広島焼 ののすけ@地下鉄我孫子

広島焼の新店開拓。地下鉄我孫子駅から駅周辺の飲食店などの立ち並ぶ店舗街を抜けて北へ住宅地辺りまで行った下駄履きマンションの1階にお店がある。
店内はこぢんまりとしているが明るい内装。スタッフは厨房の店主らしき(還暦過ぎの私から見ると)若めの男性のみ。入って左側にテーブル,4人席2卓・2人席2卓。右側の厨房の前のカウンターは3席ほどある。お好み屋さんではあるが,テーブル・カウンターとも鉄板はハマっていない。厨房でまとめて焼いて出すようだ。
(追記も含め,以下の写真は全てクリックすると別タブで拡大表示します。)

生ビール@広島焼ののすけ

取り敢えず,生ビール(スードラ)中ジョッキ\450(以下税込)。お好み焼きなので焼き上がるまで10分ほど待ったか? その間,結構枚数のあるメニューをゆっくり眺める。

広島焼@広島焼ののすけ

で,「広島焼」\750登場。テーブルに鉄板がハマっていないので,熱々の鉄皿の上に乗っかっている。初めてなのでトッピングなどはせず素のノーマルを。ただし,広島焼には「そば(中華麺)」か「うどん」のどちらかが入り,「そば」が多数派みたいだが,今まで「うどん」でいただいたことがなかったので,「うどん」を指定した。ということで具は,キャベツ・もやし・豚肉・たまご・うどん。広島で注文するときは「肉玉うどん」と通ぶって言えばいいのかな? 大阪で単に「肉」といえば牛肉一択だが,広島焼屋さんの「肉」は豚肉のこと。
ところで既に切り分けられている。メニューにも店内の壁にも,広島焼は重ね焼きで切りにくいのでご希望の方はおっしゃっていただければ厨房で切り分けます,との意味の表示があるが,どうも注文のときに「初めてなので一番普通の広島焼をうどんでお願いします」と言ったので,コイツは初心者だなと気を使って切り分けてくれたらしい。

カスター@広島焼ののすけ

卓上のカスターには,一味・胡椒・ゴマ・ガーリック・塩の調味料。横に追加のソースの容器が立っている。好物の青海苔は厨房でかけられて出て来ているが,追加の容器はなし。

ゴマ・ガーリックon広島焼@広島焼ののすけ

好みで,ゴマとガーリックを多めにかけていただく。
旨い。その一言ですね。天五の「厳島(いつくしま)」でいただいた広島焼は,ほとんど粉モン感を感じなかった。野菜と麺とソースの旨味が前面に出ていた。ここのはちょっと違って,どっしりとした粉モン感がある。より大阪のお好み焼きの食感に近い感じ。私は,エスニック好きの羊肉クラスタという変わった味覚を持っているので,たいていの地方や国の料理もそれに口を合わせて美味しくいただけるのだが,「粉モン好きの大阪人」ならこちらの方が好みかと。
そして何より,うどんの旨さ。大阪のモダン焼きなら「そば」一択だが,広島焼は「うどん」もアリですね。これからはどちらにするか,毎回悩みそう。
と,今回も満足して,お勘定は1,200円。ごちそうさまでした。

店舗外観@広島焼ののすけ

店舗外観。住宅街にポツンとあるので,特に日暮れてからは明るい照明で目立つかと。看板も遠くからよく見える。

※メニュー画像(8枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

広島焼き ののすけ
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅下車,徒歩6・7分。1号出入口よりマクドの前の商店街を東へ。すぐの十字路を北へ左折。ここから北へどんどん歩いていい加減飽きた頃の信号を渡って,更に2ブロック行く手前,道の左側に見える路面店。地下鉄長居駅,JR我孫子町駅・長居駅からも少し遠くなるが徒歩10分圏内。
住所: 大阪市住吉区苅田2-16-5 レジデンス寿1F
電話: 06-6696-5758
営業時間: 11:00~14:00 / 17:30~22:00
定休日: 日曜日
喫煙: 可
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

焼肉・朝鮮料理 ハヌル@地下鉄我孫子

5年ぶりの焼肉の記事です。別にその間も1・2カ月に1回ぐらいは焼肉してたんですけどね。いつも同じ店なので過去に記事にしていたので書いていませんでした。
で,時々お店が入れ替わっている駅前の下駄履きマンションの1階路面店。以前の焼肉酒場が閉店した後,何が出来るかなぁと通るたびに見ていたんですが,7月頃にスタッフ募集の張り紙が。ほどなく看板が上がって焼肉と朝鮮料理のお店だ。駅から離れたところには何軒か朝鮮料理店があるが,駅前の便利な場所は初めてだな。期待して待っていると(2017年)8月9日に新規オープン。
※ 今回は2回分を1つにまとめたので,追記を入れて画像22枚と長い記事になってしまいました。分けりゃ良かった。なお画像は全てクリックすると別タブで拡大します。

【朝鮮料理編】 開店当初は混むだろうとほとぼりが冷めてからやって来た「黒毛和牛焼肉と韓国料理 ハヌル」。「ハヌル」ってググると朝鮮語で「空」という意味だとか。焼肉はいくらでも店舗があるが本格的な朝鮮料理はあまりない。で,エスニック好きとしては朝鮮料理が目的。で,初回から焼肉屋で焼肉を一切食べないという暴挙に出てしまった記録。
入店しようとすると食べ終わったカップルが出て来た。お店の女性がお見送り。で,「韓国料理,食べれます?」とうかがって入店。夜遅い時間だったのでノーゲストだった。入店後,バイトらしき女の子は帰宅。アラフォー(間違っていたら失礼! オッサンには女性のお歳は分からない)らしきご夫婦でやっておられる。ご主人が厨房で,奥さんがマネージャー兼フロア担当。

生ビール@焼肉ハヌル

取り敢えず,生ビール(スードラ)中ジョッキ\450(以下税別)。卓上には「本日のおすすめ」の可愛らしいA型看板。裏はチヂミなどの案内。

ナムル@焼肉ハヌル

取り敢えず,突出しの定番「ナムル」。イケます。野菜も摂らなきゃね。

チャプチェ@焼肉ハヌル

朝鮮料理屋に入るといつも前菜に頼む「チャプチェ」\650。春雨炒めですね。甘くなく普通に美味しい。後でうかがったところでは,お二人とも在日(オールドカマー)だそうだ。以前,ニューカマーのやっておられる朝鮮居酒屋でいただいたときはチャプチェが甘過ぎて閉口したが,そのことをうかがうと現地のチャプチェは甘いそうだ。オールドカマー経営の朝鮮料理店は日本人の口に合わせているんだなぁと納得。

生マッコリ@焼肉ハヌル

続けて,いつもの好物「生マッコリ」グラス\380。鶴橋から仕入れている自慢の生マッコリだとか。確かに旨い。これはお代わり。

海鮮チヂミ@焼肉ハヌル

続けて,「海鮮チヂミ」\750。メニューの選び方がベタですね。ま,初回ということで(お店には失礼だが)小手調べ。「チーズチヂミ」という珍しいメニューがあったので興味を引かれたのだが,お酒が入った時は小食なのでちょっと重いかと今回はパス。たっぷりのトロケるチーズの上にケチャップが乗っているとか。ケチャップ嫌いは抜いてもいただける。
チヂミは薄いパリパリ系ではなく,ちょい厚めの粉モン感。現地ではもっと分厚いチヂミもあるとか。

で,客が私一人だったので,ずっと奥さんと話していた。色々朝鮮料理の話も聞かせていただいて有意義な一食の時を過ごさせていただいた。サービスで出していただいた朝鮮カボチャも美味しくいただきました。
と,この日のお勘定は,消費税8%が付いて2,810円。10円未満は切り捨て。

【黒毛和牛焼肉編】 さて初回訪問は「焼肉屋で焼肉を一切食べない」という失礼をしてしまったので,後日「今日は焼肉だぁ!」と心を決めて一人焼肉。今回は複数の先客グループ・カップルがいらっしゃり,フロア担当のバイトさんも複数。

生ビール@焼肉ハヌル

例によって,生ビール(スードラ)中ジョッキから。後で「生マッコリ」グラス\380を追加。「本日のおすすめ」は前回と変わっている。で,焼肉屋の「一人前」って複数で取り分けることを前提にしているので,焼物一品を頼むと一皿で満腹してしまう。確かに「一人前」だけど。で,もちろんいろいろ食べたいので「本日のおすすめ」の4品セットを。

希少部位塩盛り@焼肉ハヌル

上の写真は「希少部位 塩盛り 4品セット」。お店は活発にインスタ(Instagram)で情報発信されているので,確かに「インスタ映え」のするビジュアル。なお,本来は各部位2切れずつのカップル仕様なのだが,私が小食だとご存知なので,1切れずつにしましょうかとご提案いただく。で,価格は半額の\1,150。
さて,各部位は,写真右から,マキロース・ササミバラ・サガリ・カタコブ。最近の焼肉業界は各部位を更に細分化して個別に名前を付けるので,希少部位が増えていますね。希少部位をいただいても,焼肉音痴なので「脂っこく重い←→あっさり軽い」ぐらいの違いしか分からず申し訳ない。
で,お肉はその日によって良質なものを仕入れているそうで,この日は佐賀牛黒毛和牛。

トング@焼肉ハヌル

さて,いよいよ焼きます。トングがオシャレだったのでパチリ。

炭火焼肉@焼肉ハヌル

こんな感じで炭火。吸気筒は煙草の煙も吸ってくれて便利。

炭火焼肉@焼肉ハヌル

トングがあるのに自分の箸で焼いていて指摘されて気付く。実はいつもツレに焼いて貰っているのでトングを触ったことはほとんどないんだった。鍋奉行ならぬ焼肉奉行には決して逆らわない良ゐ子。

焼肉のタレ・わさび@焼肉ハヌル

ワサビと焼肉のタレ。

塩2種・レモン@焼肉ハヌル

塩2種とレモン。それぞれお好みでどうぞ。

にんにく・ヤンニョンジャン@焼肉ハヌル

下ろしニンニクとヤンニョンジャンはデフォでは出て来ないのでリクエスト(と,卓上のメニューに書いてある)。

ライス(中)@焼肉ハヌル

「ライス中」\200。焼肉には白ご飯でしょ。

タンユッケ@焼肉ハヌル

そういやいつもは生モノから初めて,次に塩タンから焼きに入るなと思い出し,「ユッケかハート刺ありますか?」とうかがったが,残念ながら用意がないそうだ。しばらくして「タンユッケ」ならできますというので,「タン刺し」をユッケにしていただいた。初めて食べる。「タン刺し」\1,150。これは「一人前」なのでたっぷりの量。いやいや偶然メニューにない珍しい物をいただけた。
と,この日のお勘定は,消費税8%が付いて3,560円。10円未満は切り捨て。

※店舗画像(3枚)・メニュー画像(4枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

黒毛和牛焼肉と韓国料理 ハヌル
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅1号出入口より徒歩1分,路面店。マクドの前から商店街を東へすぐの十字路を南へ右折。角は粉モンお持ち帰り専門の「じゃんぼ總本店」。道の右側少し先に「お好み焼き くる」「スープカレー ラマイ」と並んで次のお店。更に隣りの「串かつ 味彩」との間。
住所: 大阪市住吉区苅田7-12-5 セントラルハイツ103
電話: 06-4703-5529
営業時間: 17:00~22:30
定休日: 火曜日
喫煙: 可
リンク: ホームページ ホットペッパー Twitter Instagram 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

ヤンニョムチキン カリから@地下鉄我孫子

ヤンニョムチキンのお店が出来ると聞いて,ヤンニョムチキンってなんだろう?とググったのが先月。Wikipediaにも項目が立っていた。朝鮮半島の辛口の唐揚げだという。辛い鶏料理と言えばプルダック(ブルダック?)を頂いたことがあるが,なかなかにビールの進む好みのメニューだった。開店直後は混みあうだろうと,しばらく待って先日覗いてみた。それまでも常時数十種の純米地酒を置くこだわりの居酒屋「彩櫻」への行き帰りに前を通ったのだが,いつもお客さんが。が,たまたま通るとカウンターにノーゲストだったので入店。禁煙店だが,外のテイクアウト窓口に灰皿を出していただけると言う。
母娘お2人で営業。それと分かる程度に軽く訛った日本語で応対していただく。厨房前のカウンター席に座って見回すと,奥にテーブル席があるだけのこぢんまりとしたお店。階段があるので,2階に座敷でもあるのかと伺ったが,母娘2人の営業で人を雇いたくないので2階は使う予定はないとのこと。

生ビール+突出し@カリから

取り敢えず,生ビール(スードラ)中ジョッキ\480。突出しはホルモンを炒めたものだという。油たっぷりの濃い味でビールのアテにあう。

カリから(ヤンニョムチキン)@カリから

上の写真が,メニュー名「カリから」中(5個)\550というヤンニョムチキン。一から揚げるので時間がやや掛かる。で,揚げたてをいただくと確かに辛口。結構効いていて汗が噴き出してきた(体質に依ります,私は辛いものですぐに汗をかく方)が,食べられないほどには辛くない。これもビールが進むなぁ。そして,旨い。これ鶏肉自体が違うわ。某唐揚げ専門チェーン店の南米辺りから輸入しただろう安物の鶏肉とは全く違う。テイクアウトもやっているが,そっちでも流行りそう。なお,辛さに弱いお連れさんのために,辛くない普通の唐揚げもメニューに並んでいる。

生マッコリ@カリから

生ビールがなくなったので「生マッコリ」\400。お母さんの「ウチのはビックリするよ」との前口上とともに出て来る。朝鮮料理屋でよく見るアルミ製コップ。確かにこれも旨い。メニューにカラフェ代わりの「やかん」の設定があるが,そういやミナミにもヤカンマッコリをウリにする朝鮮料理屋があった。マッコリは半島ではヤカンに入れて出すものなのかな?
他にお客さんが入って来られなかったので,いろいろとうかがう。来日して20年ほどのニューカマーだそうだ。周辺の在日(オールドカマー)やニューカマーがやっておられる飲食店の話などをいろいろ。
と,生マッコリはオカワリして,勘定は1,830円。

テイクアウト窓口(店外)@カリから

上の写真は,店外,ドア横のテイクアウト窓口。煙草を吸いたくなったと告げると,灰皿を出していただいた。持ち帰りの待ち時間のための簡易椅子が窓口の下に用意されている。

定休日・営業時間@カリから

ガラスドアで店内がよく見える入り口に貼ってあった営業案内。来月からランチ営業を始めるようだ。まだ開店1か月にならない新店なので,メニューの変更などもあるのかな?

※メニュー画像(5枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

韓国風からあげ 鳥料理一品料理 カリから
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅下車,徒歩1・2分。1号出入口より商店街を東へ,スーパー「グルメシティ」の向かいの川条酒店(閉店・現在貸店舗募集中)の横の路地を南へ入って左へ分かれる路地をやり過ごした先の左側,路面店。
住所: 大阪市住吉区苅田7-8-11
電話: 06-7709-5869
営業時間: (現在)15時~22時,(2017年11月より)昼 11:30~14:00(L.O.13:30) / 夜 17:00~22:00(L.O.21:30)
定休日: 日曜日
喫煙: 不可(店外,テイクアウト窓口に灰皿と簡易椅子)
リンク: 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

豚骨細麺 釈迦力@地下鉄我孫子

3年ぐらい前に開店したのかな? 河内の方に本店があるとかいう話。ご近所では「シャカリキ」で通じる。「男めん!」「男の修行!」とかのキャッチフレーズで,どうやら「なんとかマシマシ」の二郎インスパイア系らしい。「麺喰い」なので,具が主役で麺が脇役になっちゃっているような麺類はあまり好きでないので入ったことなかった。が,最近,見知らぬ方のブログで「豚骨細麺」という別メニューがあり「バリカタ」などの指定も出来るという。博多ラーメン好きとしては興味を惹かれて,呑みの〆に訪問。って,呑んでた行きつけの居酒屋の隣りだったんだが。
で,派手な看板の目立つお店に入ると,左側に券売機。取り敢えず,「豚骨細麺(替玉1玉付)」\720(以下税込)をポチり。煮玉子(味玉)好きなので,トッピングに+\100。

メニュー@釈迦力

上の写真はメニュー(クリックで別タブで拡大します)。入店して1人だとスタッフに伝えると,入口すぐの2人テーブルに案内された。カウンター席はなく,奥に4人席以上のテーブルが複数あるよう。このメニューは席の横の壁に貼ってあったので,何を注文するかまだ決めていない時は,先にテーブルを確保してから入口の券売機に戻る方が分かりやすいかと。
このメニュー以外に詳しい注文方法の張り紙もあった。スタッフに無料トッピングを聞かれ,「肉マシマシ・青ねぎマシ・もやしマシ・背脂マシ・刻にんにくマシ・旨辛脂マシでバリカタ」とオーダー。麺の硬さは「こなおとし・はりがね・ばりかた・かた・ふつう・やわ・ばりやわ」から選べる。なお,「男の修行」の中太麺も「硬め・普通・柔め・激柔」の4段階選べる。当然「全部マシマシ」でも追加料金は発生しない。

旨辛脂@釈迦力

オーダーが済むと,スタッフが,水のポットと「旨辛脂」の小皿と「替玉無料券」を置いていく。コップはテーブルに置いてあるので自分でポットから好きなだけ入れる。なおオシボリは出て来ないが,テーブルにボックスティッシュが用意されている。開店3年目とあって,オペレーションもこなれて,スタッフはキビキビと動いている。

カスター@釈迦力

上の写真はカスター。「ラーメンには胡椒」派なので,胡椒の用意があるのは評価ポイント。最近のこだわりのラーメン屋は胡椒を置いていないからね。隣りのラーメンたれは試すのを忘れた。左上の見切れている張り紙は「替玉は最初と違う硬さで」というお店のお勧め。

豚骨細麺@釈迦力

混んでいたのでややあって「豚骨細麺」登場。チャーシューは1枚が大きく,味もそこそこシュンでいて(染みていて)いける。3枚(肉マシマシ)は結構なボリュームだな。煮玉子は半欠け3個。後で店頭の料理見本写真をよく見ると,デフォで半欠け1個入っているようだ。

麺リフティング@釈迦力

お約束の麺リフティング。久しぶりの「バリカタ」細麺が旨し。都心の博多ラーメン有名店と比べると可哀想だが,近場で軽く済ませるにはいい感じ。スープは「刻にんにくマシ」でも結構ニンニクが効いていた。「マシマシ」にしなくて良かった。飽きが来ないように途中で「旨辛脂」を投入して味変。

替玉@釈迦力

博多の替玉制度(極細麺なので食べているうちに伸びてしまうので大盛りにできない)は昔から当然知っていたが,いつも呑みの〆なので,試すのは初めて。もう麺が終わりだなというタイミングで,スタッフを呼んで「替玉無料券」を渡す。硬さを聞かれて,お店のお勧めに従って「バリカタ」から「ハリガネ」に変える。いつも「バリカタ」なので「ハリガネ」も初めてだな。替玉はさすがに「ハリガネ」なので即出て来た。初めての「ハリガネ」は「半分生麺」,確かに歯ごたえあり。でも,私的には「麺を楽しむ」には「バリカタ」が限度だな。

店舗外観@釈迦力

店舗外観。ご覧のように目立つ店舗なので見落とすことはない。向こう隣りは居酒屋「天ぷら 海鮮 海ごこち」。

黒木製麺 釈迦力 友 (しゃかりき とも)
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅1号出入口より,マクド前から商店街を東へ進むとすぐに十字路。北へ左折して居酒屋・他の店舗が何軒もならぶ通りを少し行った先,道の左側の路面店。徒歩2分。
住所: 大阪市住吉区苅田5-19-4 登和マンション1F
電話: 06-6696-7933
営業時間: 11:30~14:30 / 17:30~23:30
定休日: 無休
喫煙: 不可
リンク: 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

ごろごろ煮込みチキンカレー 松屋@地下鉄我孫子

大手牛丼(牛めし)チェーン「松屋」の期間限定の「ごろごろ煮込みチキンカレー」というメニューが美味しいらしいとの噂。で,早速休日のランチに食べに行ってみる。
松屋の券売機はお店によって違うと思うが,ここのタッチパネル式の券売機では,「カレー」メニューのタブではなく,「限定」メニューのタブにあった。で,ポチる。

ごろごろ煮込みチキンカレーwith生卵@松屋

牛めしなら即座に出て来るのだが,これはちょっと待って登場。温めてたのかな? 上の写真は「ごろごろ煮込みチキンカレー(並盛)」\590(大盛\690もあり)とトッピングの生卵\60。

ごろごろ煮込みチキンカレー拡大@松屋

カレーだけを拡大。うーん,確かに鶏肉がごろごろ入っている。

ごろごろ煮込みチキンカレーに生卵投入@松屋

生粋の大阪人の私は,カレーには生卵。で,生卵を真ん中にトッピング。

チキン拡大@松屋

チキンを拡大。柔らかく煮込まれた鶏肉がメニュー名の通り,ホントにごろごろ入っている。うーん,旨し。590円でこれは,いつもの松屋価格だな。松屋のカレーは初めてだが,このカレー,結構スパイシーで汗が出て来る程度の辛口。白ご飯とも福神漬とも,いいハーモニー。トッピングの生卵を合わせて,650円の満足の昼食。

過去の「松屋」の記事:
    2015/12/05 : 晩酌 松屋@地下鉄我孫子 

松屋 あびこ店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅1号出入口より北へ1分。マクドナルドの北隣り。
住所: 大阪市住吉区苅田5-19-17 メトロアビコ1F
電話: 06-6690-1320
営業時間: 24時間
定休日: 年中無休
喫煙: 不可
リンク: ホームページ 地図 

    ------------------------

松屋 あびこ店牛丼 / あびこ駅我孫子町駅

夜総合点-



 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Tumblr @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[心斎橋] [難波] [地下鉄我孫子] [梅田] [四ツ橋] [長堀橋] [日本橋] [南船場] [堺市] [南森町] [堀江] [西天満] [鶴橋] [天王寺・アベノ] [天満橋] [十三] [淀屋橋] [阪和線] [天六] [北新地] [ドーム前] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR