中国家庭料理 深井飯店@深井(堺市)

我が信頼する隣町のチャーハンター・アッシュ氏が「堺最強チャーハンは深井飯店か!?」と推薦する,堺市内は泉北高速鉄道線深井駅(泉北ニュータウン入口の関所の街)にあるという深井飯店の炒飯。これは食べに行くしかないと遅まきながら出掛けました。(ブログは→ こちら
光明池駅は5年に一度訪ねるのですが,深井駅で降りたのは初めて。ま,二輪や四輪では時々出かける街なので土地鑑はあります。駅構内にもいろいろ店舗が並んでいるそれなりの駅ですね。駅から東へ伸びる道をテクテク5分。簡単に見つかりました。途中いろいろ興味深いお店もあり。これは再訪すべき街ですね。
入店すると1人客なので空いていた6席のカウンターに案内されました。向かいは厨房なのですが,カウンター前は壁で横の大きな配膳窓から少ししか覗けない。背中側は奥が4人席テーブル4卓,手前に2人席テーブル3卓,店舗奥は小上がりの座敷になっていて4卓ぐらい大きめのテーブルがあるかな。平日夜ですが半分以上の入り。フロアスタッフは男性と女性の2人。お二人とも言葉で日本人でないと分かる。厨房の数人のスタッフもたぶん現地の方でしょう。(もちろん日本語通じます。)
(※以下の画像は全てクリックすると別タブで拡大画像が表示されます。)

生ビール(中)@深井飯店

さて日本の酒呑みの麗しき習慣,日本で一番売れているビールの銘柄であろう「取り敢えずビール」を注文w ここは「キリン一番搾り生(中)」\480(以下税込)。ま,ジャパニーズビールの極私的選択順位は,ヱビス>サッポロクラシック>プレモル>ハートランド>一番搾り>>(越えられない壁)>>スードラ,なので没問題(メイウェンティ)。ちな,外国ビールは,ドイツ>ベルギー>その他の国>>(越えられない壁)>>アメリカ,ですな。突出しに中国人の店ではよく出て来るピーナッツ(落花生)。ま,別名「南京豆」というぐらいですから,大陸特産なんでしょうね。これは意外と房総半島産かも知れないですが。

水餃子@深井飯店

生ビールのアテは,「水餃子」\380。提供までずいぶんと時間が掛かったので,注文から皮を包み始めるという噂は本当かな? まず何も付けずにいただきました。ミナミなどの料理人も客も中華系の人というような本場中華の店では,水餃子の具にしっかり味が付いているのですが,ここのは日式中華ですね。2つ目からは,焼餃子用のタレとラー油でいただきました。こうするとグンと旨くなります。
ところで実はアテのつもりだったのですが,炒飯が先に来て食べ終わってからやっと登場。2軒目の予定があったので,軽くしか頼みませんでしたが,本格的に食べるときはスピードメニューと一緒に頼んで,〆ご飯類は後で注文するのが吉かと。

カスター@深井飯店

カスターの調味料類。手前左から餃子のタレとラー油。ラー油はニンニクみじん切りは入っていないタイプ。その隣りは塩だったか胡椒だったか失念しました。奥にたぶんシウマイ用の個別包装の和がらしの小袋。コップに入ったお冷が最初に出て来ますが,足りなければポットから自分で追加可能。

レタス炒飯@深井飯店

さて問題の炒飯。5種類ありますが「レタス炒飯」\680を選択。日式中華定番の卵スープ付き。

レタス炒飯アップ@深井飯店

本日のメインゲストなので,クローズアップで。見るからに美味しそうです。しっとりタイプではなく,フワパラタイプですね。どちらもそれぞれに美味しいですが。

炒飯リフティング@深井飯店

ラーメンの麺リフティングじゃないんですが,炒飯リフティングを。一口,うん,これはしっかり作られています。それなりの料理人がしっかり強力な火力の上で中華鍋を振るって一から作った炒飯です。十数年前から流行りの「レタス炒飯」ですが,定番メニューとして定着したのも分かる,レタスと炒飯のハーモニーです。味付けもあっさりとしながら深みがあります。旨い。

店舗外観@深井飯店

店舗外観。左隣りは7台分の専用駐車場です。この辺りは「郊外型店舗」になるので,駐車場がないと集客が難しいのでしょうね。なお宴会メニュー・飲み放題メニュー・持ち帰り(テイクアウト)もやっているようです。

※店舗データ下の「続きを読む」をクリックすると,メニュー画像5枚が表示されます。

中国家庭料理 深井飯店
アクセス: 泉北高速鉄道線深井駅下車徒歩5分。駅東側の歩道のある広い通りをまっすぐ東へ直進,道の右(南)側の路面店。専用駐車場7台分。
住所: 堺市中区深井沢町3400-1
電話: 072-279-4888
営業時間: ランチ 11:00~15:00(L.O.14:45) / ディナー 17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日: 大晦日午後と元日1日休(店内に,9月から毎週火曜定休ただし祝日は営業,との張り紙がありますがいつの9月か不明。現時点でのネット情報では無休。)
喫煙: 可
リンク: 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [堺市]

地酒と魚 㐂鱗(きりん)@東心斎橋玉屋町

千年町「㐂鱗(きりん)」が玉屋町へ移転したという話は移転前から聞いていたのだが,初訪問が2月になってしまった。入ってみると,先客はカウンターの隅に若いカップルさん1組。カウンター7席・テーブル2席の明るく清潔で居心地の良い店内。山本店主1人で営業されている。で,取り敢えず生ビール中ジョッキ\530(税込か税別か確認を忘れた)。ここは以前から「キリン・ハートランド生」と珍しい。「ビール」と呼べるのは麦芽100%だけですよね。
(以下の画像は全てクリックすると別タブで拡大表示します。)

まつもと@㐂鱗

で,喉を潤した後は日本酒に切り替え。黒板メニューの伏見の酒「まつもと」から。精米歩合58%で,もちろん純米。0.5合で\7~900ぐらいだったかな? その時はチェックしたのだが,GoogleKeepにメモっていなかったので失念。

竹鶴@㐂鱗

続けて,広島は竹原の酒「竹鶴」。精米歩合50%の純米。隣りのカップルが珍しそうなお酒を飲んでいたので,一応酔っ払いの仁義として声をかけてから同じ酒を出していただいた。山本店主によると国内2位の洋酒メーカー・ニッカ創業者の竹鶴政孝氏の実家の酒蔵だという。黒板メニューに載っていないので価格不明。

川鶴@㐂鱗

3杯目は,讃岐の酒「川鶴」。特別純米・限定生原酒。0.5合で\700ぐらいだったかな? 行き付けの居酒屋の猪口に四国の酒蔵一覧が書いてあるのだが,香川県は10蔵ぐらいしかなく,なかなか出会わない。川鶴はその中でも見かける方か。

NEXT5@㐂鱗

カップルが帰られてノーゲストになったので,山本店主からいろいろとうかがう。秋田の銘酒「新政」の話から,私が他のお店で「NEXT5」というのが2本だけ入っていたと話すと,うちも2本だけ入ったと空き瓶を見せていただく。他店では4合瓶2万うん千円でボトル買い切りだったので飲んでいないが,この瓶がなにやら有名建築家?のデザインでボトル代が大きいのだという。

造り5種盛@㐂鱗

山本店主のお店の常として「突出し」の設定はなし。で,突き出し代わりに「造り5種盛」\700を。一部の好事家の間で「魚の変態」と呼ばれている店主とて,珍しい刺身も出て来るのだが,今日は「ブリ・アジ・サワラ・メバル・ハタ」。これが旨い。ちょうどの食べ頃。仕入れに良いルートを確保しているのだという。もちろん目利きも包丁さばきも一流。

くじらのノルウェー風@㐂鱗

メニューに鯨があったので,鯨好きとしては注文しないわけにはいかない。「くじらのノルウェー風」\550。濃厚なタレが絡んで鯨の臭みを感じないので,鯨初心者でもイケるかと。ま,鯨クラスタにとっては,あの臭みも旨味なんだが。

店舗外観@㐂鱗

店舗外観。特徴的なビルで通りから目立つので,一度来店すれば次回からは迷わないかと。1階の左側通路を入って通路の左側。千年町のお店は怪しげな雑居ビルの奥にあったので,「女性を連れて入ると通路の途中で帰られるw」という雰囲気だったのだが,こちらは明るく健康的な立地。
ところで店名の「㐂鱗」,「㐂」の字は「喜」の俗字で飲食店名には時々見かける漢字。実はWindowsとAndroidしか使わないので気が付かなかったが,一部のマイナーなOSでは表示できないとか。上の画像の看板のように「七」の字を「森」の形に3つ並べた漢字です。

ドリンクメニュー@㐂鱗

ドリンクメニュー。他に厨房の壁に地酒の黒板メニュー。こだわりのお酒が並んでいる。

フードメニュー@㐂鱗

フードメニュー。定番はなくて毎日日替わり。怪しげな一品がところどころ混じっている。
なおネット活動を活発にされておられるので,その日のお薦めは店主のブログ・ツイッターで確認して来店できる。
ところで居心地の良いこのお店だが,近々また移転なさるとか。で,移転先はブログで確認して欲しいとのこと。事情もうかがったがネットでは省略します。

【追記】 2018/03/29
昨日深夜にお伺いしました。このお店での正規の営業は今日木曜日までとのこと。明日金曜日は食材がなくなり次第終了です。4月半ばには近くの三津寺筋に新生「うろこ屋」を新規開店なさるそうです。店主のブログでご確認ください。

過去の山本店主のお店の記事:
    2016/04/10 : 漁師直送居酒屋 うろこ屋@東心斎橋 
    2017/04/02 : 居酒屋 㐂鱗(きりん)@東心斎橋千年町 

麒麟(きりん)
アクセス: 地下鉄各駅のどこからもちょっと歩く。大阪市営地下鉄心斎橋駅からの行き方は,大丸前から心斎橋筋商店街(アーケード街)を難波方向に南に進み最初の信号を渡って左折。周防町筋を東へ3つ目の信号,交差点の南西角の近鉄タクシー玉屋町営業所のところを南へ右折。玉屋町筋を1ブロック半進んだ道の右側の特徴的な外観のレジャービルの1階左側通路途中の左側。難波・日本橋・長堀橋からも歩ける距離。
住所: 大阪市中央区東心斎橋2-6-5 エイトワンビル1F
電話: 06-6213-7667
営業時間: 17:30~26:00
定休日: 日曜日
喫煙: 可
リンク: ブログ Twitter 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋] [難波] [日本橋] [長堀橋]

韓国袋麺チャーメン@宗右衛門町玉屋町筋

週末の東心斎橋のハシゴ酒の後の深夜の〆。玉屋町筋の道端に「韓国なんちゃら麺」とあって以前から気になっていたお店。韓国のラーメンといえばラーメンファン・麺クラスタならご存知ですよね。そうインスタントラーメンです。韓国の大衆鍋料理「プデチゲ(部隊鍋)」の〆に即席麺が投入されるのはご存知の通りです。「韓国袋麺」とはぶっちゃっけ韓国製即席袋麺です。いやそれで大阪一(つまり日本一※1)の歓楽街のど真ん中で立派なお店が出ているのがまずの驚き。
(以下の画像は全てクリックすると別タブで拡大します。)

食券券売機@韓国袋麺チャーメン

で,入店。入った右に食券券売機。先客1名。ラーメン屋にしては大箱です。明るく清潔で広めの店内にL字型カウンターに囲まれた厨房。対面にはテーブル席の全18席とのこと。空間をゆったりと使っています。
初めてなので基本の券売機左上の「辛ラーメン」\600(税込)を。これ「辛(しん)」って読むんですね。一度も食べたことなかったので知らなかったです。若い男性スタッフが雪平鍋で調理を始めると,確かに袋麺のインスタントラーメンを作る時の匂いが漂って来ます。

辛ラーメン@韓国袋麺チャーメン

で,登場。実際に見た時は違和感なかったのですが,こうして写真に撮って見ると確かにこれはインスタントラーメンの仕上がりですね。

麺リフティング@韓国袋麺チャーメン

で,麺リフティング。中細縮れ麺と,まあ即席袋麺にありがちな麺ですが,その中でもちょっといいヤツの食感です。券売機の横のボタンが「激辛」だったので,こっちはそんなに辛くないだろうと思っていましたが,辛さに弱い私的には結構効きます。その辛いスープはま,インスタントのチープな味。調理中に投入された生卵はいい具合に熱が通って落とし卵状態で旨し(券売機に「トッピング玉子」ボタンがありますが,デフォで生卵が入るので必要ないとのスタッフの弁)。
先客が先に帰られてノーゲストになったので,酔っ払いのオッサンとしてスタッフに色々うかがいました。まず,このお店,オーナーが「辛ラーメン」を気に入って始めたとか。確かに何軒もクラブ・ラウンジ(韓国クラブ?)を持っているオーナーの税金対策みたいな感じもしますね。「辛ラーメン」は粉末スープですが,「激辛ラーメン」は袋麺パッケージに激辛ペーストが入っていて,これが結構効くとの話。四川と朝鮮の辛さの違いの話になって,私が四川は麻辣で痺れる「麻」がいい味出しているけど,朝鮮は唐辛子の辛さだけですよねというと,スタッフの返しは,でも朝鮮半島のいい唐辛子はそれ自体に複雑な旨味があるとのこと。
ま,しかし,厨房の調理台の上にも無造作に即席袋麺のパッケージが積んであったし,百均でも並んでいる韓国製インスタント袋麺に生卵落としただけで600円は微妙ですね。キチンと作ったラーメンでも500円台であるしなぁ。まあ食材の原価率は低いが,人件費・光熱費なにより場所柄の家賃でペイするための値段設定かな? アテ(ツマミ)が缶詰だけという缶詰バーが流行って何軒もできたんですから,韓国袋麺の店もニッチな市場としてはアリですか?

店舗外観@韓国袋麺チャーメン

お店の場所は三津寺筋(みってらすじ)と玉屋町筋(たまやまちすじ)の交点南東角の大衆寿司店「さかえすし玉屋町店」の南隣りのビル1階の路面店ですが,階段登り口があるので少し奥まっています。深夜0時から朝7時までと完全にミナミのお姉様方と酔客向けの営業です。

韓国袋麺 チャーメン
アクセス: 最寄り駅は大阪市営地下鉄・近鉄難波線日本橋(にっぽんばし)駅,徒歩6・7分。堺筋を北に道頓堀川を渡って,日本橋北詰めを宗右衛門町へ左折。西へ1つ目の千年町筋を右(北)に見送り,次の十字路の玉屋町筋へ右折。北へ1ブロック行く手前,道の右側のビル1階路面店。難波・長堀橋・心斎橋からも歩ける距離。玉屋町筋は心斎橋筋商店街からなら東へ3筋目。
住所: 大阪市中央区宗右衛門町2-26 Y.Hビル1F
電話: 06-4708-7780
営業時間: 深夜24:00~翌朝07:00
定休日: 不定休
喫煙: 可
リンク: ぐるなび 地図 

※1 ミナミの総面積は東京歌舞伎町の約3倍,南北に地下鉄3駅分・東西にも地下鉄3駅分。歩けど歩けど一流ブランド直営店や高級クラブから安売り店・激安呑み屋までもが尽きることなく並んでいます。24時間365日飲み歩ける街です。

 ← ランキングに参加しています。

TAG : [日本橋] [難波] [長堀橋] [心斎橋]

馬肉専門けとばし屋チャンピオン@地下鉄我孫子

先月(2018年1月18日木曜日)に開店した馬肉専門店。ググると市内に何店舗かあるチェーンの新店のようだ。この商店街の外れの下駄履きマンション1階,隣りは「とんがらし(居酒屋)」「中国小菜 双琉(中華)」「カジュアル鉄板 四季(鉄板焼)」と個性的な飲食店が並んでいる。
(画像は全てクリックすると別タブで拡大します。)

生ビール@けとばし屋チャンピオン

取り敢えず,生ビール(プレモル)\450(以下税別)。各テーブルには据え付けのコンロと特徴的な鉄板。焼肉,ただし馬肉がメインですね。小上がりの座敷に4~6人掛けの掘りごたつ式テーブル2卓。フロアは人数に合わせてくっつけたり離したりできるようだが,その分だけで20人以上のキャパはあるかな。店の奥の仕切りの向こうは厨房と向かい合うカウンター。カウンター席は禁煙だそうだ。全40席とのこと。

突き出し@けとばし屋チャンピオン

上の写真は,突出しの「馬肉スープ」。柔らかく煮込まれた馬肉入りで,なかなかいい出汁出してる。

極上馬刺盛り@けとばし屋チャンピオン

まずは生モノから。「極上馬刺盛り(2人前)」\1,980。スタッフがそれぞれの特徴と食べ方を丁寧に説明。

生レバー@けとばし屋チャンピオン

ツレが生肉好きだったので,更に「生レバー」\880。馬のレバーは初めてかな。いいですねぇ。なかなかイケます。特にキツイ癖もなし。

ユッケ@けとばし屋チャンピオン

も一つ生モノ「ユッケ」\780。これは私的には和牛ユッケの方がと思ったが,ツレは高評価,後で追加していた。

燗酒@けとばし屋チャンピオン

メニューには冷酒用の日本酒(純米)2種しか載っていなかったが,燗できますか?とスタッフに問うと,燗用には別に用意があると。一升瓶を席まで持って来て貰って見せていただいたが,酔っ払いの常として銘柄は失念。純米酒だったことは確か。ぬる燗でお願いしました。

ヒレ@けとばし屋チャンピオン

続けて,いよいよメインの焼肉。まずは「ヒレ」\1,280。いや,これは旨い。これはリピートするわ。牛の「ヘレ(ヒレ・フィレ・テンダーロイン)」も好物だが,馬も旨い。焼き方が難しいのでとスタッフが焼いてくれたのが上の写真。馬肉は焼き過ぎると固く不味くなるという。

カイノミ・クラシタ@けとばし屋チャンピオン

続けて「クラシタ」\980とメニューになかった「カイノミ」。一緒に乗っている「チョウチン」はオマケ。ラベルの文字が「赤」と「黒」で分けられていて,「軽く炙るだけでいい肉」と「しっかり火を通す肉」の目印だそうだ。

馬肉チャーハン@けとばし屋チャンピオン

上の写真,グランドメニューには載っていないが,壁に貼り出されていた「馬肉チャーハン」\880で〆。旨々~。炒飯としてもレベル高し。中華というより焼飯の味付だな。メニューにあった「ちょい辛麻馬麺(マーマーメン)」\620というのも気になる。
と,馬肉まみれの飲み会でした。

店舗外観@けとばし屋チャンピオン

店舗外観。この写真では分からないが,夜はガラス越しに店内客席が丸見えなので,昼間営業時間外に撮った写真。(ところで余計なお世話なのだが,このお店,「準備中」「営業中」の表示がどうも見当たらないので,ノーゲストのときは営業中かどうか迷います。通り掛かる一見さんが予め営業時間を調べて来るとは限らないかと。)

※メニュー画像(6枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

けとばし屋チャンピオン我孫子店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅下車徒歩5分。1号出入口よりマクドの右へ伸びる商店街を東へ。スギ薬局を過ぎて最初の信号の手前,道の左側のマンション1階の路面店。
住所: 大阪市住吉区苅田5-6-5 大友マンション1F
電話: 06-4703-5101
営業時間: 16:00~24:00
定休日: 不定休
喫煙: 分煙
リンク: 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

はまぐり酒場 笑師@東心斎橋

東心斎橋をいつものように飲み歩いていると,路上に看板がたくさん出ているお店があったので拝見。「其の手は桑名の焼きはまぐり」との江戸時代の地口が。三重県桑名直送の「はまぐり」専門の酒場だという。その日は飲みの帰りだったので,後日,細い階段を登ってお店の扉を開けた。「はまぐり酒場 笑師(えみし)」さん。
(以下の画像は全てクリックで別タブに拡大表示されます。)

生ビール中@笑師

こじんまりとした店内。カウンターの端に席を取って,取り敢えず生ビール。キリンラガー(中)\390(以下税別)。

焼きハマグリ@笑師

アテはまずお店一押しらしい「焼きはまぐり(3ケ)」\490。桑名の焼き蛤といえば,江戸期からの全国に知られた名物で,弥次喜多道中の十返舎一九『東海道中膝栗毛』にも登場していたかと。殻が熱くなっているので木製洗濯バサミが付いて来ると細かいサービス。いい汁出てますね。酒のアテにぴったりかと。

キノコとはまぐりのホイル焼き@笑師

ホイル焼きって,ちょっとリッチな感じがして昔から好きです。「キノコとはまぐりのホイル焼き」\890。ホワイトソースではなくトロケるチーズ仕立て。これも旨々といただきます。好物の南瓜カボチャも入っていました。
地酒も純米酒ばかりが数は少ないですが並んでいます。桑名の酒は今日は入っていないとのことで,人柄の良さそうな細身の30代店主と相談してメニューにはない純米酒を出していただきました。産地・銘柄をちゃんとうかがったのですが,酔っ払いの常として失念。

はまぐり炊き込み飯@笑師

2軒目の予定があったので,ここらで〆を。ここはもちろん「はまぐりの炊き込み飯」\590を。はまぐりは食べやすく切られています。いいお出汁の上品な味わい。サイズは味噌汁椀1杯と〆ご飯には適度な量。
カウンターは私一人だったので,店主にいろいろうかがいました。出身はもちろん桑名市。そういえば近くにあった「うろこ屋」,今は玉屋町で「㐂鱗(きりん)」という居酒屋をやられている山本店主も確か桑名出身だったなとうかがうとご存知でした。桑名の生家はお互いご近所だとか。

店内カウンター@笑師

店内L字カウンター。椅子は6脚並んでいますが,ゆったりと場所を使っているので,補助椅子を出せばもう少し座れるかと。アンティーク風キリンビールのポスターが印象的。

店内テーブル席@笑師

店内奥,畳屋町筋を見下ろす窓際には,4人掛け丸テーブルが2卓。ちな,窓の向こう道の西側の住居表示は「心斎橋筋」,こちら側からが「東心斎橋」になります。

1階ビル入口@笑師

ビル1階の入口前には看板が並んでいます。ここでメニューを検討してから上がるのもいいかと。画像真ん中の狭い階段を上がると2階踊り場の右側が店舗入口です。

※メニュー画像(4枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

はまぐり酒場 笑師(えみし)
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅下車徒歩3分。大丸本館(工事中)と北館(旧そごう)の間,心斎橋筋商店街のアーケードを横切って大宝寺通を東へ,次の十字路を右に曲がって南に1ブロック行く手前の道の左側のビルの狭い階段を上がって2階。営業中は階段前路上にお店の立看複数あり。
住所: 大阪市中央区東心斎橋1-17-17 三陽ビル2F
電話: 06-4708-4990
営業時間: 18:00~翌5:00
定休日: 不定休
喫煙: 可
リンク: 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Tumblr @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[心斎橋] [難波] [地下鉄我孫子] [長堀橋] [梅田] [四ツ橋] [日本橋] [南船場] [堺市] [南森町] [天王寺・アベノ] [堀江] [天満橋] [鶴橋] [西天満] [淀屋橋] [十三] [阪和線] [天六] [北新地] [ドーム前] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR