洋食屋 MA-SAN マーサン@地下鉄我孫子

【閉店】 2015年3月に閉店しました

我孫子に最近できた新しい洋食屋。前を通るたびに気になっていたのだが,この間の日曜日にランチに寄せて貰った。新しくキレイな店内でゆったり寛げる感じ。ちょっと年配のシェフが一人でやっておられる。フロアスタッフに女性が入っていることもある。オシャレなお店は「ランチ禁煙」のことが多いが,ここは昼も喫煙可。食後にノンビリ一服できるのが嬉しい。

ハンバーグステーキ@洋食屋マーサン

で,先週の日曜日のランチは「ハンバーグステーキ」\800,ライス・サラダ・カップスープ付き。このハンバーグがもうフワトロ。いいねぇ。黒毛和牛と鹿児島の白豚を7:3で合い挽きしているそうだ。ライスの炊き加減も絶妙。いいお米をキチンと炊いているのだろう。

ミニサラダ・カップスープ・ドレッシング@洋食屋マーサン

それぞれのメニューに付くミニサラダとカップスープ。ドレッシングは2種で,洋風は,オリーブオイルと玉葱。よく振って下さいとのこと。和風は,ノンオイル。

オムライス@洋食屋マーサン

で,こちらは今週の日曜日のランチ,「オムライス」\650,サラダ・カップスープ付き。見かけは極普通のオムライスだが,白ご飯が美味しいので,それで作ったオムライスも当然美味しい。デミグラスソースがまたこのオムライスにはぴったり合っている。「午後1時から」限定なのは,作るのに手間がかかるからかな。

洋食屋 MA-SAN マーサン
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅1号出入口より商店街を東へ。すぐ一つ目の角を左(北)へ曲がりどんどん歩く。市田書店(パルネット)・ひまわり幼稚園の塀を過ぎた先のマンションの1階,路面店。
住所: 大阪市住吉区苅田3-12-12 第一エクセルハイム1F
電話: 06-6693-0141
営業時間: ランチ 11:30~14:30/ディナー 18:00~22:00(L.O.)
定休日: 木曜日
喫煙: 可
リンク: ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

中国王朝料理 上海廊@東心斎橋鰻谷

【閉店?】

新しい中華料理店を開拓。東心斎橋・鰻谷北通りのビルの地下にある中華。行く前は店名から,がやがやと賑やかな中華料理店を思い浮かべていたのだが,地下へ降りてみてビックリ。それほど広くはないが狭くもない程々の箱だが,黒で統一されたオシャレでモダンな内装のダイニングバー。BGMはずっと柔らかいピアノの音色。いやいやデートにぴったりだねぇ。ネットで検索すると旧店名が「CHINESE DINING & BAR 上海廊」と出て来るが,そちらの方がお店の雰囲気をよく表している。中国人の店かと思っていたが,少なくともフロアスタッフは日本人。
すだれで隣りと仕切られたテーブル席に座って,「中国のビールはある?」と聞いたが,残念,ないとの返事。で,私は生ビール,ツレは濁り梅酒。

ザーサイの浅漬け@上海廊

取り敢えずの突き出し,ザーサイの浅漬け。一人ずつ2皿出て来た。突き出しにしては量が多めだが,テーブルチャージ\500の内だろう。中国人のツレは気に入った様子。

ピータン@上海廊

まずはピータン。本格中華の店では,どこでも一品目に頼む。ここのは独特の臭みのある濃い味のもの。

フカヒレ入り卵白スープ@上海廊

上の写真は,フカヒレ入り卵白スープ。器がどの料理もモダンだ。

北京ダック@上海廊

北京ダック。一切れずつ既に巻かれている。確かに丸のままでは大人数でないと注文できないからなぁ。これもちょっと濃い目の味付け。

黒酢のカリッと酢豚@上海廊

上の写真は,黒酢のカリッと酢豚。これが一番気に入った。癖のある黒酢を上手く調理している。白ご飯が欲しくなる味。

ジューシー小龍包@上海廊

小籠包も試してみる。当然,内側にスープたっぷりでジューシー。鼎泰豊(ディンタイフォン)のようなアッサリ系ではないが,香港海鮮飲茶樓ほど強くもない味付け。
と,途中で紹興酒のロックを2杯いただき,お店の雰囲気に敬意を表してカクテルで〆て,勘定は2人で8,442円。

中国王朝料理 上海廊(しゃんはいろう)
アクセス: 心斎橋筋商店街よりユニクロ心斎橋店の角を東へ,鰻谷北通りを1ブロックと少し行った先の,道の右側のビルの階段を下りた地下1階。
住所: 大阪市中央区東心斎橋1-19-19 ケイティーズ心斎橋B1
電話: 050-5798-0414
営業時間: ランチ 11:30~15:00(L.O.14:30)/ディナー 17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日: 無休
喫煙: 可
リンク: ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋]

鉄板焼 松阪@近鉄阿倍野店

【閉店】2013年5月に閉店しました。

GW後半初日,お肉気分のツレと鉄板焼を食べようということになり,アベノで待ち合わせ,近鉄百貨店の10階レストランフロアの鉄板焼「松阪」へ。この店,初めてだが,いつもは前を通るとそんなに混んでいない様子,しかし4連休初日とあって,レストラン街のどの店も満員で,当然この店も行列。で,その場で予約をして携帯電話を鳴らして貰うことにし,近鉄百貨店のなかをうろうろして時間を潰す。ちょうど9階で「大北海道展」をやっていて,こちらも凄い人だかりだが,旨そうな食べ物がこれでもかと並んでいる。空腹には辛い。ついつい試食に手が伸びる。
1時間待ちとのことだったが40分ほどでケータイが鳴って,10階へ戻り,やっとカウンターに座る。見回すと30席ほどの店内は全て目の前の鉄板でシェフが焼いてくれる仕様のようだ。シェフも何人も待機している。
で,ツレがフォアグラも食べたい,というので「スペシャルコース」税別\10,000を2人前。ツレも飲むということで赤ワイン。ワインリストにはハーフボトルの選択肢もいろいろあって,シャトーボーモンのハーフをチョイス,税別\4,500。ちゃんとフロアのサービスのスタッフが,こちらの飲み具合を見て注いでくれる。

フォアグラのソテー@鉄板焼「松阪」

コースの最初は「フォアグラのソテー」。やっぱり旨いなぁ。これだけでも充分満足。フォアグラに関してネットで仕入れた薀蓄を披露。

サラダとタレ・薬味など@鉄板焼「松阪」

上の写真はサラダとタレ類。真ん中は胡麻ダレ,右はポン酢,上は辛子マヨネーズと薬味。まあ,それぞれの料理に既に味付けがされているので,タレ類は試す程度で余り出番はなかった。

活車海老・活帆立・本日の魚@鉄板焼「松阪」

次は「活車海老・活帆立・本日の魚」。タレを色々試してみたが,私はあっさりポン酢かな。好物の帆立が旨い。海老の殻は,煎餅に焼かれて後で出て来た。

フィレ肉とたっぷりのニンニク@鉄板焼「松阪」

メインのお肉は「特撰牛フィレ肉(120g)orロース肉(120g)」と選べるのだが,こういう場合は,たいていフィレ(ヘレ・ヒレ・テンダーロイン)を選ぶ。焼き加減はレアで。食べ具合を見て2回に分けて焼かれたので,上の写真は60g見当。塩胡椒で味が付いているので,特にタレの必要はなし。たっぷりの焼ニンニクと一緒にいただく。いいお肉はタレなどいらないよね。柔らかくジューシーなお肉で満足。ここで焼き野菜も出て来る。最後に別に焼かれて出て来た好物のモヤシをポン酢でいただく。

デザート@鉄板焼「松阪」

〆は,ご飯・味噌汁・香の物。こういうお店の白ご飯は当然美味しい。お代わり自由。最後にフルーツ(苺・林檎・オレンジ)と柚子シャーベットのデザート。勘定は,2人で25,725円。

鉄板焼「松阪」
アクセス: 地下鉄・JR「天王寺駅」近鉄南大阪線「阿部野橋駅」,近鉄デパート10階のレストラン街。
住所: 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 近鉄百貨店阿倍野店10F
電話: 予約専用 0066-9675-5532(通話料無料),06-6625-2377
営業時間: 11:00~22:00(L.O.20:30)
定休日: 不定休(百貨店に準ずる)
喫煙: 不可(フロア奥のトイレ前に喫煙スペース)
リンク: Yahoo!ロコ 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [天王寺・アベノ]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代,男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Tumblr @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[心斎橋] [難波] [地下鉄我孫子] [梅田] [長堀橋] [四ツ橋] [日本橋] [南船場] [南森町] [堺市] [堀江] [天満橋] [西天満] [天王寺・アベノ] [ドーム前] [淀屋橋] [阪和線] [十三] [北新地] [鶴橋] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR