料理いろいろ カリから@地下鉄我孫子

9月に1周年で,その前後に色々「店舗データ」が変わってます。まず営業時間の変更,ランチを止め一時間夜遅くまで,また第3月曜も定休日に。当初は禁煙店でしたが「常連の要望」で喫煙可になったとか,ただし女将と娘さんは嫌煙家ですのでご注意を。また,メニューブックを造り直されました。
で,以下の前半はグランドメニューにない料理,いつも何かが黒板や白板(ホワイトボード)に書かれています。
※画像は全てクリック(タップ)で別タブで拡大表示1280x960pxします。

ジョン@カリから

上の画像は,中秋節(中秋の名月の日)に行ったら出て来た「ジョン」。朝鮮半島では「お盆」だそうで,先祖の墓参りに親戚が集まってこれを食するとか。

ジョン@カリから

卵液と小麦粉をまぶしてフライパンで多めの油で炒めた「ピカタ」に似た調理法ですね。本家の女衆は,集まってくる親戚の人々のために様々な具材を使って大量に作らねばならないとか。もてなしの料理とともに,帰る親戚にも土産として持たせなければならないらしいです。

白板メニュー(ジョン)@カリから

「ジョン」の白板メニュー。実際には何十種類の具材を使うそうです。

ユッケジャン@カリから

上の画像は別の日に今日の特別メニューに「ユッケジャン」を作ったから味見しろと出していただいたもの。酒飲むときはスープ類は頼まない人だから(自分)。

ゼユッポグン@カリから

こちらは「ゼユッポグン」。豚肉と野菜類の炒めものですね。

ゼユッポグン@カリから

接写しました。なおネット上では片仮名転写の際に「ゼユッボクム」「ゼユッポクム」「ゼユックポックム」などの表記の揺れがあります。

ゼユッポグン@カリから

こういう風に,「サンチュ」(和名ちしゃ,英名レタス)で包んでいただきます。

厨房の壁の黒板メニュー@カリから

カウンターに向かい合う厨房のこの日の黒板メニューです。

チョンガキムチ+コドゥルペギ@カリから

これもお試し,左は「チョンガキムチ」,右は「コドゥルペギ」。コドゥルペギはチョー辛いです。

白板メニュー@カリから

で,その日のカウンター上の白板メニュー。

ほうれん草ナムル@カリから

上の写真も黒板メニューですが,まぁ当然「キムチ」と「ナムル」は常時数種類あります。上は「ほうれん草のナムル」。

で,以下はグランドメニューに載ってる常時ある定番メニュー。

チャプチェ@カリから

上は前菜の定番「チャプチェ」。この日は早い時間に入店したので,まだ調理中でした。生ビールを飲んでる内に出来上がったので,ほかほかをいただきました。

チャプチェ・リフティング@カリから

お約束の麺リフティング。実は和風の鍋料理に投入される「春雨」って好きじゃないんですが,チャプチェは好きです。延辺料理屋でいただいた超太い平打ちの春雨料理も旨かったし,韓国人・朝鮮人・満州朝鮮族は総じて春雨の使い方が上手いです。春雨って原料の穀物が1種類に決まっていないらしいので,そもそも原料の穀物が日本と違うのかな?

手羽先セット@カリから

辛いヤンニョムチキンと辛くない塩唐揚げと並んで,名物の手羽先。地元の飲み友の1人は唐揚げには目もくれず,この手羽先ばかり食べてるとか。テイクアウトもできます。手羽先単品ももちろんありますが,これは塩唐揚げとのセットメニュー。

海鮮チヂミ@カリから

これも定番「海鮮チヂミ」です。このお店では丸くないです。

韓国海苔おむすび@カリから

メニューに「韓国のりおにぎり」とあったので,日本風に板海苔に巻かれて出て来るものだと思っていたら,海苔の佃煮でした。ちょっと甘かったです。オールドカマーの在日の方々のやっておられるお店と違って,ニューカマーさんのやっておられるお店では,本場風なのか意外な料理が甘かったりします。

過去の「カリから」の記事:
    2017/10/18 : ヤンニョムチキン カリから@地下鉄我孫子 

※メニュー画像(6枚)と店内・外観画像(2枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

韓国風からあげ 鳥料理一品料理 カリから
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅下車,徒歩1・2分。1号出入口より商店街を東へ,スーパー「ダイエー Aeon Food Style(旧グルメシティ)」の向かいの川条酒店(閉店・現在貸店舗募集中)の横の路地を南へ真ん中辺り左(東)側,路面店。
住所: 大阪市住吉区苅田7-8-11
電話: 06-7709-5869
営業時間: 17:00~23:00(2018年09月03日より)
定休日: 日曜日・第3月曜日
喫煙: 可
リンク: Instagram 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

朝鮮料理 ソナム@東心斎橋

書き忘れていた記事です。去年の暮れの訪問。

階段下地上入口@ソナム

いつものように夕暮れ時,さて今日はどこで飲むかと,東心斎橋の街をぶらついていると,柱に「サービスセット」の文字が。清水町筋(東西)と笠屋町筋=三休橋筋(南北)の交わる十字路の南西角。ここ,向かいのビル2階のバー「バル・マスタード」の窓から,同じく2階の店舗が見えて,何年も前から気になっていた朝鮮料理屋です。で,サービスセットの「アワビ」の文字に惹かれて,上の画像左に見える階段を登ります。しかし一番上の「チーズタッカルビ」,流行りなのか普通のファミレスの前にも幟が立ってますね。チーズじゃない「タッカルビ」なら随分前に食べて事あるのですが。(※画像は全てクリックすると別タブで拡大1280x960表示します。)

2階外通路@ソナム

2階外通路のお店の窓に「混雑時は2時間」との表示。いや,ツレがいても1軒のお店でそんなに粘るような飲み方しないから。今日は1人,本格的に飲む前の「練習」だから。
ちな「練習」とは,うちらの業界だけで通じるジャーゴン。職場の宴会というと必ず何人か先にお店に来て「さぁ,練習しよか」と幹事もまだ来ていないのにビールを勝手にオーダーする。宴会開始時刻は決まっているのだが,30分前に行くのが勝因w ただ,毎回1時間ぐらい遅れてくる同僚も必ずいる(忙しいアピール?)。コース料理なら彼の分の料理も一緒に出されるので,来てすぐ駆け付け3杯で自席に並んだ料理がいただける。ま,冷めてるけど。一方,鍋の時も1人前分は取り置いておくので,具から旨味のよく出た出汁の鍋でいただける。

2階店舗入口@ソナム

で,2階外通路奥の店舗入口です。

店内テーブル@ソナム

入店すると,あまり一人飲み客は想定していない作り。テーブル席のみ。奥に個室っぽいスペースも。結構な入りで唯一空いていた4人席に案内されました。隣りの女性2人組は狭い2人席に座ってはりました。テーブルにハマっているコンロは鍋用かな? プデチゲ(部隊鍋)もあるみたいですね。

生ビール@ソナム

で,取り敢えず生ビール,サービスセット内。大衆居酒屋でよくある「ちょい呑みセット」ですね。

アワビバター焼@ソナム

で,同じく「サービスセット」\1,080内の「アワビバター焼」。アワビ一品は,刺身・バター焼・踊焼きから選びます。アワビの価格が分からないので,この「ちょい呑みセット」が安いのか高いのか不明。

マッコリ@ソナム

で,まだ飲み足りないので「生マッコリ」\500を追加.。メニューには6種のマッコリが並んでいたのですが,私が最初に選んだ「済州(チェジュ)マッコリ」だけ品切れでした。

※メニュー画像(8枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

韓国創作料理居酒屋 ソナム (SONAMU)
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅下車。心斎橋筋商店街のアーケードから,大丸本館(工事中)と南館の間の道(清水町筋)を東へ2ブロック行った先の十字路南西角のビル2階。ビルの外階段を登ります。徒歩3・4分。
住所: 大阪市中央区東心斎橋1-16-32 ビース50ビル2F
電話: 06-6244-7020
営業時間: 平日と日曜 11:00~15:00(L.O. 14:30)・17:00~00:00 (L.O. 23:30) / 金土祝 11:00~15:00 (L.O. 14:30)・17:00~01:00(L.O. 翌00:30)
定休日: 火曜日
喫煙: 可
リンク: 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋]

ヤンニョムチキン カリから@地下鉄我孫子

ヤンニョムチキンのお店が出来ると聞いて,ヤンニョムチキンってなんだろう?とググったのが先月。Wikipediaにも項目が立っていた。朝鮮半島の辛口の唐揚げだという。辛い鶏料理と言えばプルダック(ブルダック?)を頂いたことがあるが,なかなかにビールの進む好みのメニューだった。開店直後は混みあうだろうと,しばらく待って先日覗いてみた。それまでも常時数十種の純米地酒を置くこだわりの居酒屋「彩櫻」への行き帰りに前を通ったのだが,いつもお客さんが。が,たまたま通るとカウンターにノーゲストだったので入店。禁煙店だが,外のテイクアウト窓口に灰皿を出していただけると言う。
母娘お2人で営業。それと分かる程度に軽く訛った日本語で応対していただく。厨房前のカウンター席に座って見回すと,奥にテーブル席があるだけのこぢんまりとしたお店。階段があるので,2階に座敷でもあるのかと伺ったが,母娘2人の営業で人を雇いたくないので2階は使う予定はないとのこと。

生ビール+突出し@カリから

取り敢えず,生ビール(スードラ)中ジョッキ\480。突出しはホルモンを炒めたものだという。油たっぷりの濃い味でビールのアテにあう。

カリから(ヤンニョムチキン)@カリから

上の写真が,メニュー名「カリから」中(5個)\550というヤンニョムチキン。一から揚げるので時間がやや掛かる。で,揚げたてをいただくと確かに辛口。結構効いていて汗が噴き出してきた(体質に依ります,私は辛いものですぐに汗をかく方)が,食べられないほどには辛くない。これもビールが進むなぁ。そして,旨い。これ鶏肉自体が違うわ。某唐揚げ専門チェーン店の南米辺りから輸入しただろう安物の鶏肉とは全く違う。テイクアウトもやっているが,そっちでも流行りそう。なお,辛さに弱いお連れさんのために,辛くない普通の唐揚げもメニューに並んでいる。

生マッコリ@カリから

生ビールがなくなったので「生マッコリ」\400。お母さんの「ウチのはビックリするよ」との前口上とともに出て来る。朝鮮料理屋でよく見るアルミ製コップ。確かにこれも旨い。メニューにカラフェ代わりの「やかん」の設定があるが,そういやミナミにもヤカンマッコリをウリにする朝鮮料理屋があった。マッコリは半島ではヤカンに入れて出すものなのかな?
他にお客さんが入って来られなかったので,いろいろとうかがう。来日して20年ほどのニューカマーだそうだ。周辺の在日(オールドカマー)やニューカマーがやっておられる飲食店の話などをいろいろ。
と,生マッコリはオカワリして,勘定は1,830円。

テイクアウト窓口(店外)@カリから

上の写真は,店外,ドア横のテイクアウト窓口。煙草を吸いたくなったと告げると,灰皿を出していただいた。持ち帰りの待ち時間のための簡易椅子が窓口の下に用意されている。

定休日・営業時間@カリから

ガラスドアで店内がよく見える入り口に貼ってあった営業案内。来月からランチ営業を始めるようだ。まだ開店1か月にならない新店なので,メニューの変更などもあるのかな?

※メニュー画像(5枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

韓国風からあげ 鳥料理一品料理 カリから
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅下車,徒歩1・2分。1号出入口より商店街を東へ,スーパー「グルメシティ」の向かいの川条酒店(閉店・現在貸店舗募集中)の横の路地を南へ入って左へ分かれる路地をやり過ごした先の左側,路面店。
住所: 大阪市住吉区苅田7-8-11
電話: 06-7709-5869
営業時間: 17:00~23:00(2018年09月03日より)
定休日: 日曜日・第3月曜日
喫煙: 可(控えめに)
リンク: 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

朝鮮料理 チヂミ@地下鉄我孫子

地下鉄我孫子(あびこ)の駅近に去年出来たお店。よく通る道なのでずっと気になっていたが,店名が「チヂミ」なので「チヂミ(朝鮮お好み焼き)」専門店かと思っていたら,居酒屋らしかった。で,例によってたまたま通りかかると店員さんが表にいた。「ここ何ですか?」と聞くと「韓国居酒屋です。よかったらどうぞ」ということで入店。
そんなに広くはない店舗。1階はカウンター4席+予備?が3席,5人掛けテーブル1卓。厨房裏の階段を上がって2階にもテーブル3卓があるそうだ。

生マッコリ@チヂミ

取り敢えず,カウンターの隅に座って「マッコリ」。「生マッコリ」\420(以下税別),「おこげマッコリ」\420,「ソウルマッコリ」\420。他にも韓国焼酎から日本酒・焼酎・ワインまで,種類は多くないが一通りは揃っている。
で,今回は「マッコリ」を攻める。最初に飲んだ「生マッコリ」が旨味もあって一番口に合った。「おこげマッコリ」は名前の通り,米を焦がして作ったという風味。初めての味だな。飲みにくくはない。どこにでもある「ソウルマッコリ」は辛口過ぎて口に合わなかった。

突き出し@チヂミ

突き出しは,固めに焼かれた厚焼き玉子と白菜キムチ。キムチはそんなに辛くない。後味に少し辛味を感じる程度。お箸は朝鮮風に金属製。スッカラ(匙)の用意もある。

チャプチェ@チヂミ

で,前菜代わりに,朝鮮料理を食べる時はいつも頼む「チャプチェ」(春雨の炒めモノ)\480。最初に「うちのは甘いです」との注意があるが,取り敢えず試してみる。その場で調理した熱々。確かに甘かった。朝鮮料理はあまり食べないが,それでも初めての甘さ。でも完食。

海鮮チヂミ@チヂミ

店名が「チヂミ」だし,入店直後に「チヂミ」を勧められたので「海鮮チヂミ」\700をいただく。が,甘く考えていた。普通チヂミって薄~いパリパリのやつじゃない? ここのは1.5cmの厚みはあった。途中で酔っ払って来たので食べきれない。持って帰るかと聞いてくれたが,帰ってからも食べる自信はないということで,申し訳ないが少し残してしまった。

店内@チヂミ

スタッフは店長らしき女性とバイトらしき女の子。店長は日本語が少し違うので聞いてみるとニューカマーだという。逆にバイトの女の子は朝鮮語がまったくダメなようだ。2人が背中に「南森町店」と書いた揃いの黒のスタッフTシャツを来ていたので聞いてみると,「南森町店」が1号店で,我孫子は2号店だという。
チャプチェとチヂミを食べたが,今までの朝鮮料理店で出会った料理とはだいぶ違う。たぶん店長のお家の家庭料理を出しているようなお店だ。

韓国風居酒屋 チヂミ あびこ店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅1号出入口より商店街を東へすぐの十字路を北へ左折。道の右(東)側,1ブロック行く手前の路面店。徒歩1・2分。
住所: 大阪市住吉区苅田5-14-18
電話: 06-7182-5915
営業時間: ランチ 11:30~14:00 / ディナー 17:00~24:00(夜は5時頃~11時以降お客さん次第で翌1時ぐらいまで)
定休日: 木曜日+不定休
喫煙: 可
リンク: Facebook 地図 

    ------------------------

韓国風居酒屋 チヂミ あびこ店韓国料理 / あびこ駅我孫子町駅

夜総合点-



 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

韓国屋台酒場 ヤカン食堂@東心斎橋

久しぶりに朝鮮料理。周防町の堺筋寄り。ビルの1階にあるはずで黄色い提灯と朝鮮文字の看板がやたらと目立つのだが,「ヤカン食堂」との看板が見当たらない。日本語は小さく「韓国食堂」の看板のみ。まあここだろうと分かりにくい小さな入り口を入る。

ヤカン食堂

店内は結構広めなワンフロア。真ん中が宴会スペース,周りに厨房と向き合ったカウンターと仕切られたテーブル席。古びた大衆焼鳥屋のような印象で,オッサン的には居心地がよい。壁の一面にヤカンのディスプレイと,貸衣装のチマチョゴリ。ネット情報によると,これで成り切っての女子会ができるらしい。

ウリスル本生マッコリ@ヤカン食堂

取り敢えずマッコリだろうとマッコリ専用メニューを眺める。珍しいところも含めて十数種並んでいるが,結構品切れもあるらしい。で,聞いたことのない「ウリスル本生マッコリ」\580(以下税込)から。カラフェ代わりのヤカン入りがグラス4杯分弱の価格で4.5杯分でお得とあるが,色々飲んでみたいのでグラスで。グラスと言っても上の写真のようなアルミの平たいコップ。これでグビッといくと小学校の給食の脱脂粉乳を湯で溶いたヤツを思い出す。「ウリスル」自体は,私の好みよりも辛口だったが,生マッコリらしくシュワっとくる。

チャプチェ@ヤカン食堂

で,突き出し代わりに定番の「チャプチェ」\390,春雨の前菜。すぐ出る冷と温がある。辛くはない。

二東(イードン)生マッコリ@ヤカン食堂

続けてマッコリ2杯目は「二東(イードン)生マッコリ」\480。「生」でないやつは,どこの焼肉屋でも置いてある定番中の定番だな。こちらは飲み慣れた味。って,本物の「生マッコリ」は輸送できないんでしょ? こういうのは「生ビール」と同じ意味での「生」かな? 後から炭酸を加圧して封入しているだけか?

プルダック@ヤカン食堂

上の写真は「プルダック」\490。辛い焼鳥なんだが,以前他店で食べたものほど辛くない。ここは日本人の舌に合わせているのか。

トッポギ@ヤカン食堂

〆は「名物!屋台のトッポギ」\490。朝鮮餅だな。ウズラの茹で卵とホルモン的な何かが入っていた。これもあまり辛くない。
カウンターは厨房と向き合っていて,それまで店内の様子は気にしていなかったのだが,トイレに行こうと立ち上がると結構お客さんが入っている。オッサン風な店構えなのに9割ぐらいが若い女性。ひょっとしてK-POPファンとやらが集まる店なのか? トイレは2階にあったが,階段を上がると2階にも屋根裏風の座敷があった。
と,マッコリ4杯飲んで,勘定は3,390円。
なお,このお店,手広くやってる朝鮮料理チェーン「まだん」の姉妹店らしい。

韓国屋台酒場 ヤカン食堂
アクセス: 地下鉄長堀橋駅7号出入口より堺筋を南に2つ目の十字路,スーパー「グルメシティ」の角を西へ右折,周防町筋に入ってちょっと先の道の右(北)側ビルの1階。徒歩2分。黄色い提灯と朝鮮文字の看板が目印。「韓国食堂」との小さな看板が入り口の上にある。心斎橋駅6号出入口からも歩ける距離(約7分)。
住所: 大阪市中央区東心斎橋1-5-14
電話: 050-5799-4412
営業時間: 月~木・日・祝日 17:00~24:30(L.O.23:30、ドリンクL.O.24:00) / 金・土・祝前日 17:00~翌3:00(L.O.2:00、ドリンクL.O.2:30)
定休日: 無(大晦日・元日のみ休み)
喫煙: 可
リンク: ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [長堀橋] [心斎橋]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Instagram @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[心斎橋] [難波] [地下鉄我孫子] [長堀橋] [梅田] [日本橋] [四ツ橋] [南船場] [堺市] [天王寺・アベノ] [堀江] [南森町] [天満橋] [鶴橋] [西天満] [淀屋橋] [十三] [阪和線] [天六] [北新地] [ドーム前] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR