広島焼 ののすけ@地下鉄我孫子

広島焼の新店開拓。地下鉄我孫子駅から駅周辺の飲食店などの立ち並ぶ店舗街を抜けて北へ住宅地辺りまで行った下駄履きマンションの1階にお店がある。
店内はこぢんまりとしているが明るい内装。スタッフは厨房の店主らしき(還暦過ぎの私から見ると)若めの男性のみ。入って左側にテーブル,4人席2卓・2人席2卓。右側の厨房の前のカウンターは3席ほどある。お好み屋さんではあるが,テーブル・カウンターとも鉄板はハマっていない。厨房でまとめて焼いて出すようだ。
(追記も含め,以下の写真は全てクリックすると別タブで拡大表示します。)

生ビール@広島焼ののすけ

取り敢えず,生ビール(スードラ)中ジョッキ\450(以下税込)。お好み焼きなので焼き上がるまで10分ほど待ったか? その間,結構枚数のあるメニューをゆっくり眺める。

広島焼@広島焼ののすけ

で,「広島焼」\750登場。テーブルに鉄板がハマっていないので,熱々の鉄皿の上に乗っかっている。初めてなのでトッピングなどはせず素のノーマルを。ただし,広島焼には「そば(中華麺)」か「うどん」のどちらかが入り,「そば」が多数派みたいだが,今まで「うどん」でいただいたことがなかったので,「うどん」を指定した。ということで具は,キャベツ・もやし・豚肉・たまご・うどん。広島で注文するときは「肉玉うどん」と通ぶって言えばいいのかな? 大阪で単に「肉」といえば牛肉一択だが,広島焼屋さんの「肉」は豚肉のこと。
ところで既に切り分けられている。メニューにも店内の壁にも,広島焼は重ね焼きで切りにくいのでご希望の方はおっしゃっていただければ厨房で切り分けます,との意味の表示があるが,どうも注文のときに「初めてなので一番普通の広島焼をうどんでお願いします」と言ったので,コイツは初心者だなと気を使って切り分けてくれたらしい。

カスター@広島焼ののすけ

卓上のカスターには,一味・胡椒・ゴマ・ガーリック・塩の調味料。横に追加のソースの容器が立っている。好物の青海苔は厨房でかけられて出て来ているが,追加の容器はなし。

ゴマ・ガーリックon広島焼@広島焼ののすけ

好みで,ゴマとガーリックを多めにかけていただく。
旨い。その一言ですね。天五の「厳島(いつくしま)」でいただいた広島焼は,ほとんど粉モン感を感じなかった。野菜と麺とソースの旨味が前面に出ていた。ここのはちょっと違って,どっしりとした粉モン感がある。より大阪のお好み焼きの食感に近い感じ。私は,エスニック好きの羊肉クラスタという変わった味覚を持っているので,たいていの地方や国の料理もそれに口を合わせて美味しくいただけるのだが,「粉モン好きの大阪人」ならこちらの方が好みかと。
そして何より,うどんの旨さ。大阪のモダン焼きなら「そば」一択だが,広島焼は「うどん」もアリですね。これからはどちらにするか,毎回悩みそう。
と,今回も満足して,お勘定は1,200円。ごちそうさまでした。

店舗外観@広島焼ののすけ

店舗外観。住宅街にポツンとあるので,特に日暮れてからは明るい照明で目立つかと。看板も遠くからよく見える。

※メニュー画像(8枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

広島焼き ののすけ
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅下車,徒歩6・7分。1号出入口よりマクドの前の商店街を東へ。すぐの十字路を北へ左折。ここから北へどんどん歩いていい加減飽きた頃の信号を渡って,更に2ブロック行く手前,道の左側に見える路面店。地下鉄長居駅,JR我孫子町駅・長居駅からも少し遠くなるが徒歩10分圏内。
住所: 大阪市住吉区苅田2-16-5 レジデンス寿1F
電話: 06-6696-5758
営業時間: 11:00~14:00 / 17:30~22:00
定休日: 日曜日
喫煙: 可
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

お好み焼き 鶴橋風月本店@鶴橋

創業60余年だというお好み焼きの有名チェーン「鶴橋風月」。いつもは道頓堀戎橋店でいただくのだが,今回鶴橋の本店へ初訪問。近鉄鶴橋駅西口を降りるといつもの焼肉屋の密集地帯。焼肉の誘惑を振り切って路地裏のお店へ。
本店は126席/26台の大箱だそうだが,入ってすぐの4人席に案内される。お好み焼き屋で相席は難しいよな。1人で占領。

生ビール@鶴橋風月

取り敢えず,生ビール(スードラ)中ジョッキ\529(以下税込)。ドリンクメニューにお酒は各種あるが,私は「粉モンには生ビール一択」派。各テーブルにはもちろん鉄板がはまっている。
フードメニューには,お好み焼き・モダン焼・焼そば・鉄板焼・一品と並んでいるが,今回は店名を冠した「風月焼き」\1,296を。道頓堀戎橋店では,いつも「チーたま豚モダン」たまに「ソース焼そば大盛り」なので,実はモダン焼(そば乗せ)でないお好み焼きは鶴橋風月では初めて。本店に敬意を表した。

風月焼き・焼き始め@鶴橋風月

上の写真は「風月焼き」焼き始め。具は,イカ・豚・海老・牛肉とちょっと豪華。
鶴橋風月では,厨房で焼き上げてサーブされるのではなく,このように客席の鉄板でスタッフが焼き上げまで面倒をみるシステム。もちろん付きっきりではなく,タイミングを見計らって何度も回ってくる。この日,私の席の周辺では「焼き」担当のスタッフはみな若い女性ばかりだった。

カツオ・オン・ザ・風月焼き@鶴橋風月

ほどよく火が入る頃,スタッフがやって来て,カツオの有無を問われたので乗っけて貰う。で,反転。

風月焼き・焼き上がり@鶴橋風月

焼き上がりを見計らって,またスタッフがやって来る。

風月焼きソースマヨ@鶴橋風月

今度はマヨネーズの有無を問われて,なんちゃってマヨラーの私はもちろんお願いして,ソースとともに延ばされて,上の写真が完成。後はテーブルに用意の青海苔や一味などを好みで追加する。

風月焼き・断面@鶴橋風月

「風月焼き」断面。結構分厚く焼き上がっている。

青海苔・オン・ザ・風月焼き@鶴橋風月

ここで,大好物の青海苔を忘れていることに気付き慌ててたっぷり振り掛ける。歯に付いて残るとかで青海苔を嫌う女性もいるそうだ。
で,テコ(コテ・ヘラ)で端から四角く切り取って,そのままテコで口に運んでいただく。もちろん小皿に取って箸でいただいても良い。大阪人でも意見の分かれるところ。
で,お味だが…。たっぷりの具などはもちろん旨い。が,生地がゆるめで粉モン感があまり感じられない。「私個人」はどっしりとした粉モン感のあるお好み焼きが好きなので,こういうタイプの生地のお店ではいつもモダン焼をいただくことにしている。鶴橋風月の「ソース」と「そば麺」は絶品なので,「個人的」にはモダン焼・焼そばがオススメのお店かな?(←個人の感想であり,効能効用を保証するものではありません。) 次回はいつもの「チーたま豚モダン」だな。
で,今回のお会計は1,825円。

(ところで今考えると,客席の鉄板でスタッフが焼き上げるスタイルのお店は,どこもこの「キャベツ多め・生地ゆるめ」のタイプだったような気がする。ひょっとして未熟なスタッフが「焼き」に失敗しないための工夫なのか? 研究の余地あり。)

鶴橋駅西口広場

路地が入り組んでいるので,場所がはっきり分かっていないとお店を見つけにくいかと。JR鶴橋駅西口を出ると目の前は上の写真のように小さな広場になっている。画像中央の「このおく」という矢印に従って路地に入ってすぐの路地を右に入った道の右側。「このおく」の西に伸びる路地は,一部では「鶴橋焼肉通り」「鶴橋焼肉ストリート」とか呼ばれているらしい。路地の両側に何軒もの焼肉屋が軒を連ねていて,事前にお店を決めていない方は迷いに迷うところ。もちろん周辺にも焼肉屋多数。

店舗外観@鶴橋風月

で,路地の奥にあるお店の入口。

過去の「鶴橋風月」の記事:
    2014/10/05 : お好み焼き 鶴橋風月@道頓堀戎橋 

鶴橋風月 本店
アクセス: 大阪市営地下鉄千日前線鶴橋駅7号出入口より南へ直進しJR鶴橋駅西口へ。近鉄・JR鶴橋駅西口前の広場奥の左側の路地を西へ入ってすぐ次の路地を右(北)へ。道の右側,路面店。徒歩1分。
住所: 大阪市天王寺区下味原町2-18
電話: 06-6771-7938
営業時間; 11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日: 無休・元日のみ休み
喫煙: 可(ランチ禁煙~14:00)
リンク: ホームページ 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [鶴橋]

お好み焼き ぼてぢゅう@なんなんタウン

難波の地下街,以前は「虹の街」と「なんなんタウン」で,分かりやすく覚えやすかったのだが,「虹の街」は「なんばウォーク」に改名するし,「なんなんタウン」もリニューアルで「NAMBAなんなん」って,オジサンにはどちらも覚えられないよ。
「NAMBAなんなん」って,前身の「ナンバ地下センター」は「ウメダ地下センター」「ドージマ地下センター」より古い大阪最古の地下街だったっけ? 最古参らしく古びて暗い地下街で中学生の頃は足を踏み入れたこともなかったが,現在は今風のキレイで明るい地下街になっている。
で,その地下街「NAMBAなんなん」でお好み焼き。「ぼてぢゅうナンバ店」へ。表のショーウィンドウに食品見本の飾ってあるお店。道頓堀に總本店を構えて,九州から関東にかけて手広くやってるチェーン店。このチェーン,元は「ぼてぢゅう総本家」の暖簾分けらしいが,「総本家」が倒産・廃業後は全ての権利を買い取ったらしい。他に難波に2店舗だけ構える「大阪ぼてぢゅう」があるが,こちらも「総本家」の別系統らしい。

生ビール(中)@ぼてぢゅうナンバ店

というわけで入店。カウンター席の真ん中に座って,とりあえず「生ビール中」\580(以下税別)。生ビール(大)+キムチ+黒枝豆の「大ジョッキセット」\780(期間限定)というお得なセットもあるが,小食なのでビール腹にはお好み焼きしか入らないのでパス。
店内は,入って右が壁に向かったカウンター席6席,左にテーブルが4席+2席+4席,奥が厨房というこじんまりとした店舗。各テーブルには鉄板がはまっている。ここ,カウンター席にも細長く鉄板が。これいいね。これが普通。道頓堀の總本店はこの前の改装でカウンター席に鉄板がなくなった。熱した鉄皿に入れて持ってくるが,あれは味気ないし,実際「不味く感じる」。こちらの支店の難点は全面禁煙なことか。ま,總本店も夏休み期間など子供の長期休暇中は禁煙になるが。
なお遅い時間帯だったので,先客は4人席に若い女性2人組,カウンター奥に大ジョッキを前にした若いリーマン1人。この日のスタッフは,奥の厨房に若めの男性,フロアはバイトらしきお嬢さんの2人体制。

黒毛和牛の牛玉@ぼてぢゅうナンバ店

メニューを拝見,定番が揃っているが,ここはちょっと張り込んで「黒毛和牛の牛玉」\1,200。お好み焼きといえば「豚」が基本中の基本だが,たまの「牛」も旨し。って,大阪では単に「肉」といえば「牛肉」に決っているが(だから「肉まん」ではなく「豚まん」),さすがに豚肉が主役のお好み焼き屋では「牛玉」と表記するな。「豚」を「肉」と詐称するお店は(大阪地場のお店では)皆無だが。
で,上の写真,厨房で焼き上げられて持って来られる。マヨネーズと辛子の有無を問われたが両方お願いする。このマヨと辛子,今では普通に見かけるが,そもそもは元祖の「ぼてぢゅう」が歓楽街のオネエサンたちの口に合わせて始めたとか。マヨ嫌い派もいらっしゃるが,私は「なんちゃってマヨラー」。辛子や一味も趣が変わって旨し。

卓上のカスター@ぼてぢゅうナンバ店

卓上のカスター,といってもカスター皿はなく直接置いてあるが,爪楊枝・黒胡椒・一味・カツオ・青海苔。黒胡椒って珍しいな。

牛玉フルメイク@ぼてぢゅうナンバ店

で,テコ(コテ・ヘラ)でマヨ・辛子を全面に伸ばし,カツオを満遍なく乗っけてから,好物の青海苔たっぷりでフルメイク。

牛玉断面@ぼてぢゅうナンバ店

牛玉断面。重ね焼きの崩れやすい広島焼はピザのように放射線状に切るが,大阪の混ぜ焼きのお好み焼きは端から一直線に四角く切っていく。箸は補助で,基本テコで口に運ぶ(この辺は大阪でも意見の別れるところ?)。ここのこのテコ,特徴的だな。切りやすい工夫のつもりかな。先割れスプーンと同じで却って使いづらい。小さな親切,大きなお世話。
で,肝心のお味だが,旨い! お値段だけあって牛肉がたっぷり入っている。ちぎれた牛肉だけ口に入れてみたが,噛むとジュッと肉の旨味が出て来る。黒毛和牛でも結構いいやつだわ。さすがは「ぼてぢゅう」,場末の安い牛玉とは一味も二味も違う。お好み焼き自体も,ふんわり柔らか系だが,粉もん感の強いしっかり系が好みの私の口にも合う。ちょっとふんわり系を誤解していたようだ。上手い店で食べれば旨い。
と十二分に満足して,お勘定は消費税8%が付いて1,922円。この後,地上に出てマルイと高島屋の間の広場の喫煙コーナーに駆け込んだのは言うまでもない(周辺は路上喫煙禁止区域です)。

ぼてぢゅう ナンバ店
アクセス: 各線難波(なんば)駅下車。大阪市営地下鉄御堂筋線なんば駅南改札口より目の前のマルイ(OIOI)地下入口の右から地下街(NAMBAなんなん)北通路に入り左側の店舗を見てしばらく進み,マルイ南東地下出入口の次の店舗。下記リンクのフロアマップ参照。徒歩3分。
住所: 大阪市中央区難波5丁目 NAMBAなんなん7号
電話: 06-6643-7661
営業時間: 11:00~22:00(L.O.21:30)
定休日: 不定休(地下街NAMBAなんなんに準ずる。次回定休日は下記リンク「NAMBAなんなん」参照。)
喫煙: 不可
リンク: ホームページ NAMBAなんなん(地下街フロアマップ) 地図 

【追記】 最近は毎週日曜日更新のペースで来たのですが(というか,土日しかブログ書く時間が取れないです),今回はお盆休み突入とともに連日飲んだくれてて,1日遅れ月曜夕方更新になってしまいました。せっかく覗いていただいた方々,空振りで申し訳ありませんでした。

 ← ランキングに参加しています。

TAG : [難波]

広島焼 厳島@天六

先日,東心斎橋の行き付けの居酒屋の調理担当スタッフ(今月末でめでたく寿退職)が広島出身だと言うので,広島焼(広島風お好み焼き)の話になった。で,広島出身者が大阪で一番気に入ったのが,このお店だという。
で,久しぶりに天六まで。お店の住所は天五だが,天神橋筋六丁目駅12番出口から南へ1分の至便の場所。思ってたより目立たない店だったので,危うく通り過ぎかけたが「お好み」の暖簾が目に入って注視すると「広島焼」の文字も。
入店して,1人だと告げると,空いていたカウンターの一番入口に近い席を指定される。鉄板の前のカウンターは6席,調理の様子が至近で見れる特等席。後,2人掛けテーブル2卓と4人掛けテーブル1卓のこじんまりとしたお店だ。店内は明るく清潔感がある。

生ビール@広島焼厳島

取り敢えず生ビール中\500(以下税別)を。銘柄はサッポロとだけある。ところで,上の写真の奥に鉄皿が写っているが,残念ながらこのお店はテーブル席には鉄板がない。で,この鉄皿に乗せて出されるようだ。選べるならカウンター席を指定すべきお店。

調理風景@広島焼厳島

上の写真は調理風景。目の前で手早く技が繰り広げられる。大阪のお好み焼き(混ぜ焼き)は家庭でも作れるが,広島焼(重ね焼き)は(野菜や具を重ねただけで空中分解しやすく)お店でプロに作って貰う食べ物だな。

厳島焼@広島焼厳島

で,しばし待って最後にネギをたっぷり乗っけて登場。「厳島焼」\1,050。初めてなので,取り敢えずメニューの左上のお店の名前を冠した定番をお願いした。具は,肉・玉子・イカ天とシンプル。広島焼はモダン焼のように「そば(中華麺)」または「うどん」が入るのだが,今回は広島では多数派だと以前聞いた「そば」でお願いした。一方,玉子は鉄板で別に焼かれる。これは以前,広島を訪れた時に「お好み村」とかいうところでいただいたのと同じだな。また広島焼に入るイカは,デフォルトでは生イカではなくイカ天だという。

マヨネーズ@広島焼厳島

マヨネーズの有無を問われたので,なんちゃってマヨラーの私は当然要りますと答えると,マヨネーズを容器ごと渡された。上の写真は自分でかけました。

オタフクソース@広島焼厳島

予めソースは塗られているのだが,お好みで「オタフクソース」と「一味?」を自分で追加できる。隣りの常連らしきお客さんは,マヨ抜きで一味?とオタフクソースたっぷりで攻めていた。

広島焼断面@広島焼厳島

広島焼断面。大阪のお好み焼きを食べる時は,方眼に切って順にテコ(コテ/ヘラ)でいただくのだが,重ね焼きの広島焼は崩れやすいので,ピザのように放射状にカットしてテコでいただく。
大阪のお好み焼き屋にもメニューの1つとして、広島焼の設定があるが、あれらは食べてみるとまだ粉もん感が強かった。これは粉もん感はほとんどなく、強いて言えばキャベツ焼に近い食感。食べ物としての方向性が異なる印象。オタフクソースを追い掛けして更に刺激を求める。テコが進む。
と満腹して,勘定は消費税8%が付いて計1,670円。

店舗外観@広島焼厳島

店舗外観。セブンイレブン天神橋筋6丁目駅南店の右隣り。土曜日の夕飯時だったこともあり,お店は空席が出来てもすぐに埋まる盛況。
ところで,大阪では普通に「広島焼」というのだが,広島の人は「広島焼」と言うと「お好み焼きじゃ!」と怒るとかいう話がまことしやかに流れているが,あれはどうも東京のメディアの仕込み,デマらしい。相互フォローしている広島在住のツイッタラーも「そんなこと気にしない」と呟いているし,前述の広島出身のスタッフも普通に「広島焼」と言っていた。そもそも,このお店も他の広島焼専門店も,自分で「広島焼」と名乗っているしなぁ。

※メニュー画像(4枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

厳島(いつくしま)
アクセス: 大阪市営地下鉄天神橋筋六丁目駅12号出入口より左へ広い道の東側歩道を南進,徒歩1分,歩道に面した路面店。
住所: 大阪市北区天神橋5-8-10
電話: 06-6358-1012 (予約可)
営業時間: 11:00~23:00(L.O.22:30)
定休日: なし
喫煙: 可(スタッフに頼まないと灰皿は出て来ない)
リンク: 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [天六]

ホルモン焼うどん お好み焼よしだ@北花田(堺市)

堺市北花田に「ホルモン焼うどん」の美味しいお好み焼き屋があると聞き,地下鉄御堂筋線に乗って遠征。駅から南西に3分ほど,昭和なバラックに「お好み焼よしだ」の看板を見付ける。引き戸を開けると,7席ほどのL字カウンターと厨房。厨房の女将がカウンターを見回して,奥の座敷で良ければ,と入店を許可される。平日夜だが,満席のカウンター席は,美人女将ファンらしい近所?のオッチャン達が居酒屋気分で盛り上がっている。外観の予想とは違い,店内は明るく清潔。場末のお好み焼き屋とは一線を画する。
で,壁で仕切られた奥に入ると,小上がりの座敷に鉄板のはまった4人席が3つ。その1つを占領して,取り敢えずメニューを拝見。

生ビール@お好み焼よしだ

まずは生ビール中ジョッキ(スードラ)\390(以下税込)。ハタチ前後の娘さんが店内をいったり来たりしているので,ついでに灰皿も所望。

だし巻きたまご@お好み焼よしだ

で,お目当ての「ホルモン焼うどん」と一緒に,その前のアテに「だし巻きたまご」\340を。すぐに出て来たが,そつなく仕上がっていて旨い。生ビールが進む。

赤霧島お湯割り@お好み焼よしだ

続けて,お気に入りの芋焼酎「赤霧島」\520をお湯割りで。完全に飲み屋気分だな。

ホルモン焼うどん@お好み焼よしだ

で,だし巻きをいただき終わって,しばらくあって「ホルモン焼うどん」\740がいよいよ登場。見掛けはまあ標準的な焼うどんだな。

ホルモン焼うどんリフティング@お好み焼よしだ

小皿に取っていただく。第一印象は,ニンニクがよく効いていてスパイシー。これはニンニク好きにはたまらないな。流石に評判になる旨さ。どんどんと食が進む。丸っこいホルモンは歯ごたえあり。しがめば脂の旨みが出て来る。2杯目は焼酎に切り替えちゃったけど,これはやはり生ビールが合う。
と,満腹して,勘定は1,990円。

店舗外観@お好み焼よしだ

店舗外観。看板が目立つので見落とすことはないかと。

ドリンクメニュー@お好み焼よしだ

ドリンクメニュー。下町価格。

料理メニュー@お好み焼よしだ

料理メニュー。定番の粉もん以外に,居酒屋風アテも充実。

お好み焼よしだ
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線北花田駅4号出入口から右へ通称「ときはま線」の西側歩道を南下し,最初の信号を西へ右折。住宅街の先,道の右側の一軒家。徒歩3分。
住所: 堺市北区北花田町1丁31-2
電話: 080-6148-0141
営業時間: 17:00~22:00(L.O.21:30)
定休日: 月曜日
喫煙: 可
リンク: ブログ 地図 

    ------------------------

お好み焼 よしだお好み焼き・たこ焼き(その他) / 北花田駅

夜総合点-



 ← ランキングに参加しています。

TAG : [堺市]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Tumblr @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[心斎橋] [難波] [地下鉄我孫子] [長堀橋] [梅田] [四ツ橋] [日本橋] [南船場] [堺市] [南森町] [天王寺・アベノ] [堀江] [天満橋] [鶴橋] [西天満] [淀屋橋] [十三] [阪和線] [天六] [北新地] [ドーム前] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR