オムライス 明治軒@心斎橋

昭和元年(1925年)創業の老舗洋食店だという。が,肩肘を張ったフレンチ気取りの洋食店ではなく,あくまで大衆洋食屋。オムライスが名物だと聞いて心斎橋まで出掛ける。
前はいつも通るのだが入店するのは初めて。レジの女性に人数を伝えて案内を乞う。5階建ビルだというが客席は1~3階。テーブル席は100席もあるらしいが,1階の厨房前のカウンター8席が特等席。調理の様子がよく見える。
取り敢えず,生ビール(中)\500(以下税込)をお願いして,メニューを拝見。大衆洋食屋らしい単品・セットが並ぶ。価格は心斎橋地区にしてはリーズナブル。

オムライス串3本セット@明治軒

お客の8割がオムライスを頼むということで,上の写真は,定番らしき「オムライス 串3本セット」\980。忙しそうなのに意外と早く出て来た。目の前の厨房では,5人ほどのスタッフが働いているが,その内,大ベテランらしきお二人が,それぞれフライパン2つを駆使して次々とオムライスを作られている。
取り敢えず,牛串をアテにビールをいただく。ほどよく揚がった串かつでビールが進む。

オムライス断面@明治軒

で,いよいよオムライス。
薄焼き卵にシワが寄っているが,これでふんわり感を出しているよう。よくあるピンと張った薄焼き卵より卵感が強く旨い。
で,中のケチャップライス。これが違う。ケチャップ系は実は苦手で,オムライスならバターライス+ホワイトソースが好みなのだが,このケチャップライスは違う。まず「具」がない。牛ミンチ・玉ねぎなど全ての具をペースト状にしてご飯にまぶされている。それに加えて,多分この店独特の味付け,ねっとりとまとわりつく官能的なケチャップライスだ。これは違う。確かに名物を名乗るだけのことはある。
付け合せのキャベツの酢漬けも,このオムライスによく合って,間に挟むと食が進む。

玄関@明治軒

猥雑なミナミの街角に佇む姿が老舗の貫禄。

浪花の味 明治軒
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線心斎橋駅6号出入口より右(南)に1ブロック,次の十字路を東へ左折して1ブロック行く手前,道の右(南)側の路面店。徒歩2分。つまり心斎橋筋商店街より大丸本館南東角から清水町筋を東へ1ブロック行く手前。
住所: 大阪市中央区心斎橋筋1-5-32
電話: 06-6271-6761
営業時間: 月木金 ランチ AM11:00~PM3:50 ディナー PM5:00~PM10:00(L.O.PM9:30) / 火曜 ランチ AM11:00~PM3:50 ディナー PM5:00~PM9:30(L.O.PM9:00) / 土日祝 AM11:00~PM10:00(L.O.PM9:30)
定休日: 水曜日(祝日営業翌休) ※詳しくはホームページを参照
喫煙: 可(ランチ禁煙~PM3:00)
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 
関連記事

 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋]

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Tumblr @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[心斎橋] [難波] [地下鉄我孫子] [長堀橋] [梅田] [日本橋] [四ツ橋] [南船場] [堺市] [天王寺・アベノ] [堀江] [南森町] [天満橋] [鶴橋] [西天満] [淀屋橋] [十三] [阪和線] [天六] [北新地] [ドーム前] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR