餃子と唐揚げの酒場。しんちゃん@西心斎橋アメリカ村

一昨日火曜日深夜の飲み。東心斎橋で生3杯弱をいただいた後,珍しく足が西心斎橋に向いた。いわゆる「アメリカ村」の北の端辺り。以前前を通りがかって気になっていたお店へ初訪問。で,餃子と唐揚げの店なんだが,心斎橋駅から途中にあるマイ・ベスト・ギョーザ「珉珉(みんみん)」の前を素通り。モスバーガーにも惹かれたが閉店準備中。で,「大宝寺はり重」の左斜め前。お店の雰囲気的には資本系みたいですね。
(後でググったら,大阪・神奈川・東京で「鳥貴族」のフランチャイズ店をメインに手広くやってる多業態の飲食資本「トラオムTRAUM」という会社の新業態だった。「しんちゃん」はまだ難波とアメ村の2店舗だけらしい。)
※以下の画像は全てクリック(タップ)で別タブで拡大表示1280x960pxします。

プレモル生中@しんちゃんアメ村

で,カウンターは禁煙席しか空いてなかったので,入口近くの2人席に案内されて,とりあえず生。プレモルの生中\390(以下税別)。何やらジョッキにウンチクが書いてある。

つまみ餃子@しんちゃんアメ村

餃子と唐揚げの店を名乗っているので,とりあえずデフォらしき「焼つまみ餃子(7個)」\290。ビール+焼餃子は日本人が発明した黄金コンビだね。
上の写真,小振りの焼餃子。薄めの皮はパリッと焼けて,中の具はまったり。ただ,皮同士がくっついてしまっているので,そのまま箸で剥がそうとすると皮が破れてしまう。ひっくり返して1個ずつ剥がず。

カスター@しんちゃんアメ村

カスターには餃子用の調味料だけが用意されている。お店のオススメは,醤油2:酢1:ラー油1,らしい。珉珉(みんみん)は確か,酢7:醤油3,だったな。このお店では醤油多めがオススメらしい。

唐揚げ(胸肉)@しんちゃんアメ村

もちろん店名の唐揚げも。メニューには,モモ・ムネ・その他が並んでいるが,今回はムネを。「唐揚げ(ムネ)」\480。上の写真,ちょっと黒っぽくない? 肉眼で見るともっと黒く,揚げ過ぎじゃん,と一瞬思った。取り敢えずレモンを絞っていただく。衣はパリッと揚げられていて,食べてみると揚げ過ぎ感はない。固過ぎることもない薄めの衣。中の鶏肉(かしわ)はもちろん程良く熱が通っている。ただ,これ,下味つけてないのかな? そんなに質の悪い鶏肉じゃないんだけど,旨味に欠ける。マヨネーズが欲しくなるが,餃子用しか調味料がないので,仕方なく餃子のタレを付けていただいた。ま,けっして不味くはないんですが,味が薄いです。私は生粋の大阪人で上方の薄味好みなんだけど,それでも味が薄いと感じました。

厨房とカウンター@しんちゃんアメ村

閉店前だというのに結構お客さんが入っていたので,先客が帰った後のカウンター席の一部と厨房。入口入って左側です。右側壁際に2人席テーブルが3つ。ところで写真左に写っているこのL字カウンターの短辺4席と長辺の端2席だけが禁煙席なようだ。右側隣りの席には灰皿が置いてあった。
で,厨房出口にレジがあってその向こう,お店の奥は広いスペースにグループ客用のテーブル席が結構な数ある様子。見た限りではスタッフは厨房は男性,フロアは女性,いずれも若い方々だが,皆キビキビと動いて対応も丁寧。店長なのか本社なのかがキチンとしてはるのだろう。席に座ったまま「勘定」と告げる先客がいたが,お勘定は客がレジまで行くシステムみたいです。

店舗外観@しんちゃんアメ村

店舗外観。夜の街では目立つし,すっきりとしている。よく見ると店名の「酒場」の後ろに「。」が付いてる。「モー娘。」式が正式店名らしい。

※メニュー画像(2枚)その他(2枚)と【追記】が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

餃子と唐揚げの酒場。しんちゃん アメ村店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線心斎橋駅8号出入口(ホテル日航)または7号出入口(心斎橋オーパ)より,ホテル日航と心斎橋OPAの間の道を西へ2・3分。道の右(北)側ビル1階の電光看板の目立つ路面店。四ツ橋駅からも同じぐらい。
住所: 大阪市中央区西心斎橋1-10-17 ポポロビル1F
電話: 06-6251-7570
営業時間: 17:00~翌02:00(土曜日は12:00~/日曜日は~24:00)
定休日: 無
喫煙: 可(しきりのない禁煙席あり)
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋] [四ツ橋]

ビリヤニ アールティー@西心斎橋アメリカ村ビッグステップ

マトンビリヤニセット@アールティ

アメ村のランドマーク「ビッグステップ」の裏口(北口)で一服していると,ビル内飲食店紹介のA型看板の3階インド料理店のメニューに「マトンビリヤニ」とあるではないか。これは羊肉クラスタとしては見逃せない。このビッグステップ,若者向けのファンションビルなので,館内飲食店も若向きの(リーズナブルだろうけれど)無駄にオサレなだけのお店なんだろうとの偏見から入ったことなかった。というわけで,ビッグステップ初体験。南側のアメ村のメインストリートに面した正面玄関前はよく通るけど,ビル内は初めて。
エレベータで3階まで上がって入店。外観からオサレ。店内も白を基調に明るく清潔そう。それなりの広さでテーブル席多数。グループ人数に合わせられる配置になっている。で,2人席テーブルに着いてメニューを拝見。もちろんお目当てはマトンビリヤニ。見開きに大きく載っている。単品\900(以下税別)とセット\1,000がある。セットは+100円でカレーとヨーグルトが付くというのでお得だなとセットを(上の写真)。ってか,全般に若者向けに押さえた価格。
(なおこの記事の画像は全てクリックで別タブで拡大します。)

パパド@アールティ

ドリンクは頼んでいないのに,突出しにパパド?が出て来た。ここのは珍しく巻いているな。

マトンビリヤニ@アールティ

しばらく待ってマトンビリヤニ登場。いや見掛け本格派。南アジアのスパイス+米のいわば炊き込みご飯ですね。ライスはもちろんインディカ米(長粒種)。後でスタッフに確認したが,安いタイ米ではなく,もちろんインド米バスマティライスを使っているそうだ。
取り敢えず一口。旨い。辛さは中辛ぐらいか。スパイスがよく効いていてレベル高し。お店自身が「ウチはインド料理入門者向け」と言っているようにデフォルトでは辛さ控えめだが,注文を受けてから調理するので辛さの調節は承るとのこと。インド現地並みの辛さもOKかな?

カレー+ヨーグルト@アールティ

セットのカレーとヨーグルト。インド料理専門店らしい容器に入って来る。

マトン拡大@アールティ

こういうマトン肉塊がごろごろ入っている。いやリーズナブル。柔らかく煮こまれていてスパイシーで食べやすい。スパイスたっぷりなのでマトンの臭みもなく,羊肉が苦手な方でも食べられるかと。
ただし他のお店での経験からも,ビリヤニで一番メジャーなのはチキンビリヤニかと。それ以外の具のビリヤニがあるお店もある。このお店ではマトンに目がくらんで,メニューの他のベージを見なかったので,他の具があるかどうかは不明。

カレーを掛けてみる@アールティ

セットのカレーを掛けてみる。辛い! 刺激がどっと来る。いや辛さに弱い私が食べられる限度の辛さだな。でも,スパイシーで辛旨い。普段は辛いものを食べると汗が吹き出す体質なのだが,この辛さは不思議とあまり汗は出なかった。特定のスパイス群が汗を誘発するのかな?

ヨーグルトを掛けてみる@アールティ

辛いカレーソースで辛い旨いと半分以上食べたところでカレーがなくなったので,最後はヨーグルトと一緒に。これはいつも経験することだが,一気にマイルドになる。辛さが抑えられてヨーグルトの酸味が勝って,これもまたイケる。

店内@アールティ

店内の極一部。このカウンター席の左が厨房。カウンターはここだけで,ほとんどはテーブル席で奥に広い。この日のフロアスタッフは日本人の女性と現地の男性。厨房は現地の人らしかった。

店舗外観@アールティ

店舗外観。右に曲がったところにも入り口がある。ネットではみな「アールティー」との表記だが,この看板は末尾の長音なしの「アールティ」になってるな。

エレベータホール@ビッグステップ

この日のビッグステップのエレベータはハロウィン仕様。

神戸アールティー Aarti アメリカ村心斎橋ビッグステップ店
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅下車。最寄りの御堂筋線7号出入口(心斎橋OPA)より御堂筋を南に1ブロック行った最初の信号(御堂筋清水町,角に献血ルーム)を西へ右折。1ブロック半行った道の左側にビッグステップ裏口(北口)。ビル内エレベータで3階レストランフロアへ。徒歩3分。四ツ橋駅からも同じぐらい。
住所: 大阪市中央区西心斎橋1-6-14 BIG STEP 3F
電話: 06-6241-8567
営業時間: 11:00~22:00
定休日: 無休(BIG STEP休館日を除く)
喫煙: 分煙(ただし我慢できる人は我慢して欲しいとのこと)
リンク: ホームページ ビッグステップ店舗ページ 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋] [四ツ橋]

お魚と地酒 豆助@西心斎橋

ある日の晩酌時,西心斎橋をうろうろしていたのだが,道端に「鶏と牡蠣 山賊屋」の看板を見かける。店頭には所狭しと大きなメニュー看板が。中国語併記なので,外国人観光客も目当てらしい。で,特に情報もないが牡蠣に惹かれて入ってみる。
店内,入ったところはレジで結構な大箱の予感。更に入ると右手に板さんの並ぶ板場と向かい合うカウンター席が8席程,左手には2人掛けテーブル席が2卓。だが,奥に更に大きな厨房があり,その左に通路がある。その奥には座敷や個室があるようだ。全140席と大箱らしいが,入ったところのスペースは厨房で仕切られているので,カウンター席に座るとこじんまりとした居酒屋の雰囲気で落ち着く。

生ビール+突出し@豆助

取り敢えず生ビール(スードラ)\626(以下税込)。で,いきなり炭火が出て来たので「え?まだ何も頼んでないよ」とびっくりしたが,これがデフォの「炭付きだし」\680らしかった。

突出し拡大@豆助

突出しにいきなり焼松茸。ま,季節だわなぁ。後は何かの魚とイカの皮。

突出しを焼き焼き@豆助

自分で焼かせていただきます。

生牡蠣@豆助

上の写真は,お目当ての「生牡蠣」\702。ま,季節外れだからこんなものかな。

いぶりがっこクリームチーズ@豆助

こちらは「いぶりがっこクリームチーズ」\842。これは正解。いぶりがっこ(秋田名物のタクワンの燻製)にこのクリームチーズがよく合っている。お酒がどんどん進むメニューだ。右上に写っている小皿のオリーブオイルを付けても趣が変わってまたいい。

おまかせ地酒飲みくらべ3種@豆助

で,メニューには様々な地酒が並んでいるが,「おまかせ地酒飲みくらべ3種」\1,058。
以上で,お勘定は4,103円。

カウンター上@豆助

カウンターの上はこんな感じ。メニューがいろいろ。

カウンター席@豆助

カウンター席の向かいでは,何人かの板さんが忙しそうに調理している。気配はまったく感じないが,奥の座敷で宴会でもやっているのだろう。酔って来たので,遠慮気味に忙しそうな板さんにお相手して貰う。

店舗外観@豆助

店舗外観。店頭のメニュー看板で,おおよそのアテの目算をつけて入店できる。

※メニュー画像(3枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

山賊海賊焼 豆助 西心斎橋店
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅下車。もよりは御堂筋線7号出入口(心斎橋OPA)。ホテル日航とオーパの間の道を西へ。道の右(北)側の歩道を進み,最初の十字路を過ぎ,左に「餃子舗珉珉(みんみん)」「モスバーガー」を見てその先,南へ道の分かれる三叉路の北側。徒歩2・3分。四ツ橋駅からも同じぐらい。
住所: 大阪市中央区西心斎橋1-10-18
電話: 06-6253-0919
営業時間: 昼 11::30~15:00(L.O.14:00) / 夜 17:00~23:00
定休日: 不定休日あり
喫煙: 可
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋] [四ツ橋]

台湾担仔麺 233www@アメ村(西心斎橋)

本場の台湾ラーメンで一番知られた「担仔麺(タンツーメン)」をウリにしている居酒屋。「担仔麺 大阪」とググッて見付けた。某飲食店口コミサイトでは「掲載保留」となっているが,8月は立て続けに2軒,実際には営業しているのに「掲載保留」となっているお店を見つけたので,ここも?と思って,月曜日に東心斎橋で飲んだ後,御堂筋を渡って西心斎橋へアメ村探訪に出かけたら,やっぱりちゃんと営業していた。
口コミサイトには「立ち飲み」とあるが,実際には,L字カウンター10席の椅子席,奥の小上がりの座敷にテーブルが2つ。美人ママ1人で営業されていた。後でママに聞いたところでは,阪神高速延伸で立ち退いた本町のお店は立ち飲みだったが,こちらでは椅子席営業だそうだ。

担仔麺(タンツーメン)@233www

取り敢えず「台湾担仔麺」\650。苦手なものはありますか?と確認されたが,逆に「きっちり台湾現地風で」とお願いする。野菜たっぷりで真ん中に台湾ミンチ(豚そぼろ)の乗ったビジュアル。麺類に載せるミンチは,脂身を取って作るそうだ。一方で魯肉飯(ルーローハン)のミンチは脂身混入と違いがある(←酔っ払って聞いていたので,間違っていた場合は私の勘違いです)。

担仔麺リフティング@233www

お約束の麺リフティング,白っぽい太めの平打ち麺ストレートで,私の好きなタイプ。いや,この麺なかなかイケる。製麺所に特注しているそうだ。スープも野菜もいい味出していて,飲みの〆のラーメンとして,あっさりとした食味でどんどん箸が進む。完食。

ところで,アメリカ村中心部の路地裏の隠れ家居酒屋なのだが,隠れ家の常として見つけにくいので,以下,道案内。

路地入口@@233www

御堂筋周防町の交差点から,三角公園へと続くアメ村のメインストリートを西へ,北側のビッグステップの左(西)隣りのミリタリーショップ「ガラクター」の道を挟んで真向かい(南側)のビルとビルの間の狭い路地。左がブティック,右がシューズショップ。路地入口上の方に「当ビルエレベーター入口」の矢印形看板がある。

ビル入口@233www

路地を入ると,すぐに上の写真,「台湾担仔麺」の看板が見える。この看板が立っていれば営業中。

1階エレベーターホール@233www

1階エレベーターホールの案内では5階は空白だが,ちゃんとお店は存在します。

店内風景@@233www

5階でエレベーターを降りると目の前に大きなタトゥーの看板があるが,この彫物師さんのお店は右側6階,左側の白く長い暖簾の掛かった入口が「233www」のお店。月曜日は初訪問だったので,暖簾を開けて「ここは担仔麺のお店ですか」と聞いた。中に入ると普通の居酒屋,別に担仔麺を食べなくても居酒屋遣いでOK(って,だから居酒屋だから)。
なお,上の写真,もちろん,ママと先客に「ネット顔出しOKですか?」と許可を取っている。心良くOKくださったことを感謝します。

233www担仔麺の居酒屋(ニーサンサンダブルダブルダブル タンツーメンのいざかや)
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅下車。もよりは御堂筋線7号出入口(オーパ),御堂筋を南へ2つ目の十字路(御堂筋周防町)を西へ右折。左(南)側歩道を2ブロック行く手前の路地を入ったところ。記事本文参照。四ツ橋駅からも近い。
住所: 大阪市中央区西心斎橋2-10-29 アメリカ村センタービル5F
電話: 080-9124-0645
営業時間: ランチ 12:00~15:00 / ディナー 17:00~24:00
定休日: 土日祝
喫煙: 可
リンク: 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋] [四ツ橋]

台湾料理 味庵茶房@西心斎橋

インスタでFF外から「いいね」を付けていただいたのでググってみると,アメ村の台湾料理店だという。これは行くしかないなぁ。
ということで,西心斎橋へ。訪れてみるとオサレなカフェ。店内,私以外のお客さんは皆20代のよう。男性の1人客が2人,女性3人のグループが1組。平日夜とて奥に長く広い店内(計50席)は空いていた。どこでもどうぞと言われたので,4人席は遠慮して中程の2人席へ。後から女性2人のペアが2組来店したので,私を除くとこの日の男女比は2:7。カウンター席もあるし,若い女性のお一人様でも気軽に入れるお店だ。

生ビール@味庵茶房

まずは生ビール(キリン一番搾り)\500(以下税別)。ドリンク類はアルコール類も含め種類が多い。特にオサレなソフトドリンクがメニューブックに何ページにもわたって続く。

香腸(台湾ウィンナ)@味庵茶房

フードメニューもメニューブックに多種多様な料理がたくさん並んでいる。台湾料理がメインだが「アジアン」との店名通りベトナム料理も何品か。で,取り敢えず上の写真は,「香腸(台湾ウィンナ)」\580。微かな八角の香りに濃い味が付いていて,生ビールが進む。これだけでも2・3杯は飲めるな。にんにくスライスと一緒にいただく。

蝦仁水晶餃@味庵茶房

続けて熱々蒸したての「蝦仁水晶餃」\500。「蝦仁」は小海老のことだそうだ(「明蝦」が大海老(車海老))。これは申し訳ないがちょっと。海老の味もあまりしないし,ってか味が薄い。日本人としては練り辛子が欲しいところ。タレを全面に付けて,やっとビールのアテかな。飲茶専門店で現地出身の点心師の作る点心を食べ慣れちゃってるので点数が辛くなる。次回は小籠包か鮮肉焼賣に期待。(個人の感想であり,効能・効用を保証するものではありません。)

マンゴービール@味庵茶房

2杯目は「おすすめアルコール」から「マンゴービール」\500。マンゴーの香りはほのか,普通にビールとして飲める。

魯肉丼ミニサイズ@味庵茶房

〆は実はこれを食べに来ました魯肉飯(ルーローハン)。メニューには「魯肉丼ミニサイズ」\480とある。台湾では魯肉飯は食事の中の1品だから,日本の丼モノのように1食分ではなく,小さなサイズが普通。今まで他の台湾料理店でいただいた魯肉飯は「ミンチご飯」だったが,ここの魯肉丼は豚角煮がどんと載っている。味が非常に良く染みていて柔らかくほぐれ充分煮込まれているのが分かる。八角の香りは控えめで日本人の口に合うようにアレンジされている。白ご飯がどんどん進む。添えられた半切れの茹で卵は固茹で。現地の台湾人は生卵や半熟卵を食べないからなぁ。

メニューブックのページ数が非常に多いので,この時は気付かなかったが,後でお店の公式ホームページを見ると,点心の蝦仁腸粉(エビチョウフン)や台湾ラーメンの炸醤麺(ザージャンメン)も並んでいる。腸粉は,香港の地元の人しか行かない食堂でいただいて以来の好物。炸醤麺は,三津寺にあった本場台湾ラーメン専門店の「味仙(あじせん)」でいただいたことあるなぁ。

店内(入口側)@味庵茶房

上の写真は,店内,今回私が座った席から入口の方を見たところ。右が厨房とその前のカウンター席。左側にテーブル席。テーブル席は4人席が主だったかな。

店内(奥側)@味庵茶房

同じく奥の方。写真真中奥に見えているトイレは男女別。男子用も普通に洋式便座だった。

店舗外観@味庵茶房

で,店舗外観。左側がタピオカドリンクのテイクアウト窓口。入店時は若い女性3人がテイクアウトを待っていたので,退店時に撮影。

※メニュー画像(7枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

味庵茶房(アジアンサボウ) asian cafe
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅下車。最寄りは御堂筋線7号出入口(心斎橋OPA)。オーパとホテル日航の間の道を西へ,左(南)側の歩道をどんどん歩き,「餃子舗珉珉(みんみん)」と「モスバーガー」の前を過ぎたその先の角を南へ左折。ちょっと先,道の右側に見える路面店。徒歩4分。四ツ橋駅からも近い。
住所: 大阪市中央区西心斎橋1-8-4 白木屋ビル1F
電話: 06-7650-3208
営業時間: 10:00~22:30(L.O.21:30)
定休日: 無休(大晦日・元日を除く。臨時休業の場合あり)
喫煙: 可
リンク: ホームページ 地図 

続きを読む


 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋] [四ツ橋]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Instagram @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[心斎橋] [難波] [地下鉄我孫子] [長堀橋] [梅田] [四ツ橋] [日本橋] [南船場] [堺市] [南森町] [天王寺・アベノ] [堀江] [天満橋] [鶴橋] [西天満] [淀屋橋] [十三] [阪和線] [天六] [北新地] [ドーム前] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR