お好み焼き 鶴橋風月本店@鶴橋

創業60余年だというお好み焼きの有名チェーン「鶴橋風月」。いつもは道頓堀戎橋店でいただくのだが,今回鶴橋の本店へ初訪問。近鉄鶴橋駅西口を降りるといつもの焼肉屋の密集地帯。焼肉の誘惑を振り切って路地裏のお店へ。
本店は126席/26台の大箱だそうだが,入ってすぐの4人席に案内される。お好み焼き屋で相席は難しいよな。1人で占領。

生ビール@鶴橋風月

取り敢えず,生ビール(スードラ)中ジョッキ\529(以下税込)。ドリンクメニューにお酒は各種あるが,私は「粉モンには生ビール一択」派。各テーブルにはもちろん鉄板がはまっている。
フードメニューには,お好み焼き・モダン焼・焼そば・鉄板焼・一品と並んでいるが,今回は店名を冠した「風月焼き」\1,296を。道頓堀戎橋店では,いつも「チーたま豚モダン」たまに「ソース焼そば大盛り」なので,実はモダン焼(そば乗せ)でないお好み焼きは鶴橋風月では初めて。本店に敬意を表した。

風月焼き・焼き始め@鶴橋風月

上の写真は「風月焼き」焼き始め。具は,イカ・豚・海老・牛肉とちょっと豪華。
鶴橋風月では,厨房で焼き上げてサーブされるのではなく,このように客席の鉄板でスタッフが焼き上げまで面倒をみるシステム。もちろん付きっきりではなく,タイミングを見計らって何度も回ってくる。この日,私の席の周辺では「焼き」担当のスタッフはみな若い女性ばかりだった。

カツオ・オン・ザ・風月焼き@鶴橋風月

ほどよく火が入る頃,スタッフがやって来て,カツオの有無を問われたので乗っけて貰う。で,反転。

風月焼き・焼き上がり@鶴橋風月

焼き上がりを見計らって,またスタッフがやって来る。

風月焼きソースマヨ@鶴橋風月

今度はマヨネーズの有無を問われて,なんちゃってマヨラーの私はもちろんお願いして,ソースとともに延ばされて,上の写真が完成。後はテーブルに用意の青海苔や一味などを好みで追加する。

風月焼き・断面@鶴橋風月

「風月焼き」断面。結構分厚く焼き上がっている。

青海苔・オン・ザ・風月焼き@鶴橋風月

ここで,大好物の青海苔を忘れていることに気付き慌ててたっぷり振り掛ける。歯に付いて残るとかで青海苔を嫌う女性もいるそうだ。
で,テコ(コテ・ヘラ)で端から四角く切り取って,そのままテコで口に運んでいただく。もちろん小皿に取って箸でいただいても良い。大阪人でも意見の分かれるところ。
で,お味だが…。たっぷりの具などはもちろん旨い。が,生地がゆるめで粉モン感があまり感じられない。「私個人」はどっしりとした粉モン感のあるお好み焼きが好きなので,こういうタイプの生地のお店ではいつもモダン焼をいただくことにしている。鶴橋風月の「ソース」と「そば麺」は絶品なので,「個人的」にはモダン焼・焼そばがオススメのお店かな?(←個人の感想であり,効能効用を保証するものではありません。) 次回はいつもの「チーたま豚モダン」だな。
で,今回のお会計は1,825円。

(ところで今考えると,客席の鉄板でスタッフが焼き上げるスタイルのお店は,どこもこの「キャベツ多め・生地ゆるめ」のタイプだったような気がする。ひょっとして未熟なスタッフが「焼き」に失敗しないための工夫なのか? 研究の余地あり。)

鶴橋駅西口広場

路地が入り組んでいるので,場所がはっきり分かっていないとお店を見つけにくいかと。JR鶴橋駅西口を出ると目の前は上の写真のように小さな広場になっている。画像中央の「このおく」という矢印に従って路地に入ってすぐの路地を右に入った道の右側。「このおく」の西に伸びる路地は,一部では「鶴橋焼肉通り」「鶴橋焼肉ストリート」とか呼ばれているらしい。路地の両側に何軒もの焼肉屋が軒を連ねていて,事前にお店を決めていない方は迷いに迷うところ。もちろん周辺にも焼肉屋多数。

店舗外観@鶴橋風月

で,路地の奥にあるお店の入口。

過去の「鶴橋風月」の記事:
    2014/10/05 : お好み焼き 鶴橋風月@道頓堀戎橋 

鶴橋風月 本店
アクセス: 大阪市営地下鉄千日前線鶴橋駅7号出入口より南へ直進しJR鶴橋駅西口へ。近鉄・JR鶴橋駅西口前の広場奥の左側の路地を西へ入ってすぐ次の路地を右(北)へ。道の右側,路面店。徒歩1分。
住所: 大阪市天王寺区下味原町2-18
電話: 06-6771-7938
営業時間; 11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日: 無休・元日のみ休み
喫煙: 可(ランチ禁煙~14:00)
リンク: ホームページ 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [鶴橋]

鶴橋ホルモン 金太郎@鶴橋

久しぶりに鶴橋で焼肉。「鶴橋ホルモン金太郎」。地下鉄鶴橋駅6号出入口よりまっすぐ徒歩1分,JR・近鉄鶴橋駅西口より左へ徒歩1分。ガード下のお店(「ぐるなび」の地図は間違い)。鶴橋といえば朝鮮人の街,ましてや焼肉。でも,この店のスタッフは中国人。というわけで,電話で席を予約して,鶴橋駅でツレと待ち合わせ。

白菜キムチ@金太郎

とりあえず生ビール,ツレはマッコリ。霧島酒造の芋焼酎「赤霧島」のボトルがあるのが珍しい。で,突き出し代わりに白菜キムチ。

上塩タン@金太郎

まずは上の写真,どこでも頼む塩タン。メニューに3種類ほどあったが,ツレが薄切りがいいというので「上塩タン」を選ぶ。ほどほどタンの味。無煙ロースターでせっせと焼く。

特上ミスジ@金太郎

続いてこれも好物「特上ミスジ」。肉の甘みたっぷり。こういう赤身の肉々しいのがいい。焼肉のタレにニンニクとヤンニョンジャン(辛味噌)を入れて朝鮮人気分。

特選上ミノ@金太郎

で,日曜日(食肉市場が休み)だが,ホルモンもいっとくかと「特選上ミノ」。これが塊でドンと出て来て驚いた。料理用ハサミを渡されて,自分で好きなように切って焼け,とのこと。赤身の肉はさっと焼く方が好きだが,ミノはじっくり焼いた方が旨い。

テールスープ@金太郎

〆はツレの好物「テールスープ」。骨付き肉がドンと入っている。私はマッコリを追加して,満腹。勘定は2人で6,700円。

鶴橋ホルモン 金太郎
アクセス: 地下鉄鶴橋駅6号出入口よりまっすぐ徒歩1分,JR・近鉄鶴橋駅西口より左へ徒歩1分,ガード下。
住所: 大阪市天王寺区下味原町1-6
電話: 06-6774-1558
営業時間: ランチ 11:30~15:00(L.O.14:30)/ディナー 17:00~22:00(L.O.21:30)
定休日: 不定休
喫煙: 可
リンク: ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [鶴橋]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Tumblr @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[心斎橋] [難波] [地下鉄我孫子] [梅田] [四ツ橋] [長堀橋] [日本橋] [南船場] [堺市] [南森町] [堀江] [西天満] [鶴橋] [天王寺・アベノ] [天満橋] [十三] [淀屋橋] [阪和線] [天六] [北新地] [ドーム前] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR