馬肉専門けとばし屋チャンピオン@地下鉄我孫子

先月(2018年1月18日木曜日)に開店した馬肉専門店。ググると市内に何店舗かあるチェーンの新店のようだ。この商店街の外れの下駄履きマンション1階,隣りは「とんがらし(居酒屋)」「中国小菜 双琉(中華)」「カジュアル鉄板 四季(鉄板焼)」と個性的な飲食店が並んでいる。
(画像は全てクリックすると別タブで拡大します。)

生ビール@けとばし屋チャンピオン

取り敢えず,生ビール(プレモル)\450(以下税別)。各テーブルには据え付けのコンロと特徴的な鉄板。焼肉,ただし馬肉がメインですね。小上がりの座敷に4~6人掛けの掘りごたつ式テーブル2卓。フロアは人数に合わせてくっつけたり離したりできるようだが,その分だけで20人以上のキャパはあるかな。店の奥の仕切りの向こうは厨房と向かい合うカウンター。カウンター席は禁煙だそうだ。全40席とのこと。

突き出し@けとばし屋チャンピオン

上の写真は,突出しの「馬肉スープ」。柔らかく煮込まれた馬肉入りで,なかなかいい出汁出してる。

極上馬刺盛り@けとばし屋チャンピオン

まずは生モノから。「極上馬刺盛り(2人前)」\1,980。スタッフがそれぞれの特徴と食べ方を丁寧に説明。

生レバー@けとばし屋チャンピオン

ツレが生肉好きだったので,更に「生レバー」\880。馬のレバーは初めてかな。いいですねぇ。なかなかイケます。特にキツイ癖もなし。

ユッケ@けとばし屋チャンピオン

も一つ生モノ「ユッケ」\780。これは私的には和牛ユッケの方がと思ったが,ツレは高評価,後で追加していた。

燗酒@けとばし屋チャンピオン

メニューには冷酒用の日本酒(純米)2種しか載っていなかったが,燗できますか?とスタッフに問うと,燗用には別に用意があると。一升瓶を席まで持って来て貰って見せていただいたが,酔っ払いの常として銘柄は失念。純米酒だったことは確か。ぬる燗でお願いしました。

ヒレ@けとばし屋チャンピオン

続けて,いよいよメインの焼肉。まずは「ヒレ」\1,280。いや,これは旨い。これはリピートするわ。牛の「ヘレ(ヒレ・フィレ・テンダーロイン)」も好物だが,馬も旨い。焼き方が難しいのでとスタッフが焼いてくれたのが上の写真。馬肉は焼き過ぎると固く不味くなるという。

カイノミ・クラシタ@けとばし屋チャンピオン

続けて「クラシタ」\980とメニューになかった「カイノミ」。一緒に乗っている「チョウチン」はオマケ。ラベルの文字が「赤」と「黒」で分けられていて,「軽く炙るだけでいい肉」と「しっかり火を通す肉」の目印だそうだ。

馬肉チャーハン@けとばし屋チャンピオン

上の写真,グランドメニューには載っていないが,壁に貼り出されていた「馬肉チャーハン」\880で〆。旨々~。炒飯としてもレベル高し。中華というより焼飯の味付だな。メニューにあった「ちょい辛麻馬麺(マーマーメン)」\620というのも気になる。
と,馬肉まみれの飲み会でした。

店舗外観@けとばし屋チャンピオン

店舗外観。この写真では分からないが,夜はガラス越しに店内客席が丸見えなので,昼間営業時間外に撮った写真。(ところで余計なお世話なのだが,このお店,「準備中」「営業中」の表示がどうも見当たらないので,ノーゲストのときは営業中かどうか迷います。通り掛かる一見さんが予め営業時間を調べて来るとは限らないかと。)

※メニュー画像(6枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

けとばし屋チャンピオン我孫子店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅下車徒歩5分。1号出入口よりマクドの右へ伸びる商店街を東へ。スギ薬局を過ぎて最初の信号の手前,道の左側のマンション1階の路面店。
住所: 大阪市住吉区苅田5-6-5 大友マンション1F
電話: 06-4703-5101
営業時間: 16:00~24:00
定休日: 不定休
喫煙: 分煙
リンク: 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

はまぐり酒場 笑師@東心斎橋

東心斎橋をいつものように飲み歩いていると,路上に看板がたくさん出ているお店があったので拝見。「其の手は桑名の焼きはまぐり」との江戸時代の地口が。三重県桑名直送の「はまぐり」専門の酒場だという。その日は飲みの帰りだったので,後日,細い階段を登ってお店の扉を開けた。「はまぐり酒場 笑師(えみし)」さん。
(以下の画像は全てクリックで別タブに拡大表示されます。)

生ビール中@笑師

こじんまりとした店内。カウンターの端に席を取って,取り敢えず生ビール。キリンラガー(中)\390(以下税別)。

焼きハマグリ@笑師

アテはまずお店一押しらしい「焼きはまぐり(3ケ)」\490。桑名の焼き蛤といえば,江戸期からの全国に知られた名物で,弥次喜多道中の十返舎一九『東海道中膝栗毛』にも登場していたかと。殻が熱くなっているので木製洗濯バサミが付いて来ると細かいサービス。いい汁出てますね。酒のアテにぴったりかと。

キノコとはまぐりのホイル焼き@笑師

ホイル焼きって,ちょっとリッチな感じがして昔から好きです。「キノコとはまぐりのホイル焼き」\890。ホワイトソースではなくトロケるチーズ仕立て。これも旨々といただきます。好物の南瓜カボチャも入っていました。
地酒も純米酒ばかりが数は少ないですが並んでいます。桑名の酒は今日は入っていないとのことで,人柄の良さそうな細身の30代店主と相談してメニューにはない純米酒を出していただきました。産地・銘柄をちゃんとうかがったのですが,酔っ払いの常として失念。

はまぐり炊き込み飯@笑師

2軒目の予定があったので,ここらで〆を。ここはもちろん「はまぐりの炊き込み飯」\590を。はまぐりは食べやすく切られています。いいお出汁の上品な味わい。サイズは味噌汁椀1杯と〆ご飯には適度な量。
カウンターは私一人だったので,店主にいろいろうかがいました。出身はもちろん桑名市。そういえば近くにあった「うろこ屋」,今は玉屋町で「㐂鱗(きりん)」という居酒屋をやられている山本店主も確か桑名出身だったなとうかがうとご存知でした。桑名の生家はお互いご近所だとか。

店内カウンター@笑師

店内L字カウンター。椅子は6脚並んでいますが,ゆったりと場所を使っているので,補助椅子を出せばもう少し座れるかと。アンティーク風キリンビールのポスターが印象的。

店内テーブル席@笑師

店内奥,畳屋町筋を見下ろす窓際には,4人掛け丸テーブルが2卓。ちな,窓の向こう道の西側の住居表示は「心斎橋筋」,こちら側からが「東心斎橋」になります。

1階ビル入口@笑師

ビル1階の入口前には看板が並んでいます。ここでメニューを検討してから上がるのもいいかと。画像真ん中の狭い階段を上がると2階踊り場の右側が店舗入口です。

※メニュー画像(4枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

はまぐり酒場 笑師(えみし)
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅下車徒歩3分。大丸本館(工事中)と北館(旧そごう)の間,心斎橋筋商店街のアーケードを横切って大宝寺通を東へ,次の十字路を右に曲がって南に1ブロック行く手前の道の左側のビルの狭い階段を上がって2階。営業中は階段前路上にお店の立看複数あり。
住所: 大阪市中央区東心斎橋1-17-17 三陽ビル2F
電話: 06-4708-4990
営業時間: 18:00~翌5:00
定休日: 不定休
喫煙: 可
リンク: 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋]

肉&グリル カリフォルニアクラブ@東心斎橋三休橋筋

例によって東心斎橋のはしご酒の途中で見付けたお店。前回の「肉炉ばたBECO」の斜め向かいになる。というか,ここに訪れるたびに向かいのBECOが気になって入ってみたので,順序が逆ですが。店名通りのイメージの明るく開放的なダイニングバーです。お肉とグリル料理がメイン。以下,複数回のまとめ記事です。
(画像は,全てクリックで別タブで拡大します。)

大阪ベイブルース@カリフォルニアクラブ

まずは,クラフトビール(地ビール)「大阪ベイブルース」\900(以下税別)。後,「ブルームーン」もいただいたかな?

フィンガーラム@カリフォルニアクラブ

上の写真,メニューを拝見して「フィンガーラム」\850を見付けたので,ここは「羊肉クラスタ」を自認する私としては見逃せません。羊にしては脂身たっぷりでした。

ジョニーウォーカーゴールド@カリフォルニアクラブ

「ジョニーウォーカーゴールド」\900を水割りで。ジョニ黒・ジョニ赤は終戦直後からあって,洋酒の関税のバカ高かった昭和の中期には「ジョニ黒」と言えば高級酒の代名詞だった時代がありました。最近はグリーンも時々見掛けますが,金ボトルは初見です。ランクとしては,緑>金>黒>赤,らしいです。

キリン一番搾りスタウト@カリフォルニアクラブ

これも初見,「キリン一番搾りスタウト」\500。

フィレミニヨン@カリフォルニアクラブ

上の写真は一押しのサーロインステーキに続く,二押し?の「フィレミニオン150g」\2,700。胃弱なのでサーロインよりヘレ肉を選びます。飲むときは小食なので(ただし炭水化物は別腹)150gで十二分に満足します。アメリカンビーフ・アンガス牛だそうです。普段いただく黒毛和牛ヘレとは別物,赤身を味わうお肉です。

レッドアイ@カリフォルニアクラブ

カクテル系ドリンクもあります,「レッドアイ」\600。

店内1階@カリフォルニアクラブ

店内奥の厨房前のカウンターから見た店内入口方向。2階・3階もある100席の大箱店だそうで,1階はカジュアル・2階は落ち着いたラウンジ風・3階の屋上テラス席ではバーベキューBBQもできるとか。

店舗外観@カリフォルニアクラブ

店舗外観。三休橋筋に面した路面店です。
ところで,このお店にリピートするようになったのは初回に出て来た突出し\300のポテサラがやたら旨かったからです。突出しは毎回違いますので,ポテサラならラッキーです。なお,某飲食店口コミサイトでは現時点で「掲載保留」になっていますがフツーに営業されています。たぶん050で始まる電話番号が途中で変わったので営業確認ができていないんでしょう。「ぐるなび」ページがお店の公式情報だそうです。

【追記】 2018/03/29
改装休業のお知らせ@カリフォルニアクラブ
現在改装休業中です。リニューアルオープンは,まだ決まっていないそうですが,2018年5月中頃以降になるとのこと。1階はガラリと業態を変えるとか。

※メニュー画像(8枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

肉&グリル料理 カリフォルニアクラブ California Club
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅下車,心斎橋筋商店街(アーケード)の大丸本館(工事中)南東角より清水町通を東へ2ブロック行った先,南北の三休橋筋との十字路を右(南)に曲がって,道の左側,すぐ先の路面店,十字路から斜め前に見えます。徒歩5分。長堀橋駅からも同じぐらい。
住所: 大阪市中央区東心斎橋1-15-23
電話: 06-6210-2986
営業時間: 火~土・祝前日・祝日 18:00~翌2:00(L.O.3:00) / 日 18:00~24:00(L.O.23:00)
定休日: 月曜日
喫煙: 可
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋] [長堀橋]

肉炉ばたBECO@東心斎橋三休橋筋

東心斎橋を飲み歩いていて前を通るたびに気になっていたオシャレなお肉屋さん。いつも盛況だが,たまたま休前日だが6時過ぎと早い時間に通りかかるとカウンターに一組だけ(ガラスドアから中がよく見えます)。こういうお店はこの時間に空いていても予約で満席なことが多いからなぁと取り敢えず覗いておとなうと空いているとのこと。入店しL字カウンターの端に座る。
初めてだというと,シェフがいろいろ説明して下さった。黒毛和牛の炉端焼きということで,シェフが焼いて提供していただけると。メニューを拝見すると赤身専門の焼肉屋さんのオシャレバージョンのようだ。
(以下の画像は全てクリックすると別タブで拡大します。)

生ビール(ヱビス)@肉炉ばたBECO

取り敢えず「生ビール(ヱビス)」\450(以下税別)。

キムチ@肉炉ばたBECO

突き出し代わりにお願いした「キムチ」\450。定番の白菜キムチですね。キムチって焼肉屋でつい最初に頼んじゃうんだけど,いつも一口二口食べただけで焼肉に移行して残してしまう。ここのは完食しました。
なおオシャレな店によくあるチャージ料金はなしです。

えのき@肉炉ばたBECO

で,焼物です。まとめてお願いしたのだが,まずは「えのき」\420。茸類はなんでも好きです。

南瓜@肉炉ばたBECO

続けて「南瓜」\420。もちろん緑黄色野菜も好物なんですが(白物野菜はかさばるだけでビタミンC以外の大した栄養もないので好きくない),ちょうど冬至の日で「冬至かぼちゃ」代わりにいただきました。これ,この日の大ヒット。甘い!旨い!こんな美味しい南瓜かぼちゃはひょっとしたら今まで食べたことがなかったかも。シェフに聞くと「ちょうどカボチャの美味しい季節ですから」とそっけないご返事でした。

うちもも@肉炉ばたBECO

で,いよいよメインのお肉です。それぞれの部位の特徴を丁寧に説明していただき選んだのが「うちもも(103g)」\1,545。もちろん黒毛和牛の霜降りの脂がよく乗っています。「塩・茎山葵・出汁醤油」の3種をお好みで。

店内@肉炉ばたBECO

店内は,L字カウンター10席と,奥に半個室の4人掛けテーブル1卓。(画像は一部加工しています。)

外観@肉炉ばたBECO

店舗外観。いただいたショップカードに拠ると,京橋を本店に5店舗のグループのようです。「肉炉ばた」を名乗っているのはここ心斎橋店だけで,他4店舗は「ステーキ食堂」とありますね。

※メニュー画像(4枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

肉炉ばたBECO 心斎橋店
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅下車。大丸北館と本館の間の東西の道(大宝寺通)を心斎橋筋のアーケードを横切って東へ2つ目の十字路を南へ右折。三休橋通りを南へ1つ目の(清水町との)十字路を過ぎた先,右側の路面店。徒歩5分ぐらい,長堀橋駅からも同じぐらい。
住所: 大阪市中央区東心斎橋1-16-32 ビース50ビル1F
電話: 06-4977-3651
営業時間: 18:00~23:00(L.O.)
定休日: 月曜日・第2第4火曜日
喫煙: 可
リンク: Facebook ぐるなび 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋] [長堀橋]

焼鳥&純米酒 鳥こまち@地下鉄我孫子

久しぶりの焼鳥。地下鉄我孫子の複数の飲み屋で別々の常連の口から「こまち」の名前がよく出て来る。いわく「Aさん来ないけど『こまち』行ってるんとちゃう?」「Bさん『こまち』一杯やからコッチ来たやろ」と。駅南口にある焼鳥屋らしい。ググると「串焼き処 日比谷 鳥こまち」という名の関東を中心に全国で手広くやっているチェーン店のようだ。で,事前の印象は「チェーンの焼鳥屋かぁ」だったが覗いてみた。
(画像は追記のメニューも含め,すべてクリックで別タブで拡大します。)

店内カウンター@鳥こまち

店の前からドア越しに覗くとカウンターはノーゲスト。入店して,上の写真の大将に迎えられ,厨房と向かい合うカウンターの適当な席に座る。席間はゆったりと取ってあって好印象。ゆったりなお店にありがちな椅子2つセットのカップル仕様になっていなくて,一人飲み客も僻まなくて済むw
ノーゲストだと思っていたら2階から奥さんが降りてきた。階段の上では数組の宴会が進行中のようだ。大将にうかがうとフランチャイズなどのチェーン店ではなく,暖簾分けのような個人店だとのこと。確かに夫婦経営のしっぽり落ち着いた居酒屋の雰囲気。

突出し@鳥こまち

取り敢えず生ビール(ヱビス)をお願いして,上の写真は突出し。

奈良の純米酒「儀助」@鳥こまち

奈良の純米酒にこだわっておられるそうで,厨房の背中のメニューにいろいろ並んでいる。「本日のおすすめ」に書いていない酒もあるという。で,生ビールに続けて,奈良の酒「儀助」をいただく。
アテは一品もメニューに並んでいるが,焼鳥屋と聞いて鶏の口になっていたので,適当に好みを頼む。まずは「すなずり」は必須。これが美味しいと気分が良くなる。って,もちろん良くなりました。メニューを拝見すると「手ごね生つくね焼」とのページに12種ものつくねメニューが並んでいる。これはいただかないと。もちろんいただいた後は更に気分が良くなりました。
で,以下まとめての写真。寿司屋の握りもそうだが,焼鳥屋の記事も写真だらけになるなぁ。

焼鳥@鳥こまち
焼鳥@鳥こまち
焼鳥@鳥こまち
焼鳥@鳥こまち
焼鳥@鳥こまち
焼鳥@鳥こまち
焼鳥@鳥こまち
焼鳥@鳥こまち

※メニュー画像(8枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

串焼き処 日比谷 鳥こまち あびこ店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅から徒歩1分。3号出入口または4号出入口の階段を登ると地下鉄我孫子南口の交差点。いずれも信号を渡り交差点南東角の「業務スーパー」の入っているビル入口階段の左隣(東側),路面店。
住所: 大阪市住吉区苅田9-15-38
電話: 06-6609-2787
営業時間: 17:00~24:00
定休日: 火曜日
喫煙: 可
リンク: ホームページ 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Tumblr @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[心斎橋] [難波] [地下鉄我孫子] [長堀橋] [梅田] [四ツ橋] [日本橋] [南船場] [堺市] [南森町] [堀江] [西天満] [鶴橋] [天王寺・アベノ] [天満橋] [十三] [淀屋橋] [阪和線] [天六] [北新地] [ドーム前] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR