京懐石 京とあん@梅田

【閉店】 2015年11月に閉店しました。

心斎橋に「京とあん」という懐石料理のお店が在って,何回か伺わせていたのだが残念ながら閉店してしまった。ミナミのショットバーのマスターの話に拠ると,オーナーが亡くなられたそうだ。で,調べると梅田にも同じ「京とあん」があるという。姉妹店らしい。
というわけで,電話で予約をして梅田へ出かける。大阪駅前第3ビルの地下2階。駅前ビルの地下といえば庶民的なお店が多いという印象があるが,ここは懐石料理もいただけ,また一品をアテにお酒をいただける高級割烹だという話。
で,お店の前でツレと待ち合わせて店内へ。造りは心斎橋店とよく似ている。玄関で履物を脱ぎ,ちょっとした廊下を突き当たって曲がると,左がカウンターとテーブル席,右には個室が並んでいるようだ。心斎橋店と比べると照明がやや押さえ気味,またトイレが店内にないのがちょっと不便。
取り敢えず案内された掘り炬燵式のテーブル席に付いて,注文。当日予約では,一品か懐石の「舞コース」しか対応できないと言う。で,以下はその「舞コース」の葉月。月毎に内容が変わるようだ。

食前酒・先付@京とあん

まずは「食前酒 かぼす酒」と「先付 冬瓜酒盗掛け ちらし枝豆 才巻海老」。印刷したメニューが置かれるので何が出て来るかが良く分かる。

椀物@京とあん

上の写真は「椀物 翡翠茄子 冷しとろろ汁 赤味噌仕立て」。なかなかに手が込んでいる。

煮物@京とあん

「煮物 丸豆腐(すっぽん) 友地餡 焼湿地 たすき三つ葉 人参 つゆ生姜 白髪葱」。「すっぽん」を食べたことがないので分からないが,豆腐にいい味が付いている。

向付@京とあん

「向付 鱸洗いちじれ造り 横輪 あしらい一式」。刺身を喰うなら寿司屋,と思っているが,意外にいいネタを使っている。すずきの洗いはよくある食べ方だそうだが,私は初めてのような気がする。よこわも旨し。

焼物@京とあん

「焼物 太刀魚幽庵枝豆焼 酢取り蓮根」。太刀魚は寿司のネタに刺身か炙りでいただくが,これは甘い焼き魚になっている。

揚物@京とあん

「揚物 小柱ともろこしかき揚げ 青唐 三つ葉 塩 レモン」。とうもろこしの食感が前に出ている。

食事@京とあん

「食事 とろ湯葉茶漬け 香の物 生うに 茗荷 山葵 針のり 胡麻」。懐石の楽しみは〆のご飯だよなぁ。とろりとした湯葉の食感が珍しい趣向。

水物@京とあん

最後に「水物 巨峰シャーベット チャービル」で口をさっぱりさせる。
「舞コース」2人前に,乾杯の生ビール(プレモル)2杯と,食事の間の八海山の冷や2合に,カクテル「マンゴーとライチの生グレープフルーツ」1杯をいただいた。ぐるなびクーポンを使って,勘定は2人で16,922円。

過去の「京とあん」の記事
    2011/11/14: 京懐石 京とあん@心斎橋 

旬菜 町家の味 京とあん 梅田店
アクセス: 大阪駅前第3ビル 地下2階 39番区画。最寄り駅は地下鉄谷町線東梅田駅またはJR北新地駅。他に地下鉄御堂筋線・阪神・阪急の梅田駅,JR大阪駅,地下鉄四つ橋線西梅田駅からも徒歩圏内。
住所: 大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビルB2
電話番号: 050-5798-0754
営業時間: ランチ 11:30~14:00(L.O.14:00)/ディナー 月~金 17:00~23:00(L.O.22:00)・土 16:00~22:00(L.O.21:00)
定休日: 日曜祝日
喫煙: 分煙
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [梅田]

京懐石 美濃吉@天満橋

久しぶりに京懐石。「美濃吉」天満橋店。京阪天満橋駅の駅ビル「京阪シティーモール」の8階にある。普通にデパートのレストラン街の一角。もともとこのビルは松坂屋デパートだったのだが,松坂屋が撤退して京阪電車系列になった。ビル自体が古くなって来たので立て替え計画があるそうだ。
店内,メインのフロアはテーブル席だが,個室の用意もある。大きな窓からは大川(旧淀川)の夜景が見下ろせる。

八海山(300ml)@美濃吉

本日のお酒のチョイスは「八海山(300ml)」\2,572。ツレは「黒糖梅酒」\735と後でグラスワイン赤\546を追加していた。
で,料理は懐石のコースが何種類か。月代わりらしい「霜月」\5,250というコースを2人前。

晩秋の彩り盛合せ@美濃吉

先ずは突き出しと食前酒。「晩秋の彩り盛合せ」とある。これからの料理への期待が高まる。

本日入荷のお造り@美濃吉

続けて,「本日入荷のお造り あしらい一式 土佐醤油」。懐石料理の刺身にしてはいい感じ。

当店自慢のお吸物@美濃吉

「当店自慢のお吸物 蟹真蒸 国産本しめじ」。自慢するだけあって,蟹真薯が旨い。お吸物にレベルの高さを感じる。

特選牛ヒレ肉照焼き 海老と秋野菜の揚物 京水菜サラダ@美濃吉

で,メインの「特選牛ヒレ肉照焼き 海老と秋野菜の揚物 京水菜サラダ」。照り焼きはちょっと肉本来の旨みを消してしまうが,それなりにいい肉。天ぷらは当然旨い。

聖護院大根 菊菜 焼下仁田葱 蟹あんかけ@美濃吉

で,メインを受けるのが「聖護院大根 菊菜 焼下仁田葱 蟹あんかけ」。

鯛の釜炊き御飯@美濃吉

〆のご飯は,「鯛の釜炊き御飯 京漬物と茶漬出汁」ということで,一口そのままいただいた後,お茶漬にして京漬物といただく。満腹。今まで食べた懐石の中では1・2の味だなぁ。やっぱり「美濃吉」の看板は伊達じゃない。

パレットデザート

で,「パレットデザート」をいただいて,勘定は2人で14,353円。

美濃吉 天満橋店
アクセス: 大阪市営地下鉄谷町線・京阪本線天満橋駅。京阪天満橋駅ビルの8階。
住所: 大阪市中央区天満橋京町1-1 京阪シティモール8F
電話: 06-6910-8760
営業時間: 月~金 ランチ 11:00~15:00/ディナー 17:00~23:00(L.O.21:00)・土日祝は通し営業 11:00~23:00(L.O.21:00)
定休日: 無休
喫煙: 不可(店外フロア奥に喫煙室あり)
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [天満橋]

和旬 撫子@東心斎橋

東心斎橋にある和風創作料理のお店。というより毎日放送の情報番組「ちちんぷいぷい」のお料理コーナー「キッチンぷいぷい」に定期的に女将の卜部吉恵さんが出ておられるので有名なお店。エレベータを2階へ上がるともう店の玄関で,靴を脱いで上がる。それほど広くはないが明るい内装で清潔そうな店内。カウンターもテーブル席も「堀り」で足を寛げる。女将とお手伝いの女性ばかり3人のスタッフ。
メニューを拝見すると,一品料理はなくコースとドリンクのみ。

 撫子おすすめ懐石
   花   3,800円
   月   5,800円
   雪   7,800円
   撫子 10,500円

とシンプルだ。値段の違いは品数の多寡だそうで,小食の2人なので,「花 3,800円」を2人前いただくことに。私は生ビール(スーパードライ),ツレは果実酒をストレートでチェイサーを付けて。お酒は各種揃えておられる様で,黒板メニューの地酒も種類が多い。私は後で司牡丹の「船中八策」をいただいた。

前菜4品@撫子

で,まずは前菜4品から。料理が供される毎にスタッフが解説して下さる。上の写真は,マカロニと枝豆は覚えているが後2品はなんだったか。

牛蒡の冷製スープ@撫子

次に「牛蒡の冷製スープ」。牛蒡の風味が深い。からりと揚げられた牛蒡のスティックがなかなかにいい食感。

山芋とトウモロコシの真薯@撫子

上の写真は「山芋とトウモロコシの真薯(しんじょ)」。熱々をいただく。トウモロコシの食感が面白い。

お造り各種@撫子

お造り各種。鱧(はも),鰹(かつお),イカなどなど。醤油とポン酢でいただく。

穴子と鶏の春巻@撫子

「穴子と鶏の春巻」。これも面白い趣向。総じて手馴れた味付けだなぁ。

夏野菜のカレー@撫子

〆のご飯物は「夏野菜のカレー」。さすがは「和風創作料理」。出汁の効いたカレーがこの料理の組み立てによく合っている。

デザート@撫子

デザートは,かぼちゃアイス,胡麻団子など。たっぷりと甘い。女性向けだなぁ。
と,品数の一番少ないコースをいただいたはずだが,十二分に満腹して,勘定は2人で10,700円。

和風創作料理 和旬 撫子(わしゅん なでしこ)
アクセス: 心斎橋筋商店街より周防町通を東へ3ブロック。近鉄タクシーのある角を北(左)へ玉屋町筋に入ってすぐ道の東側の雑居ビルの2階。堺筋からだと西に2筋目。
住所: 大阪市中央区東心斎橋1-6-19 YAMATOビル2F
電話: 06-6281-8411
営業時間: 昼 11:30~14:00(予約のみ)/夜 17:00~22:00(L.O. 21:00)
定休日: 日曜・祝祭日
喫煙: 可(だが,あまりスパスパ吸う雰囲気のお店ではない)
リンク: ホームページ 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋] [長堀橋]

京懐石 京とあん@心斎橋

【閉店】2012年2月に閉店しました。

中国人のツレが日本料理が食べたいというので,心斎橋の「京とあん」という懐石料理のお店に出かける。歩道に看板と入り口,階段を地下に降りると明るく落ち着いた内装。カウンター席,テーブル席,奥に個室がある。全て掘り炬燵式(履物は入り口で脱ぐ)。空いていたようで2人で広めの個室に案内される。
で,月替わりのおまかせ懐石「舞」(税別\5,800)を2人前。ぐるなびのクーポンで生ビール1杯サービス。銘柄はプレミアム・モルツ。

先付@京とあん

コースには,食前酒として「かぼす酒」が付いてくる。甘いがちょっときつい酒。で,上の写真は「先付」焼茄子利休寄せ(蒸し鮑・繊野菜・生姜・旨出汁)。以下,メニューは10月の物。

吸物@京とあん

上の写真は,「吸物」小鯛葛打ち(蕪真著・蕪菜・エリンギ・松葉柚子)。吸物が旨いと料理が美味しく感じるね。

造り@京とあん

「造り」は,まあそこそこ。専門店ではないからどこででも食べられるレベル。

煮物@京とあん

「煮物」穴子東寺巻(孫芋・菊菜・針人参・振り柚子)。

焼物@京とあん

「焼物」鰤柚庵焼(菊花蕪甘酢漬)。さすがに旨い。

京乃地酒飲みくらべセット@京とあん

生ビールがなくなったので日本酒に切り替える。別添えのメニューに「京乃地酒」とある。3種をそれぞれ1合ずつオーダーできるのだが,「飲みくらべセット」\1,000というのがある。で試してみることに。上の写真は,左から「古都」(中辛),「西陣」(辛口),「千年の昔」(甘口)。

揚物@京とあん

「揚物」粟餅甘鯛包み(紅葉卸し・刻み葱・煎り出汁)。

食事@京とあん

〆の「食事」。懐石料理を食べる楽しみはやはり〆のご飯だよねぇ。写真は「京都丹波地鶏御飯」(人参・蒟蒻・牛蒡・隠元・もみ海苔)に香の物と味噌汁。炊き込みご飯は少し余ったので,ツレがおむすびにして貰って持って帰った。

水菓子@京とあん

デザートの「水菓子」,蕨餅と林檎。

とオーソドックスな懐石料理のコースで,サービス料10%が付いて,勘定は2人で14,553円。お土産に松前寿司があるようなのだが,今回はパス。

旬菜町家の味 京とあん 心斎橋店
アクセス: 地下鉄心斎橋駅より徒歩。心斎橋商店街より旧パルコ・ユニクロの角(鰻谷北通り)を東へ1ブロック行く手前南側,ビルの地下。
住所: 大阪市中央区心斎橋筋1-2-24 玉置ビルB1
電話: 06-6244-2407
営業時間: ランチ11:30~14:00(L.O.13:30)/ディナー17:00~23:00(L.O.22:15)
定休日: 日曜日
喫煙: 可
リンク: ホームページ ぐるなび 地図
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋]

日本料理 十方@西心斎橋

中国人のツレが,生まれたときから中華料理を食べているので中華はもう飽きた,日本料理が食べたい,と言うので懐石料理を食べに行く。西心斎橋の「日本料理 十方(じゅっぽう)」。御堂筋より一筋西側の通り,スポタカのちょっと北の小さなビルの2階にある。落ち着いた雰囲気の座敷で,日本料理がリーズナブルに食べられるお店。最初に職場の十人ほどの宴会で利用して,その後,個人でも一度来たことがある。
まずはドリンク。ここは日本酒だろうと,メニューから辛口そうな「香住鶴(山廃吟醸)」を冷酒でいただく。氷で冷やされて出て来る。ツレは梅酒。これが結構好みに合うと言う。で,料理の方は,鍋やアテのセットもあるが,当初の予定通り懐石,「藤壺」という\3,990の料理を2人前いただく。一品ずつ出て来るが,料理の出て来る間隔も適度,のんびりと会話するにはいい。

先付け@十方

上の写真は,先付け。ゴマ豆腐っぽい。まずは美味しい。

椀@十方

椀。吸い物の味はちょっと私の好みからは外れる。

向付け@十方

向付け。マグロ・いか・白身など,まあ普通かな。

八寸@十方

八寸。これは工夫があって面白い。

焼物@十方

焼物。焼き魚はこういう所で食べると美味しい。

メカブうどん@十方

メカブうどん。これはなかなかいける。こういう趣向は好きだなぁ。ちょっと蕎麦っぽいがうどんだそうだ。

焚合せ@十方

焚合せ。こういう固形燃料の料理が出て来ると,旅館の夕食を食べている気分になる。

季節のフルーツ@十方

季節のフルーツ。最後にデザートが出て来るのは西洋料理の影響か。まあ懐石料理そのものがフレンチのコースの影響だという説もあるが。

料理の内容は季節により変わる。とりあえず手軽に日本料理の気分が味わえる。時間があるときの食事によい。で,冷酒2杯に梅酒2杯で,勘定は2人で10,700円。

日本料理 十方 (じゅっぽう)
アクセス: 地下鉄難波駅と心斎橋駅の間。御堂筋のスポタカ(スポーツタカハシ)より1ブロック北の1ブロック西の角のビルの2階。階段は分かり易いがエレベータはちょっと探す。
住所: 大阪市中央区西心斎橋2-4-14 オ-シャンドライブ2 2F
電話: 06-6212-0086
営業時間: ランチ 11:30~14:00(L.O.13:30)/ディナー 17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日: 無休
喫煙: 可
リンク: ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋] [難波]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代,男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Tumblr @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[心斎橋] [難波] [地下鉄我孫子] [梅田] [長堀橋] [四ツ橋] [日本橋] [南船場] [堺市] [南森町] [堀江] [天満橋] [西天満] [天王寺・アベノ] [ドーム前] [淀屋橋] [阪和線] [十三] [北新地] [鶴橋] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR