辛いです。

白板メニュー@カリから

で,その日のカウンター上の白板メニュー。

ほうれん草ナムル@カリから

上の写真も黒板メニューですが,まぁ当然「キムチ」と「ナムル」は常時数種類あります。上は「ほうれん草のナムル」。

で,以下はグランドメニューに載ってる常時ある定番メニュー。

チャプチェ@カリから

上は前菜の定番「チャプチェ」。この日は早い時間に入店したので,まだ調理中でした。生ビールを飲んでる内に出来上がったので,ほかほかをいただきました。

チャプチェ・リフティング@カリから

お約束の麺リフティング。実は和風の鍋料理に投入される「春雨」って好きじゃないんですが,チャプチェは好きです。延辺料理屋でいただいた超太い平打ちの春雨料理も旨かったし,韓国人・朝鮮人・満州朝鮮族は総じて春雨の使い方が上手いです。春雨って原料の穀物が1種類に決まっていないらしいので,そもそも原料の穀物が日本と違うのかな?

手羽先セット@カリから

辛いヤンニョムチキンと辛くない塩唐揚げと並んで,名物の手羽先。地元の飲み友の1人は唐揚げには目もくれず,この手羽先ばかり食べてるとか。テイクアウトもできます。手羽先単品ももちろんありますが,これは塩唐揚げとのセットメニュー。

海鮮チヂミ@カリから

これも定番「海鮮チヂミ」です。このお店では丸くないです。

韓国海苔おむすび@カリから

メニューに「韓国のりおにぎり」とあったので,日本風に板海苔に巻かれて出て来るものだと思っていたら,海苔の佃煮でした。ちょっと甘かったです。オールドカマーの在日の方々のやっておられるお店と違って,ニューカマーさんのやっておられるお店では,本場風なのか意外な料理が甘かったりします。

過去の「カリから」の記事:
    2017/10/18 : ヤンニョムチキン カリから@地下鉄我孫子 

※メニュー画像(6枚)と店内・外観画像(2枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

韓国風からあげ 鳥料理一品料理 カリから
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅下車,徒歩1・2分。1号出入口より商店街を東へ,スーパー「ダイエー Aeon Food Style(旧グルメシティ)」の向かいの川条酒店(閉店・現在貸店舗募集中)の横の路地を南へ真ん中辺り左(東)側,路面店。
住所: 大阪市住吉区苅田7-8-11
電話: 06-7709-5869
営業時間: 17:00~23:00(2018年09月03日より)
定休日: 日曜日・第3月曜日
喫煙: 可
リンク: Instagram 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

ラクレット ラルゴ@地下鉄我孫子

昨年(2017年)8月に開店したダイニングバーです。料理はイタリアンバールと名乗ってもおかしくないメニュー構成ですが,バールというより「タベルナ」(taverna イタリアの大衆食堂)の方がふさわしいかな? でもイチオシの料理はオーストリア・スイス名物の「ラクレット」というチーズです。日本人なら誰でも知ってる昭和のアニメ「アルプスの少女ハイジ」に登場する「おじいさんのチーズ」です。
※画像は全てクリック(タップ)で別タブに拡大表示1280x960pxします。

ラクレット・プレート@ラルゴ

で,料理の組み立ては無視してラクレット料理から紹介。上は何種類かのラクレット・プレートのうち一番シンプルな「ジャガイモ&ベーコン」\1,280(以下税別)。アルプス地方でもこの具が基本だそうです。

ラクレット炙り器@ラルゴ

店内にあるこのラクレット専用炙り器で切り口を溶かして,客席テーブルでスタッフがナイフで皿の上に具に掛けてくれます(次に動画)。ラクレットはすぐに冷えて固まるので,急いで具の上に広げる必要があります。

[広告] VPS
※音量バーの右の四角いボタンをクリックすると全画面表示になります。「高画質を視聴」は広告です。

上の動画がその様子。このお店,SNS(特にInstagram)投稿を推奨されていますので,スタッフにひと声かければ動画撮影を快諾していただけます。なかなかに「インスタ映え」を狙ったパフォーマンスです。

ラクレット・プレート・メニュー@ラルゴ

上がラクレット・プレートのメニュー。他にも期間限定メニューが登場していることもあります。

ラクレットのパスタ@ラルゴ

こちらは「ラクレットのパスタ」\880。ラクレットはすぐに冷えて固まるので,こちらは細かく砕いたチーズをテーブルで食べる直前にスタッフがバーナーで炙って溶かします(下に動画)。この日は「ラクレットのリゾット」とともに期間限定の別メニューに乗っていたのですが,時々メニュー見直しをされているようなので,スタッフに問い合わせてみてください。

ラクレットのパスタ麺リフティング@ラルゴ

お約束の麺リフティングです。溶けたラクレットが絡んだクリームパスタになっています。

[広告] VPS
※音量バーの右の四角いボタンをクリックすると全画面表示になります。「高画質を視聴」は広告です。

こちらが「ラクレットのパスタ」の動画です。

さて,こちらのメニュー,イタリアンを中心に非常に種類が多いです。前菜からメイン,そしてパスタ・ピザ・リゾットまで。数回訪問していますが,肉系はもちろん海鮮もネタが新鮮でレベル高いですね。海鮮専門居酒屋と同レベルかな。羽曳野だったかの「モツ鍋」屋さんの新業態の2号店だとか,若者向けのリーズナブルな価格帯です。30代の店長シェフは,製菓学校出身の元パティシエだそうで,ドルチェ(デザート)も期待できそうです(辛党なので試していませんが)。フロアは基本20代らしき女性スタッフ2・3人ですが,シェフが厨房から出て来てサーブされることもままあります。また,酒類のメニューも多種多様豊富です。ワインリストも1ページ分あったかな? 他に「コース」「飲み放題」メニューもあります。

生ビール(ハイネケン)@ラルゴ

上の写真は,取り敢えずの生ビール(ハイネケン)\500。実はこれ\250で飲みました。生ビールはもう一種類「キリン一番搾り」も選べるのですが,周年などたまにある「ビールフェア」の時は何杯飲んでも半額です。今年の8月の1周年フェアは終わってしまいましたが,周年以外にも突発的にあるみたいなので,お店のSNSは要チェックです。

アフターダーク・ブラックラガー@ラルゴ

地ビール(クラフトビール)にも力を入れておられて,仕入れを時々変えながらもそれなりの種類が並んでいます。上は「アフターダーク(ブラックラガー)」\400。「ビールフェア」の時はクラフトビールも少し安くなります。

ジントニック@ラルゴ

こちらは「ジントニック」\500。銘柄は聞き忘れました。

前菜3種盛@ラルゴ

上は「前菜3種盛」\780。内容は日替りです。普通最初に頼むこのメニュー,この日は「タコ」の旨さに膝を打ち(←死語),好物のポテサラも嬉しい。以後の料理への期待が高まりましたね。

ガーリックシュリンプ@ラルゴ

「ガーリック・シュリンプ」\500。上にも書きましたが,海鮮もお勧めです。これも期間限定メニューに乗っていたのですが,あればリピート不可避です。

ハモン・セラーノ@ラルゴ

スペインの生ハム「ハモン・セラーノ」。厨房前にあったものを厚かましくテーブルまで持って来ていただきました。

生ハム@ラルゴ

で,サーブされた「ハモン・セラーノ」\780。たまに塩気が気になるお店がありますが,これは美味しくいただきました。

合鴨のスモーク@ラルゴ

「合鴨のスモーク。これもリピートしています。

で,以下はツレがオーダーしたので,メニュー名はあやふやです。間違ってたらゴメンナサイ。価格も不明です。

マグロのカルパッチョ@ラルゴ

「マグロのカルパッチョ」かな?

生春巻@ラルゴ

「生春巻」だったような。中の具は不明。確か食べたはずなんですが。

@ラルゴ

これは豚肉に見えるんですがなんだろう? 旨かったことは確か。

バゲット@ラルゴ

ツレが「バゲット」を食べたいと言ったら出て来たメニュー。パスタが付いてますね。

店内1@ラルゴ

店内客室の一部。ゆったり空間が取ってあって居心地がいいです。

店内2@ラルゴ

この仕切りの向こう。右は厨房で,左が入り口と大きめのテーブル席が1卓あります。天井近くに見えている黒板メニューも要チェック。

ダイニングバル ラルゴ Dining Baru Largo あびこ
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅下車,3号または4号出入口から「地下鉄我孫子南口」交差点の信号を渡ってTSUTAYAのビルの角に。TSUTAYAのビルの裏の駐車場の向こうの道沿いの路面店です。TSUTAYA前から徒歩1分。
住所: 大阪市住吉区我孫子東2-10-3
電話: 06-7162-2846
営業時間: 月~土・祝前日11:30~14:00(料理L.O. 14:00) 17:00~24:00(料理L.O. 23:30) / 日祝 17:00~23:00 (料理L.O. 22:30)
定休日: 水曜日(なお日祝はランチ休み)
喫煙: 可
リンク: ホームページ(クーポンあり) Instagram Facebook ホットペッパー(クーポンあり) 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

馬肉専門けとばし屋チャンピオン@地下鉄我孫子

先月(2018年1月18日木曜日)に開店した馬肉専門店。ググると市内に何店舗かあるチェーンの新店のようだ。この商店街の外れの下駄履きマンション1階,隣りは「とんがらし(居酒屋)」「中国小菜 双琉(中華)」「カジュアル鉄板 四季(鉄板焼)」と個性的な飲食店が並んでいる。
(画像は全てクリックすると別タブで拡大します。)

生ビール@けとばし屋チャンピオン

取り敢えず,生ビール(プレモル)\450(以下税別)。各テーブルには据え付けのコンロと特徴的な鉄板。焼肉,ただし馬肉がメインですね。小上がりの座敷に4~6人掛けの掘りごたつ式テーブル2卓。フロアは人数に合わせてくっつけたり離したりできるようだが,その分だけで20人以上のキャパはあるかな。店の奥の仕切りの向こうは厨房と向かい合うカウンター。カウンター席は禁煙だそうだ。全40席とのこと。

突き出し@けとばし屋チャンピオン

上の写真は,突出しの「馬肉スープ」。柔らかく煮込まれた馬肉入りで,なかなかいい出汁出してる。

極上馬刺盛り@けとばし屋チャンピオン

まずは生モノから。「極上馬刺盛り(2人前)」\1,980。スタッフがそれぞれの特徴と食べ方を丁寧に説明。

生レバー@けとばし屋チャンピオン

ツレが生肉好きだったので,更に「生レバー」\880。馬のレバーは初めてかな。いいですねぇ。なかなかイケます。特にキツイ癖もなし。

ユッケ@けとばし屋チャンピオン

も一つ生モノ「ユッケ」\780。これは私的には和牛ユッケの方がと思ったが,ツレは高評価,後で追加していた。

燗酒@けとばし屋チャンピオン

メニューには冷酒用の日本酒(純米)2種しか載っていなかったが,燗できますか?とスタッフに問うと,燗用には別に用意があると。一升瓶を席まで持って来て貰って見せていただいたが,酔っ払いの常として銘柄は失念。純米酒だったことは確か。ぬる燗でお願いしました。

ヒレ@けとばし屋チャンピオン

続けて,いよいよメインの焼肉。まずは「ヒレ」\1,280。いや,これは旨い。これはリピートするわ。牛の「ヘレ(ヒレ・フィレ・テンダーロイン)」も好物だが,馬も旨い。焼き方が難しいのでとスタッフが焼いてくれたのが上の写真。馬肉は焼き過ぎると固く不味くなるという。

カイノミ・クラシタ@けとばし屋チャンピオン

続けて「クラシタ」\980とメニューになかった「カイノミ」。一緒に乗っている「チョウチン」はオマケ。ラベルの文字が「赤」と「黒」で分けられていて,「軽く炙るだけでいい肉」と「しっかり火を通す肉」の目印だそうだ。

馬肉チャーハン@けとばし屋チャンピオン

上の写真,グランドメニューには載っていないが,壁に貼り出されていた「馬肉チャーハン」\880で〆。旨々~。炒飯としてもレベル高し。中華というより焼飯の味付だな。メニューにあった「ちょい辛麻馬麺(マーマーメン)」\620というのも気になる。
と,馬肉まみれの飲み会でした。

店舗外観@けとばし屋チャンピオン

店舗外観。この写真では分からないが,夜はガラス越しに店内客席が丸見えなので,昼間営業時間外に撮った写真。(ところで余計なお世話なのだが,このお店,「準備中」「営業中」の表示がどうも見当たらないので,ノーゲストのときは営業中かどうか迷います。通り掛かる一見さんが予め営業時間を調べて来るとは限らないかと。)

※メニュー画像(6枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

けとばし屋チャンピオン我孫子店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅下車徒歩5分。1号出入口よりマクドの右へ伸びる商店街を東へ。スギ薬局を過ぎて最初の信号の手前,道の左側のマンション1階の路面店。
住所: 大阪市住吉区苅田5-6-5 大友マンション1F
電話: 06-4703-5101
営業時間: 16:00~24:00
定休日: 不定休
喫煙: 分煙
リンク: 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

焼鳥&純米酒 鳥こまち@地下鉄我孫子

久しぶりの焼鳥。地下鉄我孫子の複数の飲み屋で別々の常連の口から「こまち」の名前がよく出て来る。いわく「Aさん来ないけど『こまち』行ってるんとちゃう?」「Bさん『こまち』一杯やからコッチ来たやろ」と。駅南口にある焼鳥屋らしい。ググると「串焼き処 日比谷 鳥こまち」という名の関東を中心に全国で手広くやっているチェーン店のようだ。で,事前の印象は「チェーンの焼鳥屋かぁ」だったが覗いてみた。
(画像は追記のメニューも含め,すべてクリックで別タブで拡大します。)

店内カウンター@鳥こまち

店の前からドア越しに覗くとカウンターはノーゲスト。入店して,上の写真の大将に迎えられ,厨房と向かい合うカウンターの適当な席に座る。席間はゆったりと取ってあって好印象。ゆったりなお店にありがちな椅子2つセットのカップル仕様になっていなくて,一人飲み客も僻まなくて済むw
ノーゲストだと思っていたら2階から奥さんが降りてきた。階段の上では数組の宴会が進行中のようだ。大将にうかがうとフランチャイズなどのチェーン店ではなく,暖簾分けのような個人店だとのこと。確かに夫婦経営のしっぽり落ち着いた居酒屋の雰囲気。

突出し@鳥こまち

取り敢えず生ビール(ヱビス)をお願いして,上の写真は突出し。

奈良の純米酒「儀助」@鳥こまち

奈良の純米酒にこだわっておられるそうで,厨房の背中のメニューにいろいろ並んでいる。「本日のおすすめ」に書いていない酒もあるという。で,生ビールに続けて,奈良の酒「儀助」をいただく。
アテは一品もメニューに並んでいるが,焼鳥屋と聞いて鶏の口になっていたので,適当に好みを頼む。まずは「すなずり」は必須。これが美味しいと気分が良くなる。って,もちろん良くなりました。メニューを拝見すると「手ごね生つくね焼」とのページに12種ものつくねメニューが並んでいる。これはいただかないと。もちろんいただいた後は更に気分が良くなりました。
で,以下まとめての写真。寿司屋の握りもそうだが,焼鳥屋の記事も写真だらけになるなぁ。

焼鳥@鳥こまち
焼鳥@鳥こまち
焼鳥@鳥こまち
焼鳥@鳥こまち
焼鳥@鳥こまち
焼鳥@鳥こまち
焼鳥@鳥こまち
焼鳥@鳥こまち

※メニュー画像(8枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

串焼き処 日比谷 鳥こまち あびこ店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅から徒歩1分。3号出入口または4号出入口の階段を登ると地下鉄我孫子南口の交差点。いずれも信号を渡り交差点南東角の「業務スーパー」の入っているビル入口階段の左隣(東側),路面店。
住所: 大阪市住吉区苅田9-15-38
電話: 06-6609-2787
営業時間: 17:00~24:00
定休日: 火曜日
喫煙: 可
リンク: ホームページ 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Instagram @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[心斎橋] [難波] [地下鉄我孫子] [長堀橋] [梅田] [日本橋] [四ツ橋] [南船場] [堺市] [天王寺・アベノ] [堀江] [南森町] [天満橋] [鶴橋] [西天満] [淀屋橋] [十三] [阪和線] [天六] [北新地] [ドーム前] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR