地酒 はな酒バー@西心斎橋アメリカ村

以前から時々台湾料理をいただきに行っているアメ村の「味庵茶房」,右隣りの「酒バー」が気になっていたの入店。ドアのない入口を入ると奥のドアまでの通路にもテーブル席が。テラス席というのかな? でも路上ではなく,あくまで建物内,入り口にドアがないだけで,雨の日でも普通に利用可能ですね。当然冷暖房は効いてませんが,ちょうどいい季節。通路奥のドアをくぐって室内に入ると左奥にL字カウンターと厨房,壁側はテーブル席が4つ(?)ほどだったかな? 通路から全て木材を強調した明るく清潔感のある内装で居心地が良い。なお,厨房の業務用冷蔵庫の上に専用Wi-FiのSSIDとパスワードを書いた紙が貼ってある。
※以下の画像は全てクリック(タップ)で別タブに拡大表示1280x960pxされます。

テラス席テーブル@はな酒バー

ドア内は禁煙なので,喫煙者の私は通路席に。2人席テーブルが3つ。先客は常連らしき白人男性が1人。室内はさすがに華金夜とあってカウンターでの立ち飲みも含めてテーブル1つを残すのみの盛況。いわゆる「外人さん」(つまり白人客)の方が多い。帰り際にスタッフにうかがったところ,今日は珍しく多いが普段は外人客は1・2割とのこと。スタッフは英語が流暢。

日本酒利き酒セット@はな酒バー

で,地酒推しのお店なので,「日本酒利き酒セット(3種)」\900(以下税込)。甘辛,味に変化がある取り合わせ。

自家製燻製盛り合わせ@はな酒バー

アテは「バー」なのでオツマミ程度。上の写真は「自家製燻製盛り合わせ」\600。右手前がチキン(鶏),右奥がチーズ,左がナッツ。バーのオツマミには最適ですな。燻製チキンがしっとり柔らかい仕上がりで,燻したことで味に深みが増していて旨い。次回はこれ単品でもいいかな。

日本酒メニュー@はな酒バー

裏表メニューの日本酒側。もちろん随時入れ替わりがあるのでご参考までに。価格表示は税込。なおメニュー右上にあるのは専用Wi-Fiのパスワード、SSIDは HanaSakeBar です。

その他のお酒・おつまみメニュー@はな酒バー

裏側にはその他のお酒と少しばかりのオツマミ類。
なお,盛況だったので写真撮影ができなかったが,下記店舗データのお店ホームページへのリンク先に店内の様子など詳しい写真があります。ホームページは日英など3ヵ国語対応。リンク先は日本語トップページだが,ドメイン名のみで表示されるのは英語ページです。
それによると,ここは主に外国人観光客を対象にしたゲストハウスチェーンの「大阪花宿」併設飲食施設になるようです。言わばバックパッカー向けの格安「オーベルジュ」ですな(だいぶ違うw)。

以下,オマケ:

ハロウィン@ビッグステップ

アメリカ村のランドマーク「ビッグステップ Big Step」はしばらく前からハロウィンの飾り付け一色。上の写真は周防町筋側正面玄関の巨大カボチャ。去年のハロウィン当日は,確か午後8時頃から周防町筋の西心斎橋側を警察が封鎖し車両通行禁止の解放区,いわゆる「歩行者天国」にして,道頓堀の戎橋周辺と合わせ深夜から未明まで若い人らで大騒ぎでしたが,今年もやるのかな? 今年は月末31日の水曜日がハロウィン当日らしいですが。
ちな,同様の事態になる東京の渋谷地区とやらは「痴漢」の無法地帯と化すらしいですが,大阪でそんな話は聞いたことないですね。オッサンだけが知らないだけかと思って,去年のハロウィン後に気になってミナミに出入りしている若い女性に伺ったが,痴漢の話などは聞いたことがないそうだ。

はな酒バー hana SAKE bar
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線心斎橋駅7号出入口(心斎橋オーパ)または8号出入口(ホテル日航)より,西の四つ橋筋を目指して南(左)側歩道を歩く。1つ目の十字路を過ぎ,餃子の珉珉(みんみん)とモスバーガーの前を過ぎ,すき焼きの老舗「大宝寺はり重」の向こうの角を左(南)へ曲がった少し先,道の右側の路面店,徒歩2・3分。四ツ橋駅からも近い。なおビル上階は宿泊施設。
住所: 大阪市中央区西心斎橋1-8-4 大阪花宿1F
電話: 06-6484-7896
営業時間: 平日 18:00~23:30 / 金土休前日 ~翌1:00 (L.O. 30分前)
定休日: 日曜または連休最終日
喫煙: 分煙(室内禁煙・ドア外通路席のみ喫煙可)
リンク: ホームページ 地図 
 ← ランキングに参加しています。

ラクレット ラルゴ@地下鉄我孫子

昨年(2017年)8月に開店したダイニングバーです。料理はイタリアンバールと名乗ってもおかしくないメニュー構成ですが,バールというより「タベルナ」(taverna イタリアの大衆食堂)の方がふさわしいかな? でもイチオシの料理はオーストリア・スイス名物の「ラクレット」というチーズです。日本人なら誰でも知ってる昭和のアニメ「アルプスの少女ハイジ」に登場する「おじいさんのチーズ」です。
※画像は全てクリック(タップ)で別タブに拡大表示1280x960pxします。

ラクレット・プレート@ラルゴ

で,料理の組み立ては無視してラクレット料理から紹介。上は何種類かのラクレット・プレートのうち一番シンプルな「ジャガイモ&ベーコン」\1,280(以下税別)。アルプス地方でもこの具が基本だそうです。

ラクレット炙り器@ラルゴ

店内にあるこのラクレット専用炙り器で切り口を溶かして,客席テーブルでスタッフがナイフで皿の上に具に掛けてくれます(次に動画)。ラクレットはすぐに冷えて固まるので,急いで具の上に広げる必要があります。

[広告] VPS
※音量バーの右の四角いボタンをクリックすると全画面表示になります。「高画質を視聴」は広告です。

上の動画がその様子。このお店,SNS(特にInstagram)投稿を推奨されていますので,スタッフにひと声かければ動画撮影を快諾していただけます。なかなかに「インスタ映え」を狙ったパフォーマンスです。

ラクレット・プレート・メニュー@ラルゴ

上がラクレット・プレートのメニュー。他にも期間限定メニューが登場していることもあります。

ラクレットのパスタ@ラルゴ

こちらは「ラクレットのパスタ」\880。ラクレットはすぐに冷えて固まるので,こちらは細かく砕いたチーズをテーブルで食べる直前にスタッフがバーナーで炙って溶かします(下に動画)。この日は「ラクレットのリゾット」とともに期間限定の別メニューに乗っていたのですが,時々メニュー見直しをされているようなので,スタッフに問い合わせてみてください。

ラクレットのパスタ麺リフティング@ラルゴ

お約束の麺リフティングです。溶けたラクレットが絡んだクリームパスタになっています。

[広告] VPS
※音量バーの右の四角いボタンをクリックすると全画面表示になります。「高画質を視聴」は広告です。

こちらが「ラクレットのパスタ」の動画です。

さて,こちらのメニュー,イタリアンを中心に非常に種類が多いです。前菜からメイン,そしてパスタ・ピザ・リゾットまで。数回訪問していますが,肉系はもちろん海鮮もネタが新鮮でレベル高いですね。海鮮専門居酒屋と同レベルかな。羽曳野だったかの「モツ鍋」屋さんの新業態の2号店だとか,若者向けのリーズナブルな価格帯です。30代の店長シェフは,製菓学校出身の元パティシエだそうで,ドルチェ(デザート)も期待できそうです(辛党なので試していませんが)。フロアは基本20代らしき女性スタッフ2・3人ですが,シェフが厨房から出て来てサーブされることもままあります。また,酒類のメニューも多種多様豊富です。ワインリストも1ページ分あったかな? 他に「コース」「飲み放題」メニューもあります。

生ビール(ハイネケン)@ラルゴ

上の写真は,取り敢えずの生ビール(ハイネケン)\500。実はこれ\250で飲みました。生ビールはもう一種類「キリン一番搾り」も選べるのですが,周年などたまにある「ビールフェア」の時は何杯飲んでも半額です。今年の8月の1周年フェアは終わってしまいましたが,周年以外にも突発的にあるみたいなので,お店のSNSは要チェックです。

アフターダーク・ブラックラガー@ラルゴ

地ビール(クラフトビール)にも力を入れておられて,仕入れを時々変えながらもそれなりの種類が並んでいます。上は「アフターダーク(ブラックラガー)」\400。「ビールフェア」の時はクラフトビールも少し安くなります。

ジントニック@ラルゴ

こちらは「ジントニック」\500。銘柄は聞き忘れました。

前菜3種盛@ラルゴ

上は「前菜3種盛」\780。内容は日替りです。普通最初に頼むこのメニュー,この日は「タコ」の旨さに膝を打ち(←死語),好物のポテサラも嬉しい。以後の料理への期待が高まりましたね。

ガーリックシュリンプ@ラルゴ

「ガーリック・シュリンプ」\500。上にも書きましたが,海鮮もお勧めです。これも期間限定メニューに乗っていたのですが,あればリピート不可避です。

ハモン・セラーノ@ラルゴ

スペインの生ハム「ハモン・セラーノ」。厨房前にあったものを厚かましくテーブルまで持って来ていただきました。

生ハム@ラルゴ

で,サーブされた「ハモン・セラーノ」\780。たまに塩気が気になるお店がありますが,これは美味しくいただきました。

合鴨のスモーク@ラルゴ

「合鴨のスモーク。これもリピートしています。

で,以下はツレがオーダーしたので,メニュー名はあやふやです。間違ってたらゴメンナサイ。価格も不明です。

マグロのカルパッチョ@ラルゴ

「マグロのカルパッチョ」かな?

生春巻@ラルゴ

「生春巻」だったような。中の具は不明。確か食べたはずなんですが。

@ラルゴ

これは豚肉に見えるんですがなんだろう? 旨かったことは確か。

バゲット@ラルゴ

ツレが「バゲット」を食べたいと言ったら出て来たメニュー。パスタが付いてますね。

店内1@ラルゴ

店内客室の一部。ゆったり空間が取ってあって居心地がいいです。

店内2@ラルゴ

この仕切りの向こう。右は厨房で,左が入り口と大きめのテーブル席が1卓あります。天井近くに見えている黒板メニューも要チェック。

ダイニングバル ラルゴ Dining Baru Largo あびこ
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅下車,3号または4号出入口から「地下鉄我孫子南口」交差点の信号を渡ってTSUTAYAのビルの角に。TSUTAYAのビルの裏の駐車場の向こうの道沿いの路面店です。TSUTAYA前から徒歩1分。
住所: 大阪市住吉区我孫子東2-10-3
電話: 06-7162-2846
営業時間: 月~土・祝前日11:30~14:00(料理L.O. 14:00) 17:00~24:00(料理L.O. 23:30) / 日祝 17:00~23:00 (料理L.O. 22:30)
定休日: 水曜日(なお日祝はランチ休み)
喫煙: 可
リンク: ホームページ(クーポンあり) Instagram Facebook ホットペッパー(クーポンあり) 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

肉&グリル カリフォルニアクラブ@東心斎橋三休橋筋

【業態変更】 1階は「串カツと寿司 ナミヘイ」になっています。

例によって東心斎橋のはしご酒の途中で見付けたお店。前回の「肉炉ばたBECO」の斜め向かいになる。というか,ここに訪れるたびに向かいのBECOが気になって入ってみたので,順序が逆ですが。店名通りのイメージの明るく開放的なダイニングバーです。お肉とグリル料理がメイン。以下,複数回のまとめ記事です。
(画像は,全てクリックで別タブで拡大します。)

大阪ベイブルース@カリフォルニアクラブ

まずは,クラフトビール(地ビール)「大阪ベイブルース」\900(以下税別)。後,「ブルームーン」もいただいたかな?

フィンガーラム@カリフォルニアクラブ

上の写真,メニューを拝見して「フィンガーラム」\850を見付けたので,ここは「羊肉クラスタ」を自認する私としては見逃せません。羊にしては脂身たっぷりでした。

ジョニーウォーカーゴールド@カリフォルニアクラブ

「ジョニーウォーカーゴールド」\900を水割りで。ジョニ黒・ジョニ赤は終戦直後からあって,洋酒の関税のバカ高かった昭和の中期には「ジョニ黒」と言えば高級酒の代名詞だった時代がありました。最近はグリーンも時々見掛けますが,金ボトルは初見です。ランクとしては,緑>金>黒>赤,らしいです。

キリン一番搾りスタウト@カリフォルニアクラブ

これも初見,「キリン一番搾りスタウト」\500。

フィレミニヨン@カリフォルニアクラブ

上の写真は一押しのサーロインステーキに続く,二押し?の「フィレミニオン150g」\2,700。胃弱なのでサーロインよりヘレ肉を選びます。飲むときは小食なので(ただし炭水化物は別腹)150gで十二分に満足します。アメリカンビーフ・アンガス牛だそうです。普段いただく黒毛和牛ヘレとは別物,赤身を味わうお肉です。

レッドアイ@カリフォルニアクラブ

カクテル系ドリンクもあります,「レッドアイ」\600。

店内1階@カリフォルニアクラブ

店内奥の厨房前のカウンターから見た店内入口方向。2階・3階もある100席の大箱店だそうで,1階はカジュアル・2階は落ち着いたラウンジ風・3階の屋上テラス席ではバーベキューBBQもできるとか。

店舗外観@カリフォルニアクラブ

店舗外観。三休橋筋に面した路面店です。
ところで,このお店にリピートするようになったのは初回に出て来た突出し\300のポテサラがやたら旨かったからです。突出しは毎回違いますので,ポテサラならラッキーです。なお,某飲食店口コミサイトでは現時点で「掲載保留」になっていますがフツーに営業されています。たぶん050で始まる電話番号が途中で変わったので営業確認ができていないんでしょう。「ぐるなび」ページがお店の公式情報だそうです。

【追記】 2018/03/29
改装休業のお知らせ@カリフォルニアクラブ
現在改装休業中です。リニューアルオープンは,まだ決まっていないそうですが,2018年5月中頃以降になるとのこと。1階はガラリと業態を変えるとか。

※メニュー画像(8枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

肉&グリル料理 カリフォルニアクラブ California Club
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅下車,心斎橋筋商店街(アーケード)の大丸本館(工事中)南東角より清水町通を東へ2ブロック行った先,南北の三休橋筋との十字路を右(南)に曲がって,道の左側,すぐ先の路面店,十字路から斜め前に見えます。徒歩5分。長堀橋駅からも同じぐらい。
住所: 大阪市中央区東心斎橋1-15-23
電話: 06-6210-2986
営業時間: 火~土・祝前日・祝日 18:00~翌2:00(L.O.3:00) / 日 18:00~24:00(L.O.23:00)
定休日: 月曜日
喫煙: 可
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋] [長堀橋]

ジャズバー タコタコキング@東心斎橋玉屋町筋

店舗入口@タコタコキング玉屋町店

夜更けの東心斎橋をいつものように飲んだくれてうろついていたある日,周防町から玉屋町に南へ曲がったところで,上の写真のドアを見かけた。ジャズ&ブルース・バーとある。「キング」とな? ジャズは聴くのは好きだし,若い頃はジャズ・ライブのお店にも出入りしていたが,聴くだけのまったくの素人なので「キング」と言えば「ナット・キング・コール」しか思い浮かばない。気になるが,この日は既に2軒だか3軒だかハシゴした後だったので,後日出直した。っても後日も既に行き付けの居酒屋で一杯やった後だが。
(なお画像は全てクリックすると別タブで拡大します。)

山崎ストレート+チェイサー@タコタコキング玉屋町店

ドアを開けるとバーには早い時間だったのでノーゲスト。マスターお一人が迎えてくれる。こぢんまりとした店内,変形コの字型カウンターのみ。奥まで進んでカウンターに席を取る。取り敢えず並んでいる酒から飲めと言うので,目についたサントリー「山崎」をストレート+チェイサーで。目分量で入れたような気がしたのだが,シングルにしては多いなという量が入っている。
先日見掛けてからググったのだが,心斎橋界隈で手広くやってるたこ焼き居酒屋チェーン「タコタコキング」の支店らしい。そうマスターに聞くと「ここはオレの店だ」と怒られましたが。

たこ焼き@タコタコキング玉屋町店

ネット情報によるとタコタコキングのたこ焼きの出前が取れるという。で,お願いすると,マスターが電話を掛けて注文。同じビルの北側,周防町筋に面した本店からだとか。
で,ほどなく到着。頂きました。うん,これ旨いわ。実は以前タコタコキングの三休橋店でいただいた時は,ちょっと火が入り過ぎて皮が固くなってるなぁと不満だったのだが,本店のたこ焼きは重力に逆らわない大阪の正調たこやき。食べたことはないが「築地銀だこ」とかいう資本系のチェーンでは「外はカリッ,中はフワッ」とか宣伝しているとか。いやそれ大阪の客に出したら,火が通り過ぎた売れ残りだと怒られるよ。正調たこ焼きは「外はフワッ,中はトロトロ」が正しい。これを生焼けにしないで焼くのがプロの腕。資本系の店では,素人のバイトが生焼けの失敗をしないよう火を通し過ぎるようにマニュアル化されてるんだろう。そんな話をマスターにすると,本店支店の違いじゃなくて,焼くスタッフ個人の癖だと言う。

マスター@タコタコキング玉屋町店

上の写真は,ネット顔出しOKですかと許可をとって撮影させていただいたマスター。店内のBGMはCDで,マスターの私物だと聞いたような気がする。繰り返しますが,酔ってました。

店内風景@タコタコキング玉屋町店

店内奥から入口の方をみたアングルの写真。
で,2軒目だったので1杯で切り上げる。お勘定をお願いすると,マスターが「山崎が1,000円,たこ焼きが300円だから1,300円」と声に出して計算。チャージなしのお店でした。

過去の「タコタコキング」の記事:
    2017/05/07 : 酒場 タコタコキング@鰻谷三休橋筋

タコタコキング 玉屋町店
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅下車,徒歩6・7分。大丸北館の前から右へ心斎橋筋商店街のアーケードを道頓堀へ向かって南進。最初の信号を渡ってから左折し,東へ周防町筋を進んで3つ目の信号の十字路が玉屋町。南へ曲がってすぐ左のビルの壁にドアが見える。路面店。長堀橋駅からの方が近い。堺筋周防町の交差点から西へ2つ目。
住所: 大阪市中央区東心斎橋2-4-25 日宝玉屋町ビル1F
電話: 06-6213-0789
営業時間: 19:00~翌5:00
定休日: 日曜日
喫煙: 可
リンク: 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋] [長堀橋]

マヨネーズ本舗@南船場

東心斎橋の行き付けの居酒屋の板長さんにお勧めされたお店。マヨラーなら訪れるべきだという。ま,マヨラーってほどじゃないけどマヨネーズは嫌いじゃない。で,自家製創作マヨネーズにこだわっているという南船場のダイニング・バーへ。
雑居ビルの目立つ看板の下の白いドアを開け階段を2階へ上がるともう店内。結構広く空間をゆったりと使っている。全40席(カウンター16席・テーブル24席)というが,カウンターは窓際の外を眺める席と,店内最奥の厨房に向かい合った席に分かれている。間のテーブルを隅に寄せればダンパでも出来そうなフロアにテーブル席。夕方早い時間に伺った一人客なので最初の客となり厨房前のカウンター席に招かれる。

ハートランド生@マヨネーズ本舗

この日のスタッフは若いイケメンお2人。向こうが店長さんらしく,私に対応していただいたスタッフは元中華の料理人だとか。取り敢えずドリンクは「ハートランド生」\450。

突出し@マヨネーズ本舗

で,突出しからいきなりマヨネーズで来ます。野菜スティックに,4種の自家製創作マヨネーズ。上の写真のように説明書き付き。この日は,プレーン・マンゴー・キウイ・カシスのマヨネーズ。野菜スティックにそれぞれ付けて味見。うーん,キューピーや味の素の市販のマヨネーズとは別物。凄く軽い。応対してくれたスタッフによると,保存のことを考えないでいいから,濃い味付けはしなくてよいと。作ってみたら,外国産の広口瓶入りのマヨネーズに似た味になったとか。

カツオたたき@マヨネーズ本舗

で,上の写真,メニューには明記がなかったが,本日の刺身の中にカツオたたきがあるという。例の漫画「美味しんぼ」で,土佐の漁師さんは漁船の上でさばいたカツオを食べるときに,醤油味が飽きたので試したみたらマヨネーズがカツオによく合ったと。スタッフに伺うと,高知の飲食店ではカツオにマヨはすでに定番になっているとか。

カツオたたきにマヨネーズ@マヨネーズ本舗

たたきにマヨネーズをたっぷり。カツオのたたきに付いて来たのは塩マヨネーズだが,突出しのマヨも順に試してみる。イケますねぇ。

獺祭50@マヨネーズ本舗

ハートランドがなくなったので,山口の純米酒「獺祭(だっさい)」,リーズナボーな磨き50%が置いてあった。

ポテトサラダ@マヨネーズ本舗

続けてポテトサラダ。これはどこでもデフォルトでマヨネーズだよね。あっさり創作マヨネーズのお陰で味にしつこさがない。
と,軽く飲んで,スタッフにいろいろお話を伺って,お勘定は2,310円。

店内風景@マヨネーズ本舗

入店直後,先客がどなたもいらっしゃらなかったので,厨房前のカウンターから店内フロアを撮影。清潔感のあるシンプルでオシャレな店内。

店舗外観@マヨネーズ本舗

店舗外観。雨の中で傘を差しながら撮ったので,左上が翳っていますが,その画面左の突出した「マヨネーズ本舗」の看板が照明を受けて遠くからでも目立ちます。看板の下のドアから階段を登るともう店内。2階全部が「マヨネーズ本舗」。なお,ネットで検索すると「心斎橋駅から徒歩4分」「心斎橋駅3番出口徒歩5分」などと出て来ますが,心斎橋駅3号出入口を地上に出た地点から実測すると徒歩2分ほど。

※メニュー画像(5枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

マヨネーズ本舗
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅3号出入口より,長堀通を西へ。一つ目の角を北へ右折して2ブロック,2つ目の十字路の南東角のビル2階。目立つ看板あり。徒歩2分。四ツ橋駅からも近い。
住所: 大阪市中央区南船場4-3-21 森村御堂ビル2F
電話: 06-4704-8228
営業時間: ランチ 11:30~15:00(L.O.15:00) / ディナー 17:30~0:00(料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:30)
定休日: 日祝
喫煙: 可
リンク: ホームページ 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋] [南船場] [四ツ橋]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Instagram @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[心斎橋] [難波] [地下鉄我孫子] [長堀橋] [梅田] [日本橋] [四ツ橋] [南船場] [堺市] [天王寺・アベノ] [堀江] [南森町] [天満橋] [鶴橋] [西天満] [淀屋橋] [十三] [阪和線] [天六] [北新地] [ドーム前] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR