博多ラーメン・油そば 一号艇@地下鉄我孫子

2月10日オープンの新店。しばらく前に博多もつ鍋チェーン「いっぱち」が別業態のラーメン店を出したと聞いていたのですが、やっと先月行けました。地下鉄我孫子では初めての博多ラーメン店かな? 以前「山神山人」という極細麺の豚骨ラーメン店がありましたが,博多とは名乗っていませんでした。
※以下の画像は全てクリック(タップ)で別タブで拡大表示1280x960pxします。

博多ラーメン細麺@一号艇

いただいたのは「博多ラーメン細麺」\750(以下税込)に+100円で「味玉」トッピングです。ここの豚骨スープは一蘭や一風堂と比べると「こってり」系ですね。あまり豚骨に慣れていない方にはどうかなぁ。でも店長さんは更に濃い新商品を考案中だそうですので、そちらがこのお店の方向性のようです。
トッピングの煮玉子はキチンとタレのしゅんだ半熟味玉です。

麺リフティング@一号艇

お約束の麺リフティング。いつもの「バリカタ」でオーダーしました。「細麺」と名乗っているように極細麺ではなく,「博多風龍」と同様にやや太い細麺です。極細麺ではないので「ハリガネ」や「粉落とし」が合うかどうか不明です(博多風龍では麺に合わないと断られます)。

カスター(調味料類)@一号艇

卓上に調味料類が並んでいますのでお好みで。ツボは「辛子高菜」と「紅生姜」でした。

券売機@一号艇

上の券売機画像,「細麺」と「ちぢれ麺」の二択+「油そば」です。

営業時間@一号艇

営業時間ですが,ネットで調べるとサイトごとに違っています。私が訪問したときには入り口ドアの外側に上の案内が貼ってありました。新店ですので,変更があるかも知れません。

店舗外観@一号艇

店舗外観。「一号艇」ってオーナーが競艇ファンかどうかは不明ですw

油そば+味玉@一号艇

2度目にいただいた「油そば」\700です。好物の味玉をトッピングしましたが,デフォで温泉卵が乗っていました。ま,ここの味玉はレベル高いので没問題です。一緒に黒胡椒(ブラックペッパー)が出て来ました。

油そば@一号艇

油そばを拡大。上海の家庭料理「葱油拌麺(チョンヨーパンミェン)」のように麺に葱油を絡めていただく本場の「油そば」ではなく,日本式のタレに絡めていただく「混ぜそば」ですね。なぜか日本では「油そば」というとこれが出て来ます。

混ぜる@一号艇

油そばの作法としては出て来たらすぐに(冷めない内に)底からとことん混ぜて,具とタレを麺に絡めます。

黒胡椒@一号艇

黒胡椒をたっぷり掛けて更に混ぜます。

辛子高菜@一号艇

途中で辛子高菜・紅生姜・下ろしニンニクを乗っけて味変。また卓上の酢を回し掛けて更に味変。

油そば流儀@一号艇

このお店オススメの油そばの流儀です。

本場博多ラーメン・油そば 一号艇
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅3号出入口下車,東へ徒歩1分弱,路面店。地下鉄我孫子南口交差点より東へ,下駄履きマンション1階に間口の狭い飲食店が並んでいる一軒です。業務スーパーの斜め前,バス停付近。
住所: 大阪市住吉区苅田7-12-19 北野マンション東館1階路面店
電話: 06-6627-9595
営業時間: 11:00~15:00 / 18:30~翌1:00
定休日: 不定休
喫煙: 不可
リンク: 地図 

 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

ちょい飲み 赤ふくちぁんラーメン@地下鉄我孫子

ラーメン屋のちょい飲み。今回の記事はラーメン屋なのにラーメンは出て来ません。全てサイドメニューです。ラーメンについては最後のリンクの過去記事を。またその他のラーメンメニューについても後日投稿する予定です(昭和のコトワザに「予定はあくまで未定」という至言がありましたが)。
で,タイトルの「ちょい飲み」,「ラーメン屋を居酒屋遣い」と言ってもいいのですが,ラーメン屋の多数派としてこのお店も禁煙店,アルコールが入ると喫煙者は我慢できなくなるので,生ビール1杯で時間切れです。
※以下の画像は全てクリック(タップ)で別タブに1280x960pxで拡大します。

ちょい飲み@赤ふくちぁん

で,とりあえずアイキャッチ画像。生ビール(たぶんスードラ)は\350(以下税込)ですので,これで〆て730円です。

調味料類@赤ふくちぁん

先にカスターの調味料類を紹介。前列左から「唐揚げの塩」「胡椒」「唐辛子」「爪楊枝」,後列左から「下ろしニンニク」「ラー油」「餃子のタレ」「胡麻」です。それぞれお好みで。

で,以下それぞれのメニューの感想です。ブログの常として言うまでもないことですが,あくまで私の訪問時の個人的好き嫌いに基づく極私的感想です。

餃子@赤ふくちぁん

まず餃子,普通の日本の焼餃子です。\120/3個・\220/6個。実はこのお店,オーナーは中国の方,スタッフも2人ほど日本人がいらっしゃる(現時点)ようですが,他は中国出身ですが,メニューはあくまで日式ラーメン・日式中華で,中国風水餃子などはありません。
で,これが旨い!と書きます。極個人的嗜好ですが,地下鉄我孫子で日式大衆中華の餃子をいただくなら,「餃子舗 珉珉(みんみん)」か「赤ふくちぁんラーメン」が候補です。違いは,珉珉(みんめん)はしっとりもっちり系,赤ふくちぁんはパリパリ系です。好みやその日の気分ですね。カスターの「餃子のタレ」にお好みで「ラー油」と「下ろしニンニク」を加えて,小皿に入れていただきます。

唐揚げ@赤ふくちぁん

続けて唐揚げ,\160/2個・\320/4個。これも個人的にはオススメ。いい鶏肉を仕入れるルートをフランチャイズ本社が持っているようです。で,格安です。大きさは実はその日によってアバウトですが,だいたい女性のこぶし大の唐揚げ2つで160円です。カスターの「からあげの塩」を小皿に取っていただきます。

春巻@赤ふくちぁん

上の画像「意外な春巻」です。\180/2個。具がクリーミーです。クリームコロッケならぬクリームスプリングロールです。でも旨い。

と,以上3品がオススメ,リピートしてます。とにかく安くて旨い(注文を受けてから揚げ・焼き始めるので「早い」とは言えませんが)。ミナミで飲んで地下鉄で帰って来た時など,ちょっと〆ラーメンでもキメようと入店するのですが,ラーメン屋でラーメン食べた回数より「〆飲みした回数」の方が多いお店です。入店するまでは〆ラーメンのつもりなんですが,券売機の前に立つと,つい生ビールと唐揚げのボタンを押してしまいます。

以下2品は一度食べてみただけでリピートしていませんが,それはあくまで私の個人的好き嫌いです。

揚焼売@赤ふくちぁん

揚げ焼売\180/3個。日式中華では当たり前に出てきますが,本格中華では出て来ない「辛子」の小袋がちゃんと付いて来ます。ここはあくまで日式大衆ラーメン店ですね。うーん,具の旨味が弱いように個人的には感じました。

焼き飯@赤ふくちぁん

焼き飯,いくらだったっけ? ゴメンナサイ,私の好みではありませんでした。でも,たまたまかもしれません。

メインメニュー@赤ふくちぁん

店頭のメインメニュー,入店前にゆっくり検討できます。これ以外のメニューもあります。なお,ラストオーダーが未明3時45分で年中無休(今年は大晦日元日も通常営業でした)のお店なので,他の飲食店の閉店する深夜12時前ぐらいから混み出します。夜11時以前は空いています。

過去の「赤ふくちぁんラーメン」の記事:
    2018/12/07 : 赤ふくちぁんラーメン@地下鉄我孫子 

赤ふくちぁんラーメン あびこ店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅下車,1号出入口より東へ1分弱,あびんこ商店街マクドナルドのならびの数軒先,路面店。
住所: 大阪市住吉区苅田5-19-11
電話: 06-7709-5488
営業時間: 11:00~翌04:00(L.O.03:45)
定休日: 無休
喫煙: 不可
リンク: 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

うどん 牛めし松屋@牛丼チェーン

大手牛丼チェーンの一角,牛めしの「松屋」が店舗限定で「うどん」メニューをやっています。気が付いたのは1月下旬頃なので年が明けてから始まったのでしょうか。飲みの〆には,〆ラーメンよりも〆うどん〆蕎麦の方が健康的だと思うのですが,朝までやってるラーメン屋はあっても,うどん蕎麦屋は営業終了時間が早いですね。でも,松屋は24時間営業なので,これからはいつでも〆うどんがキメられます。
※以下の画像はクリック(タップ)で別タブに拡大表示1280x960pxします。

きつねうどん@松屋

上の画像は定番の「きつねうどん」350円(以下税込)です。丼に入り切らずに折りたたまれた大きな味付き薄揚げ(油揚げ)が乗っているのが嬉しいです。出汁も含め上方風の味付けですので甘いお揚げさんで,たっぷり出汁の旨味の染みこんだレベル高い味付けです。

七味@松屋

松屋って,3種の焼肉のタレとか調味料が充実しているのですが,当然カスターに七味の用意もあります。

きつねうどんリフティング@松屋

お約束の麺リフティング。大阪風の柔らかい,出汁の旨味で食わせるうどん麺です。

うどんメニュー@松屋

店頭のメニュー。実は「担々うどん」に惹かれて入ったのですが,既に限定数量が終了していました。ミニうどんの設定もあるので,牛めし・定食などの汁物としてもオススメのようです。

カレーうどん@松屋

別の日に試した「カレーうどん」350円。

カレーうどんリフティング@松屋

松屋のカレーライスは,結構攻めてくる辛さなんですが,こちらはそこまで辛くはなく「あっさり」としたカレーうどんです。

和風カルボナーラうどんメニュー@松屋

上の画像,2月に入ってからでしょうか,きつねうどんで〆ようと松屋まで行くと店頭のメニューが変わってました。「復活」ということは以前もやっていた期間限定メニューなのでしょうね。

和風カルボナーラうどん@松屋

「和風カルボナーラうどん」430円。「半熟卵」「バター」「ベーコン」「黒胡椒」で,カルボナーラ風に仕上げています。スパゲティメニューのカルボナーラはクリーム系のどっしりとしたパスタ料理ですが,こちらはあっさりと大阪うどんの範疇に収まっています。実はこれ,気に入ってしまって何回もリピートしているので,上の画像はそのうち一番「インスタ映えw」のヤツを選びました。

和風カルボナーラうどん(まぜまぜ)@松屋

出て来たら冷める前に急いで徹底的にまぜまぜします。特に冷めちゃうとバターが溶けなくなるので,インスタ投稿している場合ではないです。

和風カルボナーラうどんリフティング@松屋

で,麺リフティング。

下の画像は,今日現在の松屋のサイトのメニューページのPCブラウザ画面のスクショです。

松屋HPうどんメニュー

大阪市内の店舗を中心に東は石川県から西は福岡県までの179店舗が取り扱っているようですね。それぞれの「取扱い店舗」のボタンをクリックすると個別メニューの取扱い店舗検索ページに飛びます。オリジナルページのリンクは「 こちら 」 です。
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

薩摩料理 燈火@地下鉄我孫子

大阪市内 Deep South の場末も場末,地下鉄我孫子のオッチャンと若いお嬢さん方が愛してやまなかった,ランチから朝5時までパートのオバちゃんがラーメンと簡単な中華メニューを作ってくれて,キムチ食べ放題(ラーメンにキムチは合います)の大衆ラーメン「なにわラーメン」が閉店した後に昨年(2018年4月)開店した薩摩(鹿児島)料理がウリの大衆居酒屋。店内の雰囲気から(確認していないけど)たぶんチェーン店かと。
※以下の画像は全てクリック(タップ)で別タブで拡大表示1280x960pxします。

とりあえず生ビール@燈火

取り敢えずの生ビールと突き出しとカウンターの雰囲気。以下いつもの価格表示は省略しますが,店舗データ直後の「続きを読む」をクリックするとお店のメニュー画像が表示されますので,そちらでご確認ください。

きびなごの唐揚げ@燈火

で,鹿児島,薩摩の魚といえば「きびなご」。以前ミナミで刺身でいただいて,始めてだったので出て来た刺身醤油とワサビでいただいたのですが,食べられないことはないが,やたらとクセの強い魚でした。後でググると鹿児島では酢味噌でいただくと知って納得しました。で,お店のスタッフに伺ったのですが「きびなご刺身」はないと。で,メニューの「きびなご唐揚げ」をいただきました。チェーン店らしくあるものは全てメニューに書いてあるようです。で,これは唐揚げにすることによってクセが気にならなくなっていたので,きびなご初心者にオススメです。

カスター@燈火

カスターの調味料です。左端の「鹿児島の濃口醤油」が気になります。噂では九州の醤油は「甘い」とか。ところが「きびなご唐揚げ」にはマヨネーズが付いてきたので,なんちゃってマヨラーとしてはついうっかり鹿児島醤油を試すのを忘れてしまいました。

薩州正宗@燈火

生ビールの後は日本酒を。「薩州正宗」純米吟醸という初めて聞く名前ですが他に選択肢もないのでお願いしました。価格の安さが不安です。

なみなみと@燈火

なみなみとサービスされました。これでいろいろ言うのは心苦しいので後は小さな声ですが(昭和の二級酒の味です)むにゃむにゃ。

以下,連続写真4枚。この記事はこれがメインです。薩摩ではなく奄美名物の鶏飯,「とりめし」ではなく「けいはん」と読みます。

鶏飯1@燈火

上の写真がカウンターにサーブされた奄美鶏飯です。なかなかにインスタ映えwするメニューです。

鶏飯2@燈火

まず,自分でご飯の上に具を乗せていきます。上の写真は当日のインスタ投稿(こちら)にも載せた画像で,当然インスタ映えwを狙って具を並べています。

鶏飯3@燈火

で,熱々の出汁を注いで「だし湯漬け」にします。

鶏飯4@燈火

最後に海苔を乗っけて出来上がり。出来上がりもインスタ映えw。以上で想像が付くと思いますが,飲みの〆にピッタリのお酒で弱った胃に優しいメニューです。奄美人の知恵は凄いなぁ。オマケに「旨い!」。以前ミナミのお店で一度だけいただいたんですが,次に行ったらもうメニューから消えていました。久しぶりに再会出来た上にレギュラーメニューなのが嬉しいです。

で,ここから余分なウンチクを書くのが還暦過ぎのオッサンの悪いところですが,読み飛ばして次のパラグラフに行ってください。
奄美って元々は独立した地域だったんですよね。でも中世の早い時期に沖縄(琉球王朝)の侵略を受け併合されました。が,次に島津の沖縄侵攻で今度は島津に切り取られました。その結果,いまでも奄美地方は鹿児島県の領土です。NHKの大河ドラマでは,さも島津が沖縄から奪ったように描かれていましたが,奄美の人々にとっては沖縄も島津も侵略者です。
と私見ですが。

店舗の印象ですが,なにわラーメンの後を新たに造作し直した新規の明るく清潔な店内です。カウンターと小上がりの座敷席メインのようですが,奥にテーブル席もあるようです。それなりの広さですが大箱というほどでもない店内に若い男女スタッフが6・7人でしたでしょうか。充分にサービスが行き届いています。3・4人の方と言葉をかわしましたが,みなさん鹿児島県出身でした。店内,USENのWi-Fiがメアド登録かSNSアカウント登録でどなたでも利用可能です。SSIDにFreeの付く方です。もう一つのUSENはお店のオーダー入力端末(スマホ)専用です。実は開店前から「薩摩炉端」のお店のできるのは知っていたのですが,安く飲めるお店なのでいつも盛況でした。この日はたまたま通り掛かると空いていたので入店しました。一人飲みでもない限り予約された方がよいでしょう。なお「炉ばた」と名乗ってはりますが,「炉端」と聞いて思い浮かべる「炉の周りにネタが並びカウンターがその周りを囲む」ようなタイプのお店ではなく,普通のチェーンの居酒屋さんです。ま「炉端風料理を出す」という意味でしょう。

※店舗データ下の「続きを読む」でメニュー画像10枚が表示されます。

薩摩×炉ばた 燈火 (ともしび)
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅下車徒歩4分。1号出入口を上がってマクドの前から「あびんこ商店街」を東へ。2つ目の十字路を右(南)へ曲がると一つ目の十字路角が煮干しラーメンで有名な「中華そば 閃(せん)」,過ぎて次の十字路の角,目立つ路面店。
または3号出入口から東へ2つ目の信号(途中に阪和記念病院)セブン-イレブンの角を左(北)へ曲がって次の十字路。こちらの方がやや近い。
※「閃」の向かいにコインパーキングがあります。
住所: 大阪市住吉区苅田7-5-13
電話: 06-6654-9731
営業時間: 15:00~24:00(フードL.O. 23:00,ドリンクL.O. 23:30)
定休日: 火曜日
喫煙: 可
リンク: 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

赤ふくちぁんラーメン@地下鉄我孫子

あびんこ商店街入り口からすぐのマクドナルドの並びにあった神戸が本拠のラーメンチェーン「三豊麺」が1年足らずで閉めた後に入った新店(2018年10月25日開店)。三豊麺は都心でも手広くやっているのだが,資本系は見極めが速いね。三豊麺閉店後すぐに開店したので同じ資本の別ブランドかと思ったが違うみたい。「大阪ふくちぁん」という別のラーメンチェーンがあるのだが,ここは「赤ふくちぁん」,関係は不明。看板に「ASUTO JAPAN」とグループ名があるのでFC店にでもなるのかな? 直営系列店ではないらしいので「大阪ふくちぁん」でやっている食べ放題のキムチバーはない,残念。「大阪ふくちぁん」のポイントカードや割引券なども使えないと明記してある。
※以下の画像はクリック(タップ)で別タブで拡大表示1280x960pxします。

赤ふくちぁんラーメン@赤ふくちぁん

上の画像は,店舗入って左の券売機の左上の一押し定番のボタン「赤ふくちぁんラーメン」\800(以下税込)。味玉など一通りのトッピングの乗ったよくあるメニュー。

カウンター卓上@赤ふくちぁん

卓上のカスターにはラーメン・餃子・唐揚げのための調味料がならんでいる。

赤ふくちぁんラーメンその2@赤ふくちぁん

で,唐辛子・ニンニクとたっぷりの胡椒・胡麻を投入。スープは豚骨,具はチャーシュー・味玉・支那竹(メンマ)・海苔・きくらげ・もやし・ねぎとオールキャスト。いずれも資本系っぽい万人向けのそつのない仕上がり。豚骨にも特にクセがないので飽きが来ずにいただけるタイプの大衆ラーメン店の味ですな。

麺リフティング@赤ふくちぁん

お約束の麺リフティング。中細ストレートのオーソドックスな麺。なお食券を渡すときに「やわらか目?かた目?」と麺の固さを問われるので,お好みで。

大阪中華そば@赤ふくちぁん

上の画像は,別の日にいただいた,一番リーズナブルな価格の「大阪中華そば」\580。豚骨ではなく,あっさり醤油スープの「支那そば」。飲みの〆に軽くラーメンをというときにはこちらですね。

店頭のメニュー@赤ふくちぁん

券売機が照明のチラツキで上手く写せなかったので,店頭のメニュー看板。ま,オーソドックスな大衆ラーメン店のメニューでランチにも,軽く飲むにも,〆にも使えるかと。

トッピングメニュー@赤ふくちぁん

卓上のトッピングメニュー。席に着いてから思い付いた時にはわざわざ券売機に戻らずとも現金での支払い可。

持ち帰りメニュー@赤ふくちぁん

「焼豚」と「冷凍生餃子」持ち帰りのメニュー。

店頭風景@赤ふくちぁん

大阪の場末(下町ともいう)には合っているごちゃごちゃとした店頭風景。
店内は奥に細長い変形コの字カウンター12席と店内奥に4人掛けテーブル席1卓があるよう。2回の入店とも同じスタッフさんお二人で,店長らしき男性と調理担当の女性。お二人とも華人系のようで言葉に訛りあり。

赤ふくちぁんラーメン あびこ店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅下車,1号出入口より東へ1分弱,あびんこ商店街マクドナルドのならびの数軒先,路面店。
住所: 大阪市住吉区苅田5-19-11
電話: 06-7709-5488
営業時間: 11:00~翌04:00(L.O.03:45)
定休日: 無休
喫煙: 不可
リンク: 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。
日々の食べ歩きは Instagram https://www.instagram.com/jackkageyama/ でほぼ毎日呟いています。9割以上の画像が料理・お酒など飲食関係ですので覗いてみてください。
Twitter https://twitter.com/JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[心斎橋] [難波] [地下鉄我孫子] [長堀橋] [梅田] [日本橋] [四ツ橋] [南船場] [堺市] [天王寺・アベノ] [堀江] [南森町] [天満橋] [鶴橋] [西天満] [淀屋橋] [十三] [阪和線] [天六] [北新地] [ドーム前] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR