スリランカ料理 セイロンカリー@南船場

今,大阪では「スリランカカレー」がキテいるらしい。お店もそこそこ増えてきている。そんな中での老舗。大正区で営業されていた頃から名前だけは知っていて,機会があれば行こうと思っている内に都心の便利なところに移転された。「セイロン」はスリランカの旧国名,私達が子供の頃は旧英領でインドの南東に浮かぶセイロン島にある国として地図に乗っていた。「セイロン紅茶」なんてのもあったな。
地下鉄長堀橋から歩いて5分,私はお酒を飲むので必要ないが,隣りがコインパーキングなので車でも便利。
店内は結構広い。明るい照明で好印象。日本人の女性スタッフもキビキビと動いている。厨房は現地の方か。

ライオンビール インペリアル ピルズナー@セイロンカリー

取り敢えずドリンク。ここは当然スリランカのビールでしょ。メニューには「ライオンビール」\600(以下税込)が,「ラガー」「スタウト」「インペリアル」と3種ある。「ラガー」と「スタウト」は頂いたことがあるので,初めての「インペリアル ピルズナー」を。しっかりとしたコクがあるのに飲みやすい。
で,初めてなので,メニューでも目立っている定番らしき「アンブラ」\1,000を。デフォルトは日本米らしいので+\200で「バスマティライス」をお願いする。「アンブラ」はカリーを一つ選ぶシステム。好物のマトンはランチで売り切れたというので,インドカレーではありえない「ビーフ」で。

アンブラ@セイロンカリー

ライオンビールを飲みながらしばらく待って「アンブラ」登場。左のビーフカリーにはたっぷりとお肉が乗っている。手前はたぶんレンズ豆のカリーかな。副菜も多種。「パパダム(パパド)」という豆粉のせんべいはカリーの口直し。
まずは2種のカリーと副菜を順に試してみる。いや,味のバラエティがいいわ。それぞれに美味しい。

アンブラ混ぜ混ぜ@セイロンカリー

で,スリランカカレーのお約束,全ての具材をとことんまでかき混ぜる。複雑な味わいに変化する。最初は辛さを感じないが,食べているうちにスパイス感が高まってくる。といっても,それほど辛くはない。
なお「アンブラ」は結構ボリュームがあるので,少食の方はご注意を。

店内@セイロンカリー

壁にはこんな絵がかかっていて,スリランカ気分を高めてくれる。

店舗正面@セイロンカリー

店舗正面。この季節はビニシーが開けられていたので入りやすかった。

セイロンカリー
アクセス: 大阪市営地下鉄長堀橋駅1号出入口のエスカレータを上がって,東(左)へ2ブロック先で北へ左折,北へ2ブロック行った先の道の左(西)に見えるコイン駐車場の北隣りの路面店。徒歩5分。
住所: 大阪市中央区南船場1-13-4 フロントラインビル1F
電話: 06-6125-5434 / 050-5590-5911
営業時間: ランチ 11:30~15:00(L.O.14:30) / ディナー 18:00~22:00(L.O.21:30) ※予約はディナーのみ
定休日: 木曜日
喫煙: 可(ランチ禁煙)
リンク: Facebook Twitter 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [長堀橋] [南船場]

スリランカプレート ポンガラカレー@梅田

今月(2016年4月)4日に開店したスリランカカレー店。東心斎橋の丸清ビル5階のバー「アノニマス」のマスターの出すカレーが評判となり,遂にカレー専門店を出すに至ったという噂。阪急百貨店梅田本店のデパ地下のJR高架側の出口を出た向かいという一等地にある。
店内は牛丼屋や地下街カレーによくあるU字型カウンターが16席。壁際にL字に並んだテーブル席が16席ほど。新規開店とて明るく清潔な内装。

ライオンスタウト@ポンガラカレー

ドリンクはスリランカ「ライオンビール」のスタウト\600(以下税込)。ラガーは以前飲んだが,スタウトは初めて。スタウトとしては標準的などっしりとした旨味。

スリランカプレート@ポンガラカレー

まずは一番スリランカらしいカレーをと「スリランカプレート」\1,100に+\100でチキンを好物のマトンに変更。手前左がスリランカマトン,右がレンズ豆のカレー。向こう側にスパイシーな副菜5種が並ぶ。ライスは南アジア特産の「バスマティライス」と「日本米」を選べるが,ここはもちろん「バスマティライス」。なお日本米だと\100安くなる。
で,最初にそのまま,2種のカレーと副菜5種を順に一口ずつ試す。味のバラエティが面白い。

ちょっと混ぜ@ポンガラカレー

で次に,上の写真のように(ちょっと見栄えは悪いが)メニューの指示通り軽く混ぜて,それぞれの部分の味の変化を楽しむ。1枚付いてるセンベイもポキポキ折って混ぜる。

しっかり混ぜ@ポンガラカレー

最後にスリランカ式に徹底的に混ぜていただく。バスマティライス(長粒種インディカ米)はサラサラでこのカレーにピッタリの食感。バスマティライスってこんなにカレーに合う旨い米だったか。粘りが信条の日本米(短粒種ジャポニカ米)ではこの旨さは出せないな。なお最初はただスパイシーだが、後からヒーハーと来る辛さ。

メニュー@ポンガラカレー

メニュー(クリックで拡大)。裏面にスリランカカレーの食べ方と,仲間に連れて来られたがスパイシーなカレーは苦手という人のための「日本風中辛ビーフカレー」とドリンク類が載っている。

店頭風景@ポンガラカレー

お店は目立つ外観なので見落とすことはないかと。

ポンガラカレー 阪急サン広場店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線梅田駅「中改札」より阪急方向(東)へ地下通路をまっすぐ1・2分。通路の左(北)側。阪急百貨店とJR高架の間の広い通路(東西コンコース)の地下になる。
住所: 大阪市北区角田町8-47 阪急サン広場B1
電話: 050-5784-5249 / 06-4792-8229
営業時間: 11:00~22:00(L.O.21:30)
定休日: 無休
喫煙: 不可
リンク: ホームページ ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [梅田]

スリランカ料理 ロッダグループ@千代崎

大阪ドームの北,千代崎にあるスリランカ料理店。小さなスナック程の店舗でなかなかにアジア的猥雑さを感じさせる。入口を入ったところがL字型カウンターと厨房で,詰めれば10人ほど座れるか。奥に4人がけと2人がけのテーブルが一つずつ。

ライオンラガー@ロッダグループ

取り敢えずスリランカビール「ライオンラガー」\600。アジア的軽さの中に旨みがある。

メニュー@ロッダグループ

で,スリランカ人スタッフにお勧めされたのが「本日のスペシャル」。バスメティライスとイエローライスの選択肢があるが,もちろん現地風にバスメティライス。ヒンディー語では「バスマティ」に近い発音らしいが,スリランカでは少し発音が違うのか。

マトンチョップカレー@ロッダグループ

「ギャミラサ マトンチョップカレー+バスメティライス+ミルクティー」\1,700。ギャミラサの上に大きな骨付きマトンががっつり載っている。見た目,アジア的混沌。

ギャミラサ@ロッダグループ

このギャミラサというのは,現地ではとことん混ぜてからいただくらしい。汗の吹き出る結構な辛さだが,複雑な味わいで旨い。バスメティライスもなかなか新鮮な食感。最後にチャイをいただいて,ほっこり。

ロッダグループ RODDA group
アクセス: 大阪市営地下鉄ドーム前千代崎駅2号出入口または阪神なんば線ドーム前駅より徒歩4~6分(駅出入口による)。地下鉄2号出入口を出て左へ片側3車線の道路歩道を北上。歩道橋のある交差点を西へ左折。道の北(右)側を進み2ブロック目を右へ曲がった所,路面店。
住所: 大阪市西区千代崎1-23-9 桜ビル1F2号
電話: 06-6582-7556
営業時間: 11:00~22:00(L.O.21:00)/月曜日は~3pm夜営業休み
定休日: 木曜日
喫煙: 可
リンク: ホームページ(英語/Google自動翻訳で日本語) 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [ドーム前]

ビリヤニ アリーズキッチン@心斎橋

大正区で有名だったパキスタン料理店。そのうち行こうと思っているうちに心斎橋の便利なところへ移転してきた。アラブ料理も始めたという。ハラール対応。

アリーズキッチンへ降りる階段

上の写真,地上に看板が出ているが,トレスビルというビルの狭く急で曲がった階段を地下1階に下りると右突き当たりに入り口がある。入ったところが厨房で左側にテーブル席が並んでいる。それほど広い店ではない。奥正面の大型テレビで夕方のニュースを流していた。店主のアリー氏に案内されて座ると,いきなりテレビで流れていたニュースの感想から入る。陽気でおしゃべり好きな店主と見える。

ラッシーウォッカ

パキスタンのビールは置いていないというので,スーパードライの生ビール\500から。イスラム圏だからそもそも地ビールはほどんどないそうだ。2杯目は,アリー氏推薦の「ラッシーウォッカ」\500。インド料理店でおなじみのヨーグルト系飲料でウォッカを割ったもの。これは飲みやすい。

マトンビリヤニ

で,これを食べに来た「ビリヤニ」。スパイスの効いた焼き飯,まあ南アジア風カレーピラフか。チキン・マトン・エビ・ベジタブルとあるが,羊肉好きとしては「マトンビリヤニ」\1,300を選ぶ。アリー氏が辛さの加減を聞いてきたので中ぐらいと指定。上の写真,左に付いてきたのはヨーグルト。辛いときはこれをかけて食べるとマイルドになるという。最初の何口かはスパイスの風味だけで辛く感じなかったので楽勝と思っていたら,途中から超スパイシーになってくる。これはスパイス好きにはたまらないな。ヨーグルトをかけると味が変わって面白い。

マトンビリヤニ(拡大)

ビリヤニを拡大。マトンのカタマリがごろりと入っている。米は香り米の一種,バスマティライスというインド・パキスタンの長粒種インディカ米。その細長さが特徴的だ。

このお店,メニューが非常に豊富。基本はタンドリーチキンやシークケバブなどインド料理と変わりはないが,ヒンズー教とイスラム教の戒律の違いから,豚肉がなくて牛肉がある。当日は外国人のグループも来て,アリー氏は英語で対応していた。喫煙可だが,灰皿を所望するとアリー氏に「身体に悪いよ」と指摘される。

アリーズ キッチン ALI'S KITCHEN
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅下車。新橋交差点(御堂筋と長堀通の交点)から一筋南の通りを東へ入ってすぐ左側。狭く急な曲がった階段を地下1階へ下りて,右側突き当たり。
住所: 大阪市中央区心斎橋筋1-10-12 トレスビルB1
電話: 06-4708-5745
営業時間: ランチ 11:00~15:00 / ディナー 17:00~23:30
定休日: 無休
喫煙: 可
リンク: ホームページ 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [心斎橋]

インドレストラン ガンジス@地下鉄我孫子

地下鉄我孫子唯一のインド料理店「ガンジス」。マスターと厨房は全員現地の人らしい。ただインド国旗とともにネパール国旗も飾ってあって,メニューにも一部ネパール料理がある。

インドビール「キングフィッシャー」@ガンジス

とりあえずのビールは,インドビールの「キングフィッシャー」\600。メニューにはインドビールはこれだけだが,ネパールのビールは3種ほど揃えている。
メニューはインド料理店としては標準的なもの。タンドリーチキンやサモサを始め,結構種類が多い。コースもあるが,量が多いので,大抵はカレーをいただく。

マトンサグワラ@ガンジス

で,今日のカレーは「マトンサグワラ」\1,050をチョイス。羊肉とほうれん草のカレー。甘口から激辛まで指定できるのだが,今日のところはノーマルで。日本人に合わせた程々の辛さ。

バターナン@ガンジス

カレーと一緒にサフランライスをいただくことが多いが,今日は気分で「バターナン」\350。焼き立ての熱々。量が多いので全部は食べ切れない。マスターは持って帰るか,と聞いてくれる。

インドレストラン ガンジス
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅3号出入口より東に3分
住所: 大阪市住吉区苅田7-4-23
電話: 06-6696-5120
営業時間: ランチ 11:00~15:30(L.O.15:00)/ディナー 17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日: 第3火曜日
喫煙: 可
リンク: ぐるなび 地図 
 ← ランキングに参加しています。

TAG : [地下鉄我孫子]

FC2カウンター
フリーエリア
このブログから検索
プロフィール

Jack

Author:Jack
60代,男性,物理屋,還暦過ぎてもまだ現役。
大阪市内を中心に食べ歩きをしています。ホームグラウンドは心斎橋と地下鉄我孫子(あびこ)。
他に趣味は,山歩き・スキー・バイク(キャンプ・ツーリング)・パソコン(プログラミング)などなど。Twitter, Instagram, Facebook, Blog, Tumblr.で日々呟いています。

Tumblr @JackKageyama
(↑ こちらも主に料理写真です)
Twitter @JackKageyama
Home Page http://www.kgym.jp/
このブログのバックアップ
http://sojinproject.blog.jp/

最新記事
カテゴリ
ユーザータグ

[心斎橋] [難波] [地下鉄我孫子] [梅田] [長堀橋] [四ツ橋] [日本橋] [南船場] [南森町] [堺市] [堀江] [天満橋] [西天満] [天王寺・アベノ] [ドーム前] [淀屋橋] [阪和線] [十三] [北新地] [鶴橋] [上本町] 

月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR