馬肉専門けとばし屋チャンピオン@地下鉄我孫子

先月(2018年1月18日木曜日)に開店した馬肉専門店。ググると市内に何店舗かあるチェーンの新店のようだ。この商店街の外れの下駄履きマンション1階,隣りは「とんがらし(居酒屋)」「中国小菜 双琉(中華)」「カジュアル鉄板 四季(鉄板焼)」と個性的な飲食店が並んでいる。
(画像は全てクリックすると別タブで拡大します。)

生ビール@けとばし屋チャンピオン

取り敢えず,生ビール(プレモル)\450(以下税別)。各テーブルには据え付けのコンロと特徴的な鉄板。焼肉,ただし馬肉がメインですね。小上がりの座敷に4~6人掛けの掘りごたつ式テーブル2卓。フロアは人数に合わせてくっつけたり離したりできるようだが,その分だけで20人以上のキャパはあるかな。店の奥の仕切りの向こうは厨房と向かい合うカウンター。カウンター席は禁煙だそうだ。全40席とのこと。

突き出し@けとばし屋チャンピオン

上の写真は,突出しの「馬肉スープ」。柔らかく煮込まれた馬肉入りで,なかなかいい出汁出してる。

極上馬刺盛り@けとばし屋チャンピオン

まずは生モノから。「極上馬刺盛り(2人前)」\1,980。スタッフがそれぞれの特徴と食べ方を丁寧に説明。

生レバー@けとばし屋チャンピオン

ツレが生肉好きだったので,更に「生レバー」\880。馬のレバーは初めてかな。いいですねぇ。なかなかイケます。特にキツイ癖もなし。

ユッケ@けとばし屋チャンピオン

も一つ生モノ「ユッケ」\780。これは私的には和牛ユッケの方がと思ったが,ツレは高評価,後で追加していた。

燗酒@けとばし屋チャンピオン

メニューには冷酒用の日本酒(純米)2種しか載っていなかったが,燗できますか?とスタッフに問うと,燗用には別に用意があると。一升瓶を席まで持って来て貰って見せていただいたが,酔っ払いの常として銘柄は失念。純米酒だったことは確か。ぬる燗でお願いしました。

ヒレ@けとばし屋チャンピオン

続けて,いよいよメインの焼肉。まずは「ヒレ」\1,280。いや,これは旨い。これはリピートするわ。牛の「ヘレ(ヒレ・フィレ・テンダーロイン)」も好物だが,馬も旨い。焼き方が難しいのでとスタッフが焼いてくれたのが上の写真。馬肉は焼き過ぎると固く不味くなるという。

カイノミ・クラシタ@けとばし屋チャンピオン

続けて「クラシタ」\980とメニューになかった「カイノミ」。一緒に乗っている「チョウチン」はオマケ。ラベルの文字が「赤」と「黒」で分けられていて,「軽く炙るだけでいい肉」と「しっかり火を通す肉」の目印だそうだ。

馬肉チャーハン@けとばし屋チャンピオン

上の写真,グランドメニューには載っていないが,壁に貼り出されていた「馬肉チャーハン」\880で〆。旨々~。炒飯としてもレベル高し。中華というより焼飯の味付だな。メニューにあった「ちょい辛麻馬麺(マーマーメン)」\620というのも気になる。
と,馬肉まみれの飲み会でした。

店舗外観@けとばし屋チャンピオン

店舗外観。この写真では分からないが,夜はガラス越しに店内客席が丸見えなので,昼間営業時間外に撮った写真。(ところで余計なお世話なのだが,このお店,「準備中」「営業中」の表示がどうも見当たらないので,ノーゲストのときは営業中かどうか迷います。通り掛かる一見さんが予め営業時間を調べて来るとは限らないかと。)

※メニュー画像(6枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

けとばし屋チャンピオン我孫子店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅下車徒歩5分。1号出入口よりマクドの右へ伸びる商店街を東へ。スギ薬局を過ぎて最初の信号の手前,道の左側のマンション1階の路面店。
住所: 大阪市住吉区苅田5-6-5 大友マンション1F
電話: 06-4703-5101
営業時間: 16:00~24:00
定休日: 不定休
喫煙: 分煙
リンク: 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

肉炉ばたBECO@東心斎橋三休橋筋

東心斎橋を飲み歩いていて前を通るたびに気になっていたオシャレなお肉屋さん。いつも盛況だが,たまたま休前日だが6時過ぎと早い時間に通りかかるとカウンターに一組だけ(ガラスドアから中がよく見えます)。こういうお店はこの時間に空いていても予約で満席なことが多いからなぁと取り敢えず覗いておとなうと空いているとのこと。入店しL字カウンターの端に座る。
初めてだというと,シェフがいろいろ説明して下さった。黒毛和牛の炉端焼きということで,シェフが焼いて提供していただけると。メニューを拝見すると赤身専門の焼肉屋さんのオシャレバージョンのようだ。
(以下の画像は全てクリックすると別タブで拡大します。)

生ビール(ヱビス)@肉炉ばたBECO

取り敢えず「生ビール(ヱビス)」\450(以下税別)。

キムチ@肉炉ばたBECO

突き出し代わりにお願いした「キムチ」\450。定番の白菜キムチですね。キムチって焼肉屋でつい最初に頼んじゃうんだけど,いつも一口二口食べただけで焼肉に移行して残してしまう。ここのは完食しました。
なおオシャレな店によくあるチャージ料金はなしです。

えのき@肉炉ばたBECO

で,焼物です。まとめてお願いしたのだが,まずは「えのき」\420。茸類はなんでも好きです。

南瓜@肉炉ばたBECO

続けて「南瓜」\420。もちろん緑黄色野菜も好物なんですが(白物野菜はかさばるだけでビタミンC以外の大した栄養もないので好きくない),ちょうど冬至の日で「冬至かぼちゃ」代わりにいただきました。これ,この日の大ヒット。甘い!旨い!こんな美味しい南瓜かぼちゃはひょっとしたら今まで食べたことがなかったかも。シェフに聞くと「ちょうどカボチャの美味しい季節ですから」とそっけないご返事でした。

うちもも@肉炉ばたBECO

で,いよいよメインのお肉です。それぞれの部位の特徴を丁寧に説明していただき選んだのが「うちもも(103g)」\1,545。もちろん黒毛和牛の霜降りの脂がよく乗っています。「塩・茎山葵・出汁醤油」の3種をお好みで。

店内@肉炉ばたBECO

店内は,L字カウンター10席と,奥に半個室の4人掛けテーブル1卓。(画像は一部加工しています。)

外観@肉炉ばたBECO

店舗外観。いただいたショップカードに拠ると,京橋を本店に5店舗のグループのようです。「肉炉ばた」を名乗っているのはここ心斎橋店だけで,他4店舗は「ステーキ食堂」とありますね。

※メニュー画像(4枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

肉炉ばたBECO 心斎橋店
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅下車。大丸北館と本館の間の東西の道(大宝寺通)を心斎橋筋のアーケードを横切って東へ2つ目の十字路を南へ右折。三休橋通りを南へ1つ目の(清水町との)十字路を過ぎた先,右側の路面店。徒歩5分ぐらい,長堀橋駅からも同じぐらい。
住所: 大阪市中央区東心斎橋1-16-32 ビース50ビル1F
電話: 06-4977-3651
営業時間: 18:00~23:00(L.O.)
定休日: 月曜日・第2第4火曜日
喫煙: 可
リンク: Facebook ぐるなび 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋] [長堀橋]

焼肉・朝鮮料理 ハヌル@地下鉄我孫子

5年ぶりの焼肉の記事です。別にその間も1・2カ月に1回ぐらいは焼肉してたんですけどね。いつも同じ店なので過去に記事にしていたので書いていませんでした。
で,時々お店が入れ替わっている駅前の下駄履きマンションの1階路面店。以前の焼肉酒場が閉店した後,何が出来るかなぁと通るたびに見ていたんですが,7月頃にスタッフ募集の張り紙が。ほどなく看板が上がって焼肉と朝鮮料理のお店だ。駅から離れたところには何軒か朝鮮料理店があるが,駅前の便利な場所は初めてだな。期待して待っていると(2017年)8月9日に新規オープン。
※ 今回は2回分を1つにまとめたので,追記を入れて画像22枚と長い記事になってしまいました。分けりゃ良かった。なお画像は全てクリックすると別タブで拡大します。

【朝鮮料理編】 開店当初は混むだろうとほとぼりが冷めてからやって来た「黒毛和牛焼肉と韓国料理 ハヌル」。「ハヌル」ってググると朝鮮語で「空」という意味だとか。焼肉はいくらでも店舗があるが本格的な朝鮮料理はあまりない。で,エスニック好きとしては朝鮮料理が目的。で,初回から焼肉屋で焼肉を一切食べないという暴挙に出てしまった記録。
入店しようとすると食べ終わったカップルが出て来た。お店の女性がお見送り。で,「韓国料理,食べれます?」とうかがって入店。夜遅い時間だったのでノーゲストだった。入店後,バイトらしき女の子は帰宅。アラフォー(間違っていたら失礼! オッサンには女性のお歳は分からない)らしきご夫婦でやっておられる。ご主人が厨房で,奥さんがマネージャー兼フロア担当。

生ビール@焼肉ハヌル

取り敢えず,生ビール(スードラ)中ジョッキ\450(以下税別)。卓上には「本日のおすすめ」の可愛らしいA型看板。裏はチヂミなどの案内。

ナムル@焼肉ハヌル

取り敢えず,突出しの定番「ナムル」。イケます。野菜も摂らなきゃね。

チャプチェ@焼肉ハヌル

朝鮮料理屋に入るといつも前菜に頼む「チャプチェ」\650。春雨炒めですね。甘くなく普通に美味しい。後でうかがったところでは,お二人とも在日(オールドカマー)だそうだ。以前,ニューカマーのやっておられる朝鮮居酒屋でいただいたときはチャプチェが甘過ぎて閉口したが,そのことをうかがうと現地のチャプチェは甘いそうだ。オールドカマー経営の朝鮮料理店は日本人の口に合わせているんだなぁと納得。

生マッコリ@焼肉ハヌル

続けて,いつもの好物「生マッコリ」グラス\380。鶴橋から仕入れている自慢の生マッコリだとか。確かに旨い。これはお代わり。

海鮮チヂミ@焼肉ハヌル

続けて,「海鮮チヂミ」\750。メニューの選び方がベタですね。ま,初回ということで(お店には失礼だが)小手調べ。「チーズチヂミ」という珍しいメニューがあったので興味を引かれたのだが,お酒が入った時は小食なのでちょっと重いかと今回はパス。たっぷりのトロケるチーズの上にケチャップが乗っているとか。ケチャップ嫌いは抜いてもいただける。
チヂミは薄いパリパリ系ではなく,ちょい厚めの粉モン感。現地ではもっと分厚いチヂミもあるとか。

で,客が私一人だったので,ずっと奥さんと話していた。色々朝鮮料理の話も聞かせていただいて有意義な一食の時を過ごさせていただいた。サービスで出していただいた朝鮮カボチャも美味しくいただきました。
と,この日のお勘定は,消費税8%が付いて2,810円。10円未満は切り捨て。

【黒毛和牛焼肉編】 さて初回訪問は「焼肉屋で焼肉を一切食べない」という失礼をしてしまったので,後日「今日は焼肉だぁ!」と心を決めて一人焼肉。今回は複数の先客グループ・カップルがいらっしゃり,フロア担当のバイトさんも複数。

生ビール@焼肉ハヌル

例によって,生ビール(スードラ)中ジョッキから。後で「生マッコリ」グラス\380を追加。「本日のおすすめ」は前回と変わっている。で,焼肉屋の「一人前」って複数で取り分けることを前提にしているので,焼物一品を頼むと一皿で満腹してしまう。確かに「一人前」だけど。で,もちろんいろいろ食べたいので「本日のおすすめ」の4品セットを。

希少部位塩盛り@焼肉ハヌル

上の写真は「希少部位 塩盛り 4品セット」。お店は活発にインスタ(Instagram)で情報発信されているので,確かに「インスタ映え」のするビジュアル。なお,本来は各部位2切れずつのカップル仕様なのだが,私が小食だとご存知なので,1切れずつにしましょうかとご提案いただく。で,価格は半額の\1,150。
さて,各部位は,写真右から,マキロース・ササミバラ・サガリ・カタコブ。最近の焼肉業界は各部位を更に細分化して個別に名前を付けるので,希少部位が増えていますね。希少部位をいただいても,焼肉音痴なので「脂っこく重い←→あっさり軽い」ぐらいの違いしか分からず申し訳ない。
で,お肉はその日によって良質なものを仕入れているそうで,この日は佐賀牛黒毛和牛。

トング@焼肉ハヌル

さて,いよいよ焼きます。トングがオシャレだったのでパチリ。

炭火焼肉@焼肉ハヌル

こんな感じで炭火。吸気筒は煙草の煙も吸ってくれて便利。

炭火焼肉@焼肉ハヌル

トングがあるのに自分の箸で焼いていて指摘されて気付く。実はいつもツレに焼いて貰っているのでトングを触ったことはほとんどないんだった。鍋奉行ならぬ焼肉奉行には決して逆らわない良ゐ子。

焼肉のタレ・わさび@焼肉ハヌル

ワサビと焼肉のタレ。

塩2種・レモン@焼肉ハヌル

塩2種とレモン。それぞれお好みでどうぞ。

にんにく・ヤンニョンジャン@焼肉ハヌル

下ろしニンニクとヤンニョンジャンはデフォでは出て来ないのでリクエスト(と,卓上のメニューに書いてある)。

ライス(中)@焼肉ハヌル

「ライス中」\200。焼肉には白ご飯でしょ。

タンユッケ@焼肉ハヌル

そういやいつもは生モノから初めて,次に塩タンから焼きに入るなと思い出し,「ユッケかハート刺ありますか?」とうかがったが,残念ながら用意がないそうだ。しばらくして「タンユッケ」ならできますというので,「タン刺し」をユッケにしていただいた。初めて食べる。「タン刺し」\1,150。これは「一人前」なのでたっぷりの量。いやいや偶然メニューにない珍しい物をいただけた。
と,この日のお勘定は,消費税8%が付いて3,560円。10円未満は切り捨て。

※店舗画像(3枚)・メニュー画像(4枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

黒毛和牛焼肉と韓国料理 ハヌル
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅1号出入口より徒歩1分,路面店。マクドの前から商店街を東へすぐの十字路を南へ右折。角は粉モンお持ち帰り専門の「じゃんぼ總本店」。道の右側少し先に「お好み焼き くる」「スープカレー ラマイ」と並んで次のお店。更に隣りの「串かつ 味彩」との間。
住所: 大阪市住吉区苅田7-12-5 セントラルハイツ103
電話: 06-4703-5529
営業時間: 17:00~22:30
定休日: 火曜日
喫煙: 可
リンク: ホームページ ホットペッパー Twitter Instagram 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

肉匠 牛虎@地下鉄我孫子

月に1・2回は行くお気に入りの焼肉屋。駅前の便利なところにそれなり広さの店がある。この場所,北へ移転したドコモショップの跡地。4~6人掛けのテーブル席が7卓にカウンター席が少しある。天井から吸気筒が下がっていて,その下に薄型の七輪が置かれる炭火焼。私は生ビールで乾杯した後は,いつもマッコリのボトルをいただくが,焼酎などもそれなりの品揃え。

ハート刺し・ユッケ@牛虎

で,取り敢えず生もの。残念ながらレバ刺しはメニューから消えた。上の写真はハート刺しとユッケ。ユッケは時節柄,馬。このハート刺しの食感がなかなかいいのだが,事前に予約しておかないとなくなることが多い。

塩タン@牛虎

焼物の最初はやはり塩タン。厚切り・薄切り何種類かあるが,やはり黒毛和牛特上塩タンが別格で旨い。

三日月リブロース@牛虎

こちらも予約しておかないとなくなることがある「三日月リブロース」。上質の甘みのある脂が旨い。ハラミに続けて食べるとその旨みの方向性の違いが食欲をそそる。

三日月リブロース・上ハラミ・ソーセージ@牛虎

上の写真は,三日月リブロース・上ハラミ・ソーセージ。ソーセージを食べるとBBQを思い出す。焼肉には白ご飯がピッタリ合うが,大・中・小とあるご飯は盛りが多めなので要注意。大などお茶碗にてんこ盛り。

盛岡冷麺@牛虎

〆はビビンバ・クッパ・冷麺など。普通の朝鮮冷麺もあるが,上の写真,盛岡冷麺が太麺でなかなかに旨い。

肉匠 牛虎(にくしょう ぎゅうこ)あびこ店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅徒歩1分。北口と南口の中間,あびこ筋西側沿い。
住所: 大阪市住吉区我孫子東2-7-5
電話: 06-6692-2941
営業時間: ランチ 11:30~15:00(L.O.14:30) / ディナー 月~土 17:00~翌01:30(L.O.01:00) 日・祝 17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日: 不定休
喫煙: 可
リンク: ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

ヤマダモンゴル 道頓堀店@西心斎橋

先週の日曜日の訪問。北海道人でもないのだが,定期的に羊が食べたくなる。で,ジンギスカン。スポタカの北の通りを入ったところにある「ヤマダモンゴル」道頓堀店へ行く。「道頓堀」と行っても住所は西心斎橋,宗右衛門町の西続きになる。先日行った「李家風餃子房」と同じ大喜ビルの1階。
この店,何回か来ているが,結構流行っているようで,予約しようとして振られることもある。が,今日は日曜だからか席に余裕があった。
で,席に着いてとりあえず生ビール\304。ツレはカルピス\262。この店,ドリンク類は安い。

生ラム肉3種セット@ヤマダモンゴル

で,まずはメインの「生ラム肉3種セット」を2人前。上もも肉・ショルダー肉・ロース肉の盛り合わせ。1人前\1239だが,ホットペッパーのクーポンで\980になる。上の写真は2人前だが,すでに上もも肉を数切れ,スタッフが焼き始めている。

ラムタン@ヤマダモンゴル

上の写真は追加で頼んだ「ラムタン」\787。一時メニューから姿を消していたが,また復活している。

ジンギスカン@ヤマダモンゴル

で,スタッフがセットしてくれたジンギスカン。七輪の炭火の上にジンギスカン鍋。野菜は生ラム肉3種セットに含まれている。
タレは,味噌ダレと醤油ダレの2種。両方に下ろしニンニクをたっぷり入れて交互に肉をいただく。久しぶりの羊肉が旨い。ラムタンは軽く炙って塩と胡椒でいただく。牛タンとはまた違った味わい。

冷やしトマト@ヤマダモンゴル

ツレがあっさりしたもので口直しがしたいと言うので,冷やしトマト\294を取る。

ホッピー@ヤマダモンゴル

生ビールの後は,大阪では珍しい「ホッピー」\304。私はこの店でしか飲んだことがないが,関東地方ではありふれた存在らしい。氷と焼酎の入ったジョッキに「ホッピー」という炭酸水を入れて飲む。ホッピーは半分残るので,追加の焼酎が\189。

あがりラーメン@ヤマダモンゴル

と羊で満腹して〆は,この店での楽しみ「あがりラーメン」\262を2人前。これが旨い。ジンギスカン鍋を片付けた七輪の上にお湯を張った両手鍋を置いて麺を投入。約2分待つ。

あがりラーメン@ヤマダモンゴル

で,ジンギスカンの醤油ダレをお湯で割って胡麻と葱を入れて,つけ麺としていただく。これは食が進むねぇ。男同士なら一人当たり2人前頼んでも大丈夫。
と満足して,勘定は2人で4,624円。

ヤマダモンゴル 道頓堀店
アクセス: 難波または心斎橋駅下車。御堂筋からスポタカ(スポーツタカハシ)の北の道を西に入って,道の右側のビルの1階。
住所: 大阪市中央区西心斎橋2-4-8 大喜ビル1F
電話: 06-6212-2135
営業時間: 17:00~24:00
定休日: 無休
喫煙: 可
リンク: ホットペッパー 地図
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [難波] [心斎橋]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Instagram @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[心斎橋] [難波] [地下鉄我孫子] [長堀橋] [梅田] [日本橋] [四ツ橋] [南船場] [堺市] [天王寺・アベノ] [堀江] [南森町] [天満橋] [鶴橋] [西天満] [淀屋橋] [十三] [阪和線] [天六] [北新地] [ドーム前] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR