中国家庭料理 深井飯店@深井(堺市)

我が信頼する隣町のチャーハンター・アッシュ氏が「堺最強チャーハンは深井飯店か!?」と推薦する,堺市内は泉北高速鉄道線深井駅(泉北ニュータウン入口の関所の街)にあるという深井飯店の炒飯。これは食べに行くしかないと遅まきながら出掛けました。(ブログは→ こちら
光明池駅は5年に一度訪ねるのですが,深井駅で降りたのは初めて。ま,二輪や四輪では時々出かける街なので土地鑑はあります。駅構内にもいろいろ店舗が並んでいるそれなりの駅ですね。駅から東へ伸びる道をテクテク5分。簡単に見つかりました。途中いろいろ興味深いお店もあり。これは再訪すべき街ですね。
入店すると1人客なので空いていた6席のカウンターに案内されました。向かいは厨房なのですが,カウンター前は壁で横の大きな配膳窓から少ししか覗けない。背中側は奥が4人席テーブル4卓,手前に2人席テーブル3卓,店舗奥は小上がりの座敷になっていて4卓ぐらい大きめのテーブルがあるかな。平日夜ですが半分以上の入り。フロアスタッフは男性と女性の2人。お二人とも言葉で日本人でないと分かる。厨房の数人のスタッフもたぶん現地の方でしょう。(もちろん日本語通じます。)
(※以下の画像は全てクリックすると別タブで拡大画像が表示されます。)

生ビール(中)@深井飯店

さて日本の酒呑みの麗しき習慣,日本で一番売れているビールの銘柄であろう「取り敢えずビール」を注文w ここは「キリン一番搾り生(中)」\480(以下税込)。ま,ジャパニーズビールの極私的選択順位は,ヱビス>サッポロクラシック>プレモル>ハートランド>一番搾り>>(越えられない壁)>>スードラ,なので没問題(メイウェンティ)。ちな,外国ビールは,ドイツ>ベルギー>その他の国>>(越えられない壁)>>アメリカ,ですな。突出しに中国人の店ではよく出て来るピーナッツ(落花生)。ま,別名「南京豆」というぐらいですから,大陸特産なんでしょうね。これは意外と房総半島産かも知れないですが。

水餃子@深井飯店

生ビールのアテは,「水餃子」\380。提供までずいぶんと時間が掛かったので,注文から皮を包み始めるという噂は本当かな? まず何も付けずにいただきました。ミナミなどの料理人も客も中華系の人というような本場中華の店では,水餃子の具にしっかり味が付いているのですが,ここのは日式中華ですね。2つ目からは,焼餃子用のタレとラー油でいただきました。こうするとグンと旨くなります。
ところで実はアテのつもりだったのですが,炒飯が先に来て食べ終わってからやっと登場。2軒目の予定があったので,軽くしか頼みませんでしたが,本格的に食べるときはスピードメニューと一緒に頼んで,〆ご飯類は後で注文するのが吉かと。

カスター@深井飯店

カスターの調味料類。手前左から餃子のタレとラー油。ラー油はニンニクみじん切りは入っていないタイプ。その隣りは塩だったか胡椒だったか失念しました。奥にたぶんシウマイ用の個別包装の和がらしの小袋。コップに入ったお冷が最初に出て来ますが,足りなければポットから自分で追加可能。

レタス炒飯@深井飯店

さて問題の炒飯。5種類ありますが「レタス炒飯」\680を選択。日式中華定番の卵スープ付き。

レタス炒飯アップ@深井飯店

本日のメインゲストなので,クローズアップで。見るからに美味しそうです。しっとりタイプではなく,フワパラタイプですね。どちらもそれぞれに美味しいですが。

炒飯リフティング@深井飯店

ラーメンの麺リフティングじゃないんですが,炒飯リフティングを。一口,うん,これはしっかり作られています。それなりの料理人がしっかり強力な火力の上で中華鍋を振るって一から作った炒飯です。十数年前から流行りの「レタス炒飯」ですが,定番メニューとして定着したのも分かる,レタスと炒飯のハーモニーです。味付けもあっさりとしながら深みがあります。旨い。

店舗外観@深井飯店

店舗外観。左隣りは7台分の専用駐車場です。この辺りは「郊外型店舗」になるので,駐車場がないと集客が難しいのでしょうね。なお宴会メニュー・飲み放題メニュー・持ち帰り(テイクアウト)もやっているようです。

※店舗データ下の「続きを読む」をクリックすると,メニュー画像5枚が表示されます。

中国家庭料理 深井飯店
アクセス: 泉北高速鉄道線深井駅下車徒歩5分。駅東側の歩道のある広い通りをまっすぐ東へ直進,道の右(南)側の路面店。専用駐車場7台分。
住所: 堺市中区深井沢町3400-1
電話: 072-279-4888
営業時間: ランチ 11:00~15:00(L.O.14:45) / ディナー 17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日: 大晦日午後と元日1日休(店内に,9月から毎週火曜定休ただし祝日は営業,との張り紙がありますがいつの9月か不明。現時点でのネット情報では無休。)
喫煙: 可
リンク: 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [堺市]

餃子舗 珉珉(みんみん)@地下鉄我孫子

餃子を看板にした中華料理店。珉珉(みんみん)グループは直営店もあるが「暖簾分け」の店舗の方が多い。ここも暖簾分けのお店。地下鉄我孫子では,ここの焼餃子が一番気に入っている。
ベテランのご夫婦(?)で営業。男性が厨房,女性がフロア担当。
メニューは珉珉(みんみん)グループ共通のカラー印刷のしっかりしたもの。税込価格だけ後から手書きされている。日式大衆中華に定番のメニューが結構な数並んでいる。

生ビール@珉珉(みんみん)

取り敢えず餃子には生ビールでしょ。生ビール中(サッポロ)\400(以下税込),ちょっと安い。

焼餃子2人前@珉珉(みんみん)

で,もちろん定番の焼餃子から。「鍋貼餃子(焼餃子)」\280を2人前。フロアから厨房へオーダーを伝える言葉は例の謎の言葉。他に水餃子やメニューに「ワンタン風」とある湯餃子(スープ餃子)などが並んでいる。
餃子のタレは,心斎橋店では,酢と醤油を自分で混ぜたが,ここは始めから混ぜてある。そこにラー油を追加。王将の餃子より一回り小振りな焼餃子は,ふわとろジューシーで軽くいくらでも食べられる。やっぱり珉珉(みんみん)の餃子は旨い。
なお,毎月3の付く日(3日・13日・23日)は「珉珉(みんみん)の日」で,焼餃子一人前が\280から\220に値下げのサービス価格。持ち帰りの生餃子パックも安くなる。

紹興酒グラスロック@珉珉(みんみん)

生ビールがなくなったので,紹興酒\500をグラスロックで。そこそこイケる。

炒麺(焼そば)@珉珉(みんみん)

〆は「炒麺(焼そば)」\550。具がちょっと寂しいか。まあ飲みの〆には適量。麺や味付けはソツがない。

店内風景@珉珉(みんみん)

店内風景。カウンター席・テーブル席のこじんまりとした店舗。古いが結構清潔にされている。

店舗外観@珉珉(みんみん)

阪和記念病院の裏口斜向かい。駅近だがちょっと奥に入る。上の写真のように目立つ店舗。
定休日と営業時間の情報がネットで見つからなかったのでスタッフに確認したが,下町の個人店らしく結構アバウトに営業しているみたいだ。

過去の「珉珉(みんみん)」の記事:
    2016/12/11 : 餃子 珉珉(みんみん)@西心斎橋 

元祖餃子舗 珉珉(みんみん) 地下鉄我孫子店
アクセス: 大阪市営地下鉄我孫子(あびこ)駅3号出入口より東へ直ぐの豚カツ屋の角を左折,直ぐ次の病院地下駐車場入口の角を右折,道の左側すぐの路面店。徒歩2分。
住所: 大阪市住吉区苅田7-9-8 ベルクレールアビコ1F
電話: 06-6697-3317
営業時間: 昼 11:30am~2:00pm / 夜 5:00pm~10:00pm
定休日: 火曜日(祝日などの変更あり・当月の定休日は店頭表示)
喫煙: 可
リンク: ホームページ 地図 

    -----------------------

珉珉 地下鉄アビコ店中華料理 / あびこ駅我孫子町駅

夜総合点-



 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

一口餃子 ぎょうざ処だいきち@三津寺

去年,東心斎橋の居酒屋で飲んでいる時に三津寺(みってら)の大阪一口餃子の店「吉風(きっぷう)」が閉店したとスタッフから聞いた。で,見に行ってみると店は閉まっていたが閉店したような休業のような微妙な文面の張り紙。それからもたまに近くに寄った時に覗いてみたのだが,いつも閉まっている。が,この前,「ぎょうざ処だいきち」としてリニューアル・オープンしたとの張り紙があった。そこで気付いたが,いつも定休日の月曜にばかり覗いていたからだ。で,改めて水曜日に出直す。
ネットでググると代替わりして吉風店主の「娘さんとお弟子さん」がやっているとの未確認情報。しかしそれなら何故「吉風」という結構知られた名前を捨てたんだろう?
で,三津寺の雑居ビルを覗いてみると,「ぎょうざ専門店」の行灯は変わらないが,店名は「ぎょうざ処だいきち」に変わっている。入店すると吉風時代と店内は変わらない奥に長いカウンター10席ほどの店。ほぼ満席だったが回転は速い。

生ビール・カスター@ぎょうざ処だいきち

取り敢えずカウンターに座って「生ビールと2人前」。餃子の店なのでわざわざ「餃子2人前」という必要はない。カスターに並んでいるのは餃子用の小皿とラー油・酢・醤油。灰皿も複数常備。

ぎょうざ2人前@ぎょうざ処だいきち

混んでいたのでしばらく待って「ぎょうざ」2人前20個登場。見掛けは吉風時代と変わりなし。

ぎょうざ裏面@ぎょうざ処だいきち

ひとつだけ裏返してみた。表はパリパリ,裏はもっちり。具も旨いが,これは皮のパリパリとした食感を味わう餃子だな。油っこさもなく,生ビールが進む。2人前は男性ならちょい飲み,女性でもペロリと行ける。

ドリンクメニュー@ぎょうざ処だいきち

ドリンクメニュー。ま,この餃子には生ビールが一押しでしょう。以前は壁にも色々なドリンクのメニューが貼ってあったが,少し絞った様子。

料理メニュー@ぎょうざ処だいきち

料理メニュー。壁にも2・3枚追加のメニューがあった。

店舗外観@ぎょうざ処だいきち

店舗外観。雑居ビルの表は焼肉屋だったか。その右の目立たない1階通路を奥に行くと中ほど左側に看板。

ぎょうざ処だいきち
アクセス: 地下鉄難波(なんば)駅14号出入口より北へ徒歩4分,地下鉄心斎橋駅6号出入口より南へ徒歩5分。御堂筋三津寺の南を三津寺筋(みってらすじ)へ東に入った道の北側,頭上に「ロイヤルビル」の大きな看板が見える雑居ビル1階通路の左中程。
住所: 大阪市中央区心斎橋筋2-7-11 日宝ロイヤルビル1F
電話: 06-7653-0748 (吉風とは番号が変わっているので注意)
営業時間: 火~土 18:00~翌1:00 / 日祝 17:30~23:30 / 売り切れ次第閉店
定休日: 月曜日
喫煙: 可
リンク: 地図 

    ------------------------

ぎょうざ処だいきち餃子 / 大阪難波駅心斎橋駅なんば駅(大阪市営)

夜総合点-



 ← ランキングに参加しています。

TAG : [難波] [心斎橋]

水餃子・羊肉でちょっと一杯 双琉@地下鉄我孫子

麻婆豆腐と炒飯で,地元よりネットで有名なお店。特に激辛好きのネット民に「極痺 四川麻辣豆腐」という麻婆豆腐の最凶バージョンが評判。地下鉄駅からも徒歩5分だし,近くにコインパーキングも多いので,いつも前を通る度に盛況で,隣の中伊バルにまではみ出して,宴会気分で盛り上がったお客さんで賑わっているのだが,ある日の夜,前を通りかかると珍しく空いていたので久しぶりに入ってみた。時々ランチには来ているのだが,夜は開店当初に何回か伺って以来。

店内風景@双琉

上の写真は,店内風景。いつもお客さんで立て込んでいてこんな写真は撮れないのだが,珍しく先客2人が帰って貸切状態になったのでパチリ。左奥のビニシーが入口。背中側は厨房とトイレ。水や灰皿はセルフサービス。この日はこの後私が帰るまでに2組5人が入店しただけ。

生中(サッポロ黒ラベル)@双琉

取り敢えず「生中(サッポロ黒ラベル)」\450。オーナー兄弟2人の両親がやっておられるという自家農園製野菜の突き出しも登場。この店の野菜は新鮮で旨い。

水餃子@双琉

アテは好物の水餃子。「夜な夜な手作り水餃子」(黒ダレ・赤酢・酢醤油)3個\270~を赤酢で。もっちりとした皮が旨い。常連向け裏メニューで「スープ餃子(湯餃子)」もできるらしい。

紹興酒@双琉

続けて紹興酒。「古越龍山」3年・5年・8年と選択肢があるが「金龍 5年」グラス\580をロックで。この「古越龍山」,他所の店でも見かけるし,中国で一番売れていると壁のメニューにあるので,日本で言えば,白鶴・松竹梅とか,いいちこ・黒霧島のような大衆酒か。

羊肉と太もやしの四川炒め@双琉

上の写真は,「羊肉と太もやしの四川炒め」\750。ま,この店では麻婆豆腐が定番なのだが,ここのは塩辛くてちょっと私の口には合わないなぁ,と様々な調理法の料理が並ぶメニューを見ていると,好物の羊肉メニューを発見したのでこれに決める。「四川炒め」なので当然辛口,汗が噴き出してくるが,「辣」よりも痺れる「麻」が突出してなかなかに旨し。
と,少食の私の適量いただいて,勘定は2,250円。

過去の「双琉」の記事:
    2016/04/03 : 中国小菜 双琉@地下鉄我孫子(ランチ)

中国小菜 双琉 (そうりゅう)
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅1号出入口より商店街を東へ,スギ薬局・辻整形外科を過ぎた先の道の左(北)側,下駄履きマンション1階のビニシー路面店。徒歩4分。
住所: 大阪市住吉区苅田5-6-5 メゾン大友1F 106号
電話: 06-6655-0616
営業時間: ランチ(火~金) 11:45~14:30(L.O.13:45) / ディナー(火~日) 18:00~22:30(L.O.21:45)
定休日: 月曜日(土日月はランチ休み)(時々不定休があるし人気店なので電話予約が無難)
喫煙: 可(ランチタイム禁煙)
リンク: 地図 

    ------------------------

双琉中華料理 / あびこ駅我孫子町駅

夜総合点-



 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

梅蘭焼きそば@阪急三番街

横浜中華街に本店があるという「梅蘭(ばいらん)」という中華料理屋に「梅蘭焼きそば」という名物があるという。福岡から東京まで手広くやっているようで,大阪には6店舗あるらしい。で,阪急三番街店まで出かける。
店内はそこそこ広い。テーブル席がメインだが,カウンター席も少しある。また,アコーディオンカーテンで個室として仕切れる円卓も2つ。別々の個室としても,1つの大きめの個室としても使えるので宴会利用も可。

生ビール(サッポロ生中)@梅蘭

取り敢えず,生ビール(サッポロ生中)\570(以下税込)。オサレなグラスで出て来るが結構たっぷり入っている様子。

梅蘭焼きそばメニュー@梅蘭

メニューの「梅蘭焼きそば」のページ(クリックで拡大)。ノーマル・辛口・海鮮とバラエティがある。小サイズの用意もあり。これはアテ需要かな?
他にも前菜から始まって,中華のメニューが厳選されて並んでいる。

梅蘭焼きそば@梅蘭

上の写真が,今回の目的の「梅蘭焼きそば(普)」\900。普通サイズでがっつりといただく。表面は麺がカリカリに焼かれている。

梅蘭焼きそば(リフティング)@梅蘭

しっかりと焼かれた表面を割ってみると,中から具と一緒に緩めの餡が絡んだ柔らかい麺が出現。しっかりとした味付けで普通の中華焼きそばとしても旨い。麺もいい。いや「名物」を名乗るだけはある。必食。
なお,トイレは店内になく,店舗を出て右または正面に進んだところにあるが,どちらも遠い。禁煙といい,長時間の宴会向きではないな。

梅蘭(ばいらん)阪急三番街店
アクセス: 各線梅田駅・JR大阪駅下車。阪急三番街南館地下2階のレストラン街の南東角。
住所: 大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街南館B2
電話: 06-6372-2688
営業時間: 11:00~23:00(L.O.22:20)
定休日: 不定休(阪急三番街に準ずる)
喫煙: 分煙(確認していないが,たぶん平日夜の個室以外は禁煙)
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 

    ------------------------

梅蘭 阪急三番街店中華料理 / 梅田駅(阪急)梅田駅(大阪市営)大阪駅

夜総合点-



 ← ランキングに参加しています。

TAG : [梅田]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Instagram @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[心斎橋] [難波] [地下鉄我孫子] [長堀橋] [梅田] [四ツ橋] [日本橋] [南船場] [堺市] [南森町] [天王寺・アベノ] [堀江] [天満橋] [鶴橋] [西天満] [淀屋橋] [十三] [阪和線] [天六] [北新地] [ドーム前] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR