マレーシア料理 ケニーアジア@心斎橋

「海南鶏飯 大阪」で検索したら,「ケニーアジア」というお店が出て来た。場所はミナミで私のテリトリー内。で,仕事帰りに寄り道してみることに。御堂筋沿いを三津寺まで歩いて,三津寺筋を東に入る。お寺の隣りの雑居ビルの1階通路を入ってみると左に見付かった。で,恐る恐る覗いてみる。

ケニーアジア

入ってみると,カウンター7席の奥に長いこじんまりとしたバー。夕方6時ということで,まだバーには早い時間で先客はなし。カウンターの真ん中に座る。手前のカウンターに女性,奥の厨房に男性のスタッフ。目の前の壁に料理のメニューが張られている。で,いきなり「海南チキンライス」は昼のランチで売切れてしまったと宣告される。うーん,出鼻を挫かれる。とりあえずドリンクメニューを拝見。東南アジア各国のビールが揃っている。で,シンガポールのタイガービールをオーダー。突き出しにマレーシア風のフワフワせんべいが出て来る。
壁のメニューを見ると,マレーシア料理らしいランチ系のお食事メニューが充実。バーなのにアテ系はほとんどない。ちょっと気になった「ホッケンミー(福建麺)」というのもマレーシアの料理だそうだ。で,夕飯代わりに「レッドカレー」をチキンでいただくことする。最初に辛さの好みを聞かれて,その後,味見。辛さにOKが出てから作り始める。

チキンレッドカレー@ケニーアジア

上の写真が「チキンレッドカレー」。「ハーブライス」が付いて850円。スープカレー風だが,ココナッツミルクの風味がいい。スパイスの調合も見事。具はメインのチキンが柔らかくて中々に旨い。具の野菜は,ニンジン・オクラ・プチトマト・パイナップルなど。さすがにパイナップルが口に入ってきたときには驚いたが,これが結構このカレーソースに合っている。入っている固い葉っぱは香り付けなので出して下さいと最初に注意を受ける。ハーブライスはマスターの好きな日本米をマレーシア風に炊いているそうだ。
食べ終わって,「ゴードン」のジントニックに切り替え,バー・モードに。おつまみに中国人の店でよくあるヒマワリの種が出て来る。スタッフのお2人ともフレンドリー。男性が店長のケニーさんで,マレーシアはペナン島出身の福建系華人。先祖は中国福建省だが,本人は行ったことはないそうだ。昼の開店から終電まで店に詰めていると言う。料理担当。厨房が狭いので出せるメニューが限られているそうだ。店は未明まで開いているが,ケニーさんが終電で帰った後の深夜はカレーぐらいしか出来ないと言う。いただいたお店の名刺には「マレーシア政府観光局推奨/Malaysia Kitchen Program 認定店」とある。
で,女性がケニーさんの奥様,日本人。昼のランチから夕方まで居ると言う。で,奥様が帰った後,7時前にロッカー風のバーテンダーが登場。この人が,朝までやっている様子。
お店は昼はランチ,夜はバーのスタイルだが,メニューはケニーさんが居る限り変らない。通し営業で,さすがにミナミらしく夕方3時4時に飲みに来る客もいるとのこと。
で,ジントニックをお代わりして,適度に酔って引き上げることに。お勘定は3,050円。ケニーさんの話をいろいろ聞けて,楽しい時間を過ごさせて貰った。

アジアカレー&バー ケニーアジア KENNYasia
アクセス: 地下鉄心斎橋駅と難波駅の中間辺り,御堂筋沿いの三津寺の南の道を東に入った隣りの雑居ビルの1階通路の左側。
住所: 大阪市中央区心斎橋筋2-7-11 日宝ロイヤルビル1F
電話: 080-3828-6968
営業時間: 月~木 12:00~23:00/金土 12:00~深夜(売切れ次第終了)
定休日: 日曜日・祝日
喫煙: 可
リンク: ホームページ ブログ 地図 

【移転】 2012年11月より千日前に移転しています。詳細は下の記事を参照。

移転後の「ケニーアジア」の記事:
    2013/04/20: マレーシア料理 KENNYasia ケニーアジア@千日前 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋] [難波]

シンガポール料理 宏亜楼@難波

【閉店】 2012年6月に閉店しました。

中国人のツレと2人でシンガポール料理を食べに出かける。なんばマルイの1階裏口(北口)を出た目の前の路地の中ほど右側,看板が出ている。シンガポールは華僑の街なので,ちょっと変った中華料理といった感じ。分煙なので喫煙席を予約。分煙と言っても仕切りがあるわけではなく,店内の狭い通路の左側のテーブルが喫煙席,右側のテーブルが禁煙席と指定されているだけ。禁煙席は空いていることが多いが,喫煙席は人気があって予約が取りにくいようだ。

タイガービール@宏亜楼

とりあえずのドリンクはシンガポールのタイガー・ビール\550。ツレはグアバジュース\350。タイガー・ビールはアジアのビールに良くあるタイプの軽い飲み応え。

生春巻(北京ダック)@宏亜楼

とりあえず前菜代わりに生春巻\480。具は北京ダックを選択。野菜たっぷりのサラダ風生春巻。北京ダックはどこかに入っていたんだろう。2種類のタレを交互につけていただく。

皮つき豚肉のシューヨ@宏亜楼

上の写真は,どうやら名物らしい皮つき豚肉のシューヨ\1,050。柔らかい豚肉にパリパリの皮が旨い。

海南鶏飯(ハイナン・チキンライス)@宏亜楼

で,これが食べたかった海南チキンライス(海南鶏飯=ハイナンチーファン),食べるのは今日で4回目かな。本場の海南鶏飯は,ワンプレートのランチらしいが,ここのは海南チキン\800とチキンライス\250を別々に注文する。で,鶏のスープで炊き込んだチキンライスが美味しいので,2杯オーダー,2人でてんでに食べる。海南チキンは薄味なので,一緒に出て来る2種類のタレをつけて,チキンライスと一緒に口に入れる。これが旨い。何度食べてもいいなぁ。さっきのシューヨをおかずにチキンライスをいただいてもいける。このチキンライス,ジャスミンライスを炊いているのかな?

〆にツレはデザートに美顔ゼリー。ゼリーというより「薬」と言う感じだという。ひょっとして漢方かなぁ。私は紹興酒をロックでいただいて,まったりとする。これはまあ普通の良くある味の紹興酒だった。と,食べて飲んで,勘定は2人で5,130円。

宏亜楼 (こうあろう)
アクセス: 難波駅より徒歩。高島屋正面向かいのなんば丸井デパート(OIOI)の北側の路地の中ほどを北に入る。
住所: 大阪市中央区難波3-7-3
電話: 06-6643-5788
営業時間: ランチ 金土日 11:00~14:30/ディナー 17:30~23:00
定休日: 月曜日
喫煙: 分煙(通路を挟んで席が分かれているだけで仕切りなし)
リンク: ぐるなび 地図 

【追記】宏亜楼の元料理長が近くで別の店を開いています。

    2013/05/27: シンガポール料理 梁亜楼@難波 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [難波]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Tumblr @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[心斎橋] [難波] [地下鉄我孫子] [梅田] [四ツ橋] [長堀橋] [日本橋] [南船場] [堺市] [南森町] [堀江] [西天満] [鶴橋] [天王寺・アベノ] [天満橋] [十三] [淀屋橋] [阪和線] [天六] [北新地] [ドーム前] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR